000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

全6件 (6件中 1-6件目)

1

中国映画

2010.03.10
XML
カテゴリ:中国映画

 『長江哀歌』がよかった、ジャ・ジャンクー監督作品。
高度経済成長期をむかえている中国の、新しい世紀のはじまりを感じる一本。
若い世代代表として、国の歴史と向き合い、中国の行く末を想う監督の気持ちが、なにやらあたたかい。
状況は過酷でも、画面を通して伝わってくる眼差しは、『長江哀歌』のように、どこか楽観的だ。

333020_01_01_02.jpg


2007年、巨大な国営工場が閉鎖され、そこに働いていた労働者たちが語る、一つひとつの思い出―――。
変革、政治のうねり。それらに翻弄されながらも、懸命に生きた人々の悲喜こもごも。

333020_01_05_02.jpg


それぞれの人生の物語はドキュメンタリーを織り交ぜたフィクション。語る人々は、みんな名の知れた俳優たちだ。
けれどどの言葉も、どの思い出も、けしてウソ話には聞こえなくて、きっとこういうドラマは、現実にも起っていたに違いない。

景気の良い頃はいい思いもしたし、工場内で恋もした。娘は、くたびれ果てた母親の姿に切なさを覚え、単調な作業を繰り返すだけの仕事に、息子世代は反撥した。
カタチはどうであれ、生きている人々の日々の営みには哀愁がある―――。
『長江哀歌』で書いた言葉そのままに、監督の、変わらないたしかな目線。

333020_01_02_02.jpg


新しい太平洋の世紀は、かくじつに中国にむかって追い風が吹く。
日本を追いかけてくる速度は、きっと意外に速い。
それを実感しつつ。けたたましくまくしたてる中国のイメージを払拭するような、一味違った穏やかで楽観的なジャ・ジャンクー作品が、好きだ。


●  ●  ●  ●



監督・脚本/ ジャ・ジャンクー
撮影/ ユー・リクウァイ  ワン・ユー
音楽/ 半野喜弘  リン・チャン
出演/ ジョアン・チェン  リュイ・リーピン  チャオ・タオ  チェン・ジェンビン

(カラー/112分/中国=日本合作)









Last updated  2010.03.10 22:32:07
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.23
カテゴリ:中国映画

 たぶん、この作品は、今年観た中のベストワンになると思う。
今年すでに出会った100本以上の作品や、これからふた月の間に出会うだろう作品にも、『北京ヴァイオリン』に勝るものは、たぶんない。

これぞまさしく私にとって、嬉しくて小躍りしたくなるような秀作。ストーリー、映像、音楽、役者、どれをとっても琴線に触れて、泣きながら小躍りしてしまいそうなほど、よかった。

together-2002-3.jpg


 息子チュンの出場する、ヴァイオリンコンクールのため、田舎から出てきたリウ父子。
ふたりはそのまま、先生を見つけて、慣れない都会で暮らし始める。
チュンのレッスン代を稼ぐため、必死に働き、いい先生を探すためには恥も外聞もなく頭を下げる父を、いつでも思いやる才能ある息子チュン。
しかし、彼にはまだ知らされていない、出生の秘密があるのだった・・・。

together-2002-9.jpg


優しい日差し、純朴な青年、父親の愛、ヴァイオリンの音色―――。すべてが美しい。
父子の深い絆に、何度となく涙がでた。

最初の先生、チアンとの出会いから別れまでが、格別に好きだ。
先生としては失格で、ダメ人間なのだけれど、チュンを立派に一人前にしたのは彼との出会い。
人同士が本気で向い合う、一期一会の出会いを見た気がして、ほんとうに心が動かされた。

チアンの部屋は汚い。汚いのだけれど、美しい。逆光の淡い光溢れる部屋は、大きなピアノがあって、たくさんの本や楽譜が並んで、捨て猫たちが賑やかに鳴き声をあげている。
世捨て人みたいになった先生の、混沌としながら味わいある部屋は、彼の魅力そのものだった。
チアン先生、見た目的には、今は亡き忌野清志郎氏のイメージ。ステキなのもよく似てる。

together-2002-8.jpg


13歳の青年は多感で、もちろん刺激的な都会に、たいそう驚かされる。そして恋もする。
隣に住むはすっぱな年上女性、リリのことが気になってたまらないチュンが、彼女の為に大切なヴァイオリンを売ってしまう件なんかも、あざとさより、瑞々しい想いが勝るのだ。


いかにも聡明そうな、主人公チュンがいい。演じたタン・ユンはヴァイオリン奏者であって、たぶん役者ではないだろうに見事に主演を務めていた。
その涙も、笑顔も、なんだか全部が気に入ってしまった!もちろんヴァイオリンの弾き様もすごい。
それからひょうきんなお父さん。リウ・ペイチーの好演が光る、泣かせる。
チアンの次に習うことになる、高飛車教授役には、カイコー監督自らが出演している。

広い中国の、ど田舎から都会に出てきた、貧しい父と子の物語。息子の才能を伸ばし、成功させてあげたい父の願いは、果たして叶うのか。
終盤で明かされる父子の秘密とあわせて、きっと目を逸らすことはできない秀作。

チェン・カイコー監督は『さらば、わが愛 覇王別姫』が大好きだ。その後、ハリウッド進出してパッとするところがなかったけれど、母国に立ち返った本作品で、沢山の賞を貰うこととなった。
『北京ヴァイオリン』は中国にしか作れない要素がいっぱい入ってた。同じように、その国にしか作れない映画というものが、たしかにある。らしさ、を大事にしている映画は魅力があるなぁとひしひし思う。

さいごに、書き足りなかったので追記。使われているクラシックも、ヴァイオリンの音色も、全編とてもすばらしい!


●   ●   ●   ●


監督/ チェン・カイコー
脚本/ チェン・カイコー  シュエ・シャオルー
撮影/ キム・ヒョング
音楽/ チャオ・リン
出演/ タン・ユン   リウ・ペイチー   ワン・チーウェン

(カラー/117分)







Last updated  2009.10.25 07:35:50
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.24
カテゴリ:中国映画

 2009年の完成に向けて着々と工事が進む長江の三峡ダム建設プロジェクト。中国の一大国家事業により水没する運命にある古都・奉節(フォンジェ)を舞台に、時代の大きなうねりの中で繰り広げられる名も無き人々の人生を見つめたドラマ。


 近代化の加速する中国と、21世紀とは思われぬような古都・奉節。
この土地に、音信不通の伴侶を探しにやってきた2人の男女の物語を通して、中国のいまを詩情豊かに描き出す。
淡々としていて、静かで、何度も何度も気を失いながら見終えた。
長江やどこまでも広がる廃墟の情景は、中国の広大さを感じるには十分で圧倒的だ。自然豊かな素朴な画面にリラックスしてしまうのか、眠くてしようがないのは長回しのせいかもしれない。

070622_04.jpg 10041188412.jpg


そんなのんびり画面に、ちょっとした監督の意図で、UFOやロケットが突如現れるので、オチオチしていられないのだった。
思い切りリアルな中国の現在を感じながら、都市と辺鄙な町にある大きな隔たりが不思議で、そこの隙間にまったく違和感なく、未確認飛行物体が投入される。

炭鉱夫ハン・サンミンも、看護師のシェン・ホンも、ダムの下に沈んでいく古都を訪れ、働いたり知人の協力を得たりしながら、懸命に音信不通の連れ合いを探している。
遠い土地に来て初めて気づくことや経験することの戸惑いは、そのまま近代化の波にのまれ、住み慣れた土地を追い出される人々の困惑に通じるところがあって、どうであれ生きている人々の日々の営みが哀愁持って描かれていく。

y1pCLDP56rpPEFZ935NNTfEnZRn24syfWS4Lw8Z6cbFLwkTXZ5g0rQzKZq0SbgjRw7oBUAAO5qZHPg.jpg


近代化とはいっても、廃墟となったビルや家々を壊すのは、ハンマーを持った人の手だ。
このあたりの遅れには驚きを隠せない。
本編にも登場する、工事中の怪我や事故死。これが三峡ダム工事の現状なのだとしたら悲しい。
まさに哀歌の「哀」だ。
前向きに生きていく主人公たちとはうらはらに、物悲しい気持ちになる作品だった。




監督・脚本/ジャ・ジャンクー
撮影/ユー・リクウァイ
音楽/リン・チャン
出演/チャオ・タオ  ハン・サンミン  ワン・ホンウェイ  リー・チュウビン

(カラー/113分)








Last updated  2010.03.10 22:45:44
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.07
カテゴリ:中国映画

2008-10-08 14:51:28 ・鴻潟若激с鰹.jpg

 『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督によるラブストーリー。
レンタルにて鑑賞、ほんとうは映画館でみたかったなぁ。


 (あらすじ)1942年、日本軍占領下の上海。ごく普通の女子大生チアチー(タン)は、抗日運動に心血を注ぐクァン(ワン)に秘かな恋心を抱き、行動を共にするうち感化されていく。やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イー(トニー)に近づき暗殺を遂行する危険な任務を与えられる。さっそく身分を偽りイー夫人に接近し、冷徹で異常なほど用心深いイーを誘惑する機会を窺うチアチーだったが・・・。


 誘われるままに抗日運動に参加したチアチーの運命は、その瞬間からすでに動き出している。暗殺するべくイーと出会い、それなのに惹かれていく、いつしか彼を愛してしまう。
そしてまたイーも、誰一人として信じない孤独の中で、チアチーだけは信じ愛してしまう。

物語は現在から、4年前の過去へと遡って、学生たちの青い青春の一幕が描かれる。そして冒頭のシーンはラストへの序章だった―――。
過去の未熟な暗殺計画が、チアチーの運命を変えていくのが悲しい。
階級夫人と偽ってイーに近づいたが為に、泥沼にはまっていくのは仲間の誰にも予想しえないことだった。
誘惑にのったイーを騙し続けるために、ついにチアチーが貞操さえ捨てなければならなくなる展開は辛い。無邪気で純情な娘ではいられなくなっていく彼女の苦しみも。
イーの邸に出入りする極度の緊張も、演じることへの疲れも、すべてが彼女を狂わせていく。
そして、本気でイーに惹かれ始めたとき、新たな苦しみと、悦びが生まれるのだ―――。
チアチーに想いを寄せていたクァンの、後悔もまた痛い。すべてが遅く、取り返しはつかない――。

b065822e.jpg080131_02.jpg

学生時代の計画が悲劇に終わったあと、再び工作員としてイー暗殺計画に巻き込まれていく後半。
3年後のチアチーとイーの再会で、烈火のごとく二人の愛には火がつく。
世間を騒がせた大胆な性描写は、デュラスの『ラマン』、マーク・フォースターの『チョコレート』、ミンリャンの『西瓜』と同じくらい不可欠だったと思う。体とともに心を許し、警戒心を解き、その存在を愛し合う二人の姿は、理屈ぬきで切ない。結末がどうあれ、ものすごく切ないものだった。
これは純愛の映画。


恋愛もののトニー・レオンは、しつこいけどやっぱり好きだー(笑)
日本の犬である、殺しや拷問さえいとわない冷酷さも、孤独も、全部ひっくるめていい男だった。トニーファンには必見です。
さきに名前を挙げた作品のなかの、『西瓜』『ラマン』そしてこの『ラスト、コーション』、アジアにしかない愛の情景というものがあって、それが本当に魅力的に映る。

ちなみに、チアチーを演じたタン・ウェイは無名の新人。大胆な濡れ場を潔く演じているわりに顔は幼くて、仕草も洗練された動きではないのだけど、表情と笑顔がとっても魅力でチャーミングな人だった。



監督  アン・リー
原作  チャン・アイリン 『ラスト、コーション 色・戒』
脚本  ワン・フイリン  ジェームズ・シェイマス
編集  ティム・スクワイアズ
音楽  アレクサンドル・デスプラ
出演  トニー・レオン  タン・ウェイ  ワン・リーホン  ジョアン・チェン

(カラー/158分/中国=アメリカ)


  






Last updated  2010.03.02 22:38:56
コメント(10) | コメントを書く
2008.05.09
カテゴリ:中国映画

 NHKはサンダンス映画祭や衛星映画劇場など、映画に力を入れているようです。(回し者ではありませんよ)
先日は、いずれ買って観ようと思っていたポランスキーの『袋小路』『水の中のナイフ』が放映されて大喜び。今は黒澤明監督作品を全作一挙放映しています。
こちらはAFF(アジア・フィルム・フェスティバル)で紹介された作品。
AFFは、1995年から始まったもので、アジア諸国の新鋭映画監督と映画を共同制作したり、アジア作品を上映紹介するお祭。
以前このブログで紹介した『柳と風』もAFFによる、イラン=日本の共同制作作品でした。
こちらもフェスティバルで上映された作品。製作はモンゴル国ではなく、内モンゴルなので中国。

 モンゴルの大草原の中に家族と暮らす少年ビリグ。ある日、川に水汲みに行った彼はそこで白いピンポン球を拾う。卓球を知らないビリグとその友だちのエルグォートゥ、ダワーの3人はその不思議な球に興味津々。そんな時、偶然テレビから流れてきた音声でそれが“国家の玉”とも言うべきピンポン球というものだと知って―――。

327193_01_06_02.jpg 327193_01_05_02.jpg

ありきたりで定石どおり、よくある作風でした。
高原の美しい風景や、雄大なモンゴル、そこに暮す民は魅力です。でもそれだけでは足りません。美しさだけでは。
ピンポン球をめぐる少年たちのやりとりも、どこかで観た事のあるような。
毛色を出すためのオーソドックスさが、裏目に出た退屈さでしょうか。

本編よりも、始まりと終わりに流れるホーミーが良かった。ホーミーは大地からの唸りみたいで、厳しい自然に生きる力強さが感じられます。

軽くて小さくて丸い白い、その物体。
知らない方が良かったのかもしれない、文明からの落し物。
ピンポン球は文明そのものを表現しているのでしょうが、それに触れずにいることは、広いモンゴルといえども、もう無理なんですね。


監督  ニン・ハオ
脚本  シウ・エナ  ガオ・ジェングオ  ニン・ハオ
撮影  ドゥ・ジエ
音楽  フー・ヘー
出演  フルツァビリゲ  ダワー  ゲリバン

【カラー/中国(内モンゴル)/105分/緑草地】








Last updated  2008.05.10 09:01:24
コメント(2) | コメントを書く
2006.04.14
カテゴリ:中国映画


  30年にわたる激動の中国史の中で健気に「活きる」家族の物語。



  中国4千年の歴史と言われるほど、古い歴史のある国 中国。
その長さに比べるとうんと短い40年代からの30年。
でもその間に経験した社会の変動だけをとってみても、あまりに沢山なことがあって圧倒されてしまいました。

共産主義、社会主義、文化大革命。
中国の歩んできた道を改めて目の当たりにすると、怖く感じました。
主人公一家のように、時代に翻弄された家族が数え切れないほど、つらい時代を生き抜いたのでしょうね…
感慨深い作品でした。


国の情勢が変わるたび、未来は今よりきっと良くなるはずだ―そう信じて必死に時代に合わせて生きる人々。
貧しい生活だけど、その中に小さな喜びを見つけて、幸せを感じて暮らしています。
戦争に巻き込まれ、息子を事故で失い、安泰だと思っていた知人らの身辺さえ激動する30年。。
とにかくその時その時を生き抜いていくしかない家族の姿には、健気さと力強さでいっぱいです。
ただ屈託のない笑顔を見せる子どもたちさえ、時代の犠牲になっていくシーンなどは、とても悲しくて胸が痛い...

KABD406_b2.jpg
「幼子を抱えながらも賭け事を止めず 妻を泣かせる夫」


冒頭、まだ若い夫妻は、夫フークイの賭博癖のために借金の形に屋敷を取られ、身重の妻は子どもと家出、一度離れ離れになります。
その時、家財もなにも無いどん底から家族でやり直していけたのは、フークイの始めた中国の伝統ある影絵のおかげ。
地方巡業を重ね、その後も何度か影絵は一家を守り、お守りのように大切に扱われていくのです。
色とりどりで繊細な人形による劇が、いっそう作品に情緒を与えているようでした。

KABD406_b2.jpg
「ラスト 孫と共に家族の墓前で...」


大切なものを守りながら必死に活きた30年。
ダメ父さんだったフークイもいいおじいちゃんになり、堅実で優しかった母は相変わらず、辛い過去も思い出ヘと変わります。
幾多の悲しみを乗り越えて、まだ夫婦連れ添っている姿がいい...

「あの時 こうしていれば…」なんて相手や自分を責めたりしても、許しあってやっと手に入れた穏やかな暮らしを微笑ましい心で感じているラストシーン、感動してしまいました。
孫の成長に目を細めながら...


これだけ内容豊富な大河ドラマを無理なく、たった130分にまとめたチャン・イーモウ監督。
だらだらしないし、急かされもしない。素晴らしい。
代表作には、新しい方から 「単騎、千里を走る。」「LOVERS」「HERO」「あの子を探して」「初恋のきた道」「菊豆」「紅いコーリャン」 などがあります。
有名な作品が多いですね。
それでもこの「活きる」は「初恋のきた道」など日本でのヒットを受けてからやっと、劇場で公開されたそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


監督  チャン・イーモウ 
製作  チウ・フーション
製作総指揮  コウ・フォン  クリストフ・ツェン
原作  ユイ・ホア
脚本  ユイ・ホア  ルー・ウェイ
撮影  リュイ・ユエ 
音楽  チャオ・チーピン   
出演  グォ・ヨウ  コン・リー  ニウ・ベン  グオ・タオ







Last updated  2007.08.29 23:07:52
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.