000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

全5件 (5件中 1-5件目)

1

香港映画

2008.02.26
XML
カテゴリ:香港映画

 清朝末期に実在した英雄ウォン・フェイフォンの活躍を描いたアクション大作第一作。列強は中国全土を侵略しようとしていた。武術師範フェイフォンが、人夫の強制徴用をするヤクザとアメリカ代表相手に戦いを挑む。



 カンフー映画を観ると、未だに子どもの頃を思い出しわくわくしてきます。
ずいぶん気に入って、観て育った香港映画ですが、ブルース・リーとジェット・リーの作品は大人になるまで未見でした。
娯楽度の高いジャッキー作品とは違い、大人向けだったからでしょう。
今でこそどちらのリーも好きですが、ハリウッド進出前のジェット・リーを観るのは、これが初めてです。


長き中国の歴史に西洋文明が忍び寄る、歴史的な変動期を迎えた清朝末期。
実在した英雄を主人公に、不穏な世に生きる国民たちの力強い暮らしぶりや、技磨きに余念のない武術家たちの姿を描きます。
銃を持った相手にカンフーでどう太刀打ちするのか・・・侍映画にもこのテーマは登場しています。銃が野蛮な武器に思えるのも同じ。
守りたい伝統と近代化の狭間で苦悩しながら、正義のために戦う医師フェイフォンは実在の人物。

この頃の香港映画には不可欠だった、特有の笑いが懐かしい。
お決まりのドタバタや、多用されるスローモーションには、笑いを禁じえません。
それでいてカンフーの素晴らしさには目を見張るものがあり、終盤、一対一の師匠対決はそれはそれは立派なものでした。


A0000995-07.jpg Won-m024.jpg



フェイフォンのもとに滞在している、西洋から帰国したばかりの伯母とは、血の繋がらない関係。
互いに好意を抱いていますが、その純情なやりとりが更に懐かしい。
この頃のリーの演技は、いまも全然変わっていませんね。個人的に彼の話す英語がかわいくて(としか言いようがなく)好きでした。
けれども、出世作となった本作では欧米を憎む主人公を演じながら、自身はハリウッド進出して結局食い物にされた感のある彼・・・なんとも皮肉な作品といえるかもしれません。

続編が少なくても4.5作あり、その他に外伝やTVMもたくさん作られているシリーズもの。
とりあえずこの一作目が死ぬまでに観たい映画1001本に選ばれています。
(写真右)海岸での訓練シーンで始まるオープニングロールは見事!一見の価値ありです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




監督・製作  ツイ・ハーク
製作総指揮  レイモンド・チョウ
脚本  ツイ・ハーク  ユエン・カイチー
撮影  アーサー・ウォン
音楽  ジェームズ・ウォン
出演  リー・リンチェイ(ジェット・リー)  ロザマンド・クワン  ユン・ピョウ 
ジャッキー・チュン  ケント・チェン  ウー・マ

(カラー/120分/香港製作/武状元黄飛鴻)










Last updated  2008.02.26 09:22:04
コメント(6) | コメントを書く
2007.05.31
カテゴリ:香港映画


  芥川龍之介が大正9年に発表した『南京の基督』に『歯車』『或阿呆の一生』を融合させて映画化した作品。
1920年代の中国・南京。ひとりの日本人作家(レオン)とまだ幼さの残る娼婦が出会う。少女・金花(富田)は、一点の曇りもない純真さで神を信じていた。やがて少女の一途さ、純真さに惹かれていった岡川は、金花との愛の日々の中ですさんだ心を癒し、忘れかけていた創作意欲を高める。
しかし父親の訃報をうけ、岡川は南京を去ることになる・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  お世話になっているベティさんから、おすすめしていただいた作品です。
切なくて・・・とても好みの作品です。
ベティさん!ありがとうございますウィンク


大好きな映画にジャン=ジャック・アノーの「愛人/ラマン」というのがあって、主演男優は同じくレオン・カーフェイ。
似た雰囲気を、この映画にも感じました。
どちらも切なくキュンとなる映画ですね~


敬虔なクリスチャンである金花を、富田靖子が熱演しています。
言葉の壁など感じさせない見事な中国人の役、透明感ある演技に脱帽でした。
そしてその彼女を愛するようになる日本人・岡川にはレオン。
僅かしか日本語のシーンがないので、こちらもさして違和感なく、叶わない愛に苦しむ作家を好演していました。
役名の岡川龍之介――というのは、原作者のもじりなのかもしれませんね。
それとも原作どおりなのでしょうか。


日本に妻と子がありながら、金花を見初めて愛し合うようになる岡川は、たしかに身勝手なのだけれど、純粋に深く彼女を愛する姿に嫌悪感は湧きません。
後ろ髪を引かれる思いで日本へ帰ってからは、金花が梅毒に侵されたことを知って、いても立ってもいられなくなるのです。

彼が戻ってくる日だけを思って、弱っていく体で健気に生きている金花がとても切ない。
病気を移されたことで仕事もさせてもらえず、田舎へ帰っても貧しさから娼館へ戻ってくるしかない彼女があまりに悲しくて・・・
神を無心に信じる、学のない彼女があまりに痛々しい。
この辛さはラース・フォン・トリアーの「奇跡の海」ととても似ている気がします。
純真であるがゆえに壊れていく、自分を大事にできない女性たち。
愛されるのは幸せだけど、悲劇しか待っているものはないのです。



スローモーションを多用して、幻想的にかつ文学としての格調が失われていない素敵な作品でした。
官能的に描きながらもプラトニックさを感じるというところに、「ラマン」に共通した魅力を感じました。
富田靖子のヌードがとっても綺麗です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 監督  トニー・オウ
 製作  大里洋吉 、レナード・ホー
 原作  芥川龍之介
 脚本  ジョイス・チャン
 音楽  梅林茂  
 出演  レオン・カーフェイ 、富田靖子
      トゥオ・ツォンホワ 、ジェシカ・チャウ
      ラオ・シュン  、中村久美

   (カラー/100分)









Last updated  2007.06.07 03:28:08
コメント(4) | コメントを書く
2007.04.14
カテゴリ:香港映画


  香港沖に浮かぶ要塞島、ここではもと少林寺のハン(シー・キエン)が主催する武術大会が開催されていた。少林寺のリー(ブルース)は麻薬密造の証拠を得るべくCIAの密命を受け、大会に潜入するのだが・・・。



最近、無性に観たかったブルース・リー。
以前3本立て続けに観て圧倒されて以来、久しぶりの再見です。
改めて見ると、荒さを感じるところも多々ありましたが、何といってもブルースの人間離れした業の数々を前にしては、口をつぐんでしまいますね。
本当にすごい!
技を決めた後見せる、悟ったような憂いだあの表情は、一度観たら病みつきになってしまいます。
いつもは‘未だ観ぬ映画’に心と時間を使っていますが、いいものはやっぱり回数を重ねて観たくなるものです。


enter_the_dragon_2disc_r1_pic6.jpg
 

  
少林寺の掟を破り、孤島で独裁者のように暮らしているハンを倒すため、師匠から少林寺の名を秘密裏に背負って島に乗り込まれたリー。
彼の使命と、武術大会に挑んだ荒くれ者の面々が繰り広げる死闘を描きます。
ローパー(ジョン・サクソン)やウィリアムス(ジム・ケリー)といった、個性ある脇役の活躍もこの作品を際立たせています。
敵であるハンとその部下たちに対峙していく展開も見もの。
それぞれに見事なアクションを披露して、さらにその上を行くリーが最高すごい。

ハンの秘密部屋はやはりいいですね~
拷問道具が並び、その奥の隠し扉からはラストを飾る鏡張りの部屋へ。
「敵に実体はない。考えるな、感じろ」
その教えを実践する様を、じーっくりと堪能できるラストはやはり秀逸です。
彼の雄叫びを聞くと無条件で嬉しくなってしまうのは、私だけではないはず。
ブルース・リーが好きな人なら誰でもそう、カンフー映画は数あれどこんな感覚になれるのは、やっぱり彼の作品以外にないとも言えるのではないかと思っています。

そんなエラソなことを書きつつも、「最後のブルース・リー/ドラゴンへの道」と間違えてレンタルしてきたこちらです・・・
「ドラゴンへの道」の後半部分がとても好き。
混同していた自分が情けないです。わたしの記憶は当てにならない失恋



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



監督  ロバート・クローズ
製作  フレッド・ワイントローブ 、ポール・ヘラー
     レイモンド・チョウ 、ブルース・リー
脚本  マイケル・オーリン
音楽  ラロ・シフリン  
出演  ブルース・リー 、ジョン・サクソン 、ジム・ケリー
     アーナ・カプリ 、アンジェラ・マオイン 、シー・キエン

  (カラー/100分)









Last updated  2007.04.21 20:28:10
コメント(14) | コメントを書く
2006.06.26
カテゴリ:香港映画


  ジョンは無名のバイオリニスト(金城)、イブは売れない翻訳家(ジジ)。アパートの隣同士ながら、運命のいたずらですれ違いを繰り返す男女を描く。  


  
  金城武主演の恋愛映画は好きで、ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」「天使の涙」はスタイリッシュさがとても好みでした。
こちらは、すれ違う男女の恋模様を描いたラブコメディ。
笑うに笑えず、ちょっと古臭い感じがしましたが、徹底してニアミスし続ける様子はマンガのように楽しめます。
それもそのはず、原作は台湾の大人向け絵本だそう。
脇のキャラが凄く濃いのも、ベタな感じなのもそのせいだったんですね。
期待してた切なさは味わえなかったけれど、なかなか楽しめました。 

001.jpg


偶然知り合った二人。ところがお互いに12年前に一目ぼれしていた相手だったことを知り意気投合。
別れ際に電話番号を交換しますが、降りだした大雨でインクが滲んで、そこから再会する機会を失ってしまうのです...

ターンレフト・ターンライト


なにかかが始まる予感に笑いが止まらないほど幸福だった男女が、一夜明けたらお先真っ暗闇。
電話番号が読めず、相手からも一向に掛かってこないし、どんなに会いたさが募っても、その術がないのです。
実はいつもすぐ傍で、通り過ぎたり、佇んだりしているのに...気付かない。


若者と言われる歳を通り過ぎて、人生の転換期を迎えた年頃のふたりが、いい味出してました。
マンガの中のような恋をしてるんだけど、ひたむきさには好感持てて、つい応援したくなります。
ラストなどはありえないくらいの演出で驚いちゃいましたが、ラブコメゆえに笑って許せてしまいますね。

劇中登場するポーランドの女流詩人の詩は、美しくてしっとり気分にさせてくれました。
観ながらなんとなく岩井俊二の「Love Letter」に似てるな~って思ったのはわたしだけかな。
主人公の女性が着ているニットの柄物を合わせたコーディネートの仕方とか、風邪をこじらせるくだりとか。
「Love Letter」が大好きだからこそ、結びつけて観てしまうのでしょうか~。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


製作・監督  ジョニー・トー Johnny To
        ワイ・カーファイ Wai Ka-Fai
原作  ジミー・リャオ 『Separate Ways』
脚本  ワイ・カーファイ
撮影  チェン・チュウキョン 
出演  金城武 、ジジ・リョン 、エドマンド・チャン 、テリー・クワン 








Last updated  2007.08.29 22:12:46
コメント(12) | コメントを書く
2006.03.17
カテゴリ:香港映画

  60年代の香港を舞台に、6人の男女の恋の行方をスタイリッシュな映像で綴った恋愛ドラマ。愛を知らない主人公と、彼を愛する女たち。交錯するそれぞれの想いは、雨音にかき消されて行く・・・。


  60年代の青春と恋愛劇、叶わない想いが切なく、出会いと別れを繰り返す彼らに懐かしさを感じました。
ウォン・カーウァイによる、監督2作品目。
初期の頃の作品ですが、大好きな「恋する惑星」「天使の涙」の原型がすでに出来上がっているようでした。
女性的なお洒落な雰囲気はまだ少ないけれど、登場人物たちの生活の暗部や寂しさや身勝手さなど、負の部分に焦点の当てられたこちらには、前作とは違った良さがあります。

欲望の翼

いたるシーンで画面の片隅に映し出される時計。
時間が鍵になって、5人の中に流れているそれが交差することで生まれる何か…それは恋であったり友情であったり。

主人公のひとり退廃的に生きるヨディ(レスリー・チャン)は、ダンサーのミミ(カリーナ・ラウ)とサッカー場で働く女 スー(マギー・チャン)に愛されますが...。
どの恋にも真剣にならず、いらなくなれば捨てるのが彼の生き方。
生みの母を探し求め、義母の束縛で傷ついたぶん、人にも辛く当たってしまうという、どうしようもない男なのです。
演じたレスリー・チャンが不似合いと感じたのは、いい人のイメージが強いからでしょうか。
どれが愛だったのか、どの出会いが真実だったのか。彼の命の時計が止まる時に気付くなんて、あまりに遅すぎました。

ミミとスーに想いを寄せる男がそれぞれ現れて、物語は5つの心の視点ですすんでいきます。
絡みがあるのは5人ですが、アラスジなどで6人と書かれているのは、ラストシーンのみに登場するトニー・レオンのこと。
彼が第6の人物となる予定だったそうですが、続きは作られず、終わりに違和を感じてしまい、すこしもったいないかも。

欲望の翼「スーと彼女に密かに想いを寄せる警官(アンディ・ラウ)」

洒落た音楽、流れるような映像などの斬新さは、当時のままに今も楽しむことができると思います。
語り草となっている映像美、クリストファー・ドイルの撮る幻想的なカメラワークと主人公たちのとても魅惑なショットは、本当に素晴らしいです。ウォン・カーウァイ作品の大半は彼によるもの。

突然アクションで終盤が大きく変わる展開は多少劇的過ぎましたが、後味は悪くないです。
ハッピーにはなれないけど、心地よい倦怠感が残る青春もの恋愛ものとして、なかなかでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

監督・脚本  ウォン・カーウァイ 
製作  ローヴァー・タン 
製作総指揮  アラン・タン  
撮影  クリストファー・ドイル 
美術  ウィリアム・チャン  
出演  レスリー・チャン  カリーナ・ラウ  マギー・チャン  ジャッキー・チュン  トニー・レオン  アンディ・ラウ 







Last updated  2012.01.02 23:55:46
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.