000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

全5件 (5件中 1-5件目)

1

フィンランド映画

2010.10.02
XML
カテゴリ:フィンランド映画

 とある食堂で始まった何やらあやしげな男たちの会合。男たちの名は皆フランク。彼らは、イカ墨同盟=<カラマリ・ユニオン>のメンバーで、貧困と絶望のこの街に見切りをつけ、理想郷=<エイラ>を目指して旅立つことを決める。ルートも手段も問わず、それぞれにエイラを目指すのだったが、道のりはあまりにも険しい。やがて一人また一人とフランクが消えていく。はたしてフランクたちは無事、エイラにたどり着けるのか―――?


 カウリスマキ監督の長編第二作目。弱冠28歳で撮りあげた、十八番のロードムービーは、後の作品の片鱗をうかがわせる楽しさだ。
なにも持たず、身ひとつで<エイラ>を目指すフランクたちの、潔良いことといったら!
浮雲のように留まれない主人公たちが、それぞれに理想郷に向かう途中で、あえなく?命を落としていく様は超シュール!
ここでしか出会えない魅力に溢れている。
先日の『愛すべき女・女たち』もアンニュイであったが、それとはまた別の倦怠、対照的なおもしろさなのだった。
内容は、ありそうでない。いい加減だし、ハチャメチャだし、どこまでもおふざけを貫く可笑しさが、とても好き。
定石どおり海に辿りつき、最後のふたりとなった<フランク>が理想郷目指してボートを奪い合うあたりまで、もうすでにあまり思い出せないのだけれど・・・(笑)とにかくフィーリングで楽しませてくれる小品だった。

突如、バーで歌いはじめたフランクたち面々。『レニングラード・カウボーイズ』でもそうなように、映画に融合した音楽というのは魅力的だと思う。


†   †   †



 [監督・脚本] アキ・カウリスマキ [音楽] カサブランカ・フォックス [出演] マッティ・ペロンバー/プンティ・ヴァルトネン/サッケ・ヤルヴェンパー/ピルッカ=ペッカ・ペテリウス 

   (モノクロ/80分/calamari union)








Last updated  2010.10.05 22:05:05
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.11
カテゴリ:フィンランド映画

ariel01.jpg

 カウリスマキ作品の主人公たちは、なぜにこれほど情けないのだろう(笑)
敗者三部作といわれるのは『浮き雲』『過去のない男』『街のあかり』なのだけれど、本作もその仲間に入れてもいいくらい情けない主人公だ。そしてそこが愛おしい。
いつも似た構図のドラマばかりなのに、飽きがこないのは、台詞のないポーカーフェイスな人物の魅力と、絶妙なユーモア感覚か。

ariel00.jpg

 フィンランドの北の果て、ラップランド。炭鉱の閉山で失業したカスリネン(パヤラ)は父の遺品である真白なキャデラックで南を目指す。
ヘルシンキに向かう途中、強盗に有り金全部を奪われ、日雇い労働者となった彼だが、イルメリ(ハーヴィスト)という女と知り合い恋に落ちる。彼女には一人息子がいた。
その後、冤罪で刑務所に入れられ、脱獄し、銀行強盗で荒稼ぎ・・・国外脱出を企てるのだが―――。

1.jpg

タイトルとなった原題の「ARIEL」は、ラストで国外へ逃亡するためのメキシコ行の船の名前。
天使の名前をイメージさせて、ハッピーエンドらしいラストを彩る。

ちなみに、いつも私のなかに湧き起こる感情を見事に表現した一言を某所でみつけたのでちょっとお借りすると、、。

「カウリスマキ作品を観ると、身の回りの不要なものを捨てたくなる。デカダンな生活をしたくなる」

そうだ、これだ!!
ごちゃごちゃ混沌もいいけれど、閑寂な侘び寂的カウリスマキ作品にはいやおうなく惹かれてしまう魅力がある。
なんにもいらない、生きているだけでいい。そんな素朴な力が、脱力感たっぷりなのに確かに届くのだからすごい。

こちらも『死ぬまでに観たい映画1001本』に選ばれています。



●  ●  ●  ●



監督・製作・脚本/ アキ・カウリスマキ
撮影/ ティモ・サルミネン
音楽/ ヨウコ・ルッメ
出演/ トゥロ・パヤラ  スサンナ・ハーヴィスト  マッティ・ペロンパー








Last updated  2009.09.14 21:22:48
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.07
カテゴリ:フィンランド映画

 シェイクスピア劇を、現代の企業乗っ取りドラマに置き換えた、サスペンス溢れるブラックコメディ。

元ネタの『ハムレット』をよく知らなくて、Wikiで調べてみると、結構細部まで原作になぞっているようだ。
一番の違いはラストにあるオチ

初期の作品だけれど、カウリスマキ・ワールドのシュールな表情は、すでに健在だった。
ブツリと切れる編集は、原作を知らないとストーリーがわかりにくいかも。
主人公たちの魅力という面でも、哀愁や愛おしさは、この作品に限ってはあまり感じられない。


hamlet00.jpg


父親を殺されたハムレットは、未亡人となった母親が、叔父とすぐに再婚したことに憎悪を抱く。
社内には叔父が前社長を殺したという噂が流れ、度々父の亡霊が目撃されるのだった。
側近の娘オフィーリア(オウティネン)に熱をあげるハムレットだが、新社長になっても未だ彼女をモノにはできず・・・いつも拒まれ鬱々とした苛立ちのなか、水面下では、皆がぞれぞれに悪を企んでいた―――。


kaurismaki_hamlet_gallery_4.jpg


企業に置き換えて描かれる愛憎劇は、乾いた悲劇を淡々と重ねていく。
オフィーリアは溺死自殺、側近はハムレットによって誤殺、彼を殺そうと叔父の盛った毒には、誤まって母親が倒れる・・・・。さすが悲劇に次ぐ悲劇だ。
陰謀を抱いてハムレットに近づいたはずのオフィリアが、いつの間にか本気で彼を愛していたあたりがほんのり切ない。
それに気づいた時、ハムレットはすでに人が変わり、血で手を汚している。父親殺しの犯人は叔父ではなくて彼なのだ・・・。

元ネタを知っていれば、もっと楽しめたかと思うと残念。
モノクロで温度のない、戯曲の焼き直しは、原作にはないスマートなオチでTHE END.
冒頭のワンコになるほど~。
時々カラッと笑えるいいシーンもあるけれど、全体としては物足りないという感想だった。




監督・製作・脚本  アキ・カウリスマキ
撮影  ティモ・サルミネン
出演  ピルッカ=ペッカ・ペテリウス  カティ・オウティネン  エリナ・サロ

(モノクロ/86分)








Last updated  2009.03.08 22:31:18
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.30
カテゴリ:フィンランド映画

 ブスで地味な女イリス(オウティネン)はマッチ工場で働いている。家族は冷たくされ、ディスコで恋に落ちたプレイボーイにはおもちゃにされ、おまけに妊娠までしてしまったイリスは、ついに復讐のオニとなるのだが―――


世界一不幸な女の 世界一おかしな物語

VHSのジャケットの文句がぴったりな映画だった。
不幸で陰気なイリスが愛しい。
モテなくて情けない愛すべき主人公たちを描くのがカウリスマキ監督の魅力だ。
いつも不思議な温かさをくれる。
フィンランドの寒々とした景色がうそみたいに、ぬっくくて、おかしくて、豊か。
生きていく無常も悦びもユーモアに乗せて届く、カウリスマキワールド。

マッチ繋がりか、「マッチ売りの少女」並に不幸なイリスは、ずっと寡黙に耐えている。
流れ作業のマッチ工場で黙々と働き、友達も恋人もいないけれど、いつしか幸せになる日を夢見ていた。
ところが不幸は加速するばかりで、母親は愛人と一緒になって彼女をいびり、一夜をともにしたプレイボーイには捨てられ・・・ついに彼女は復讐を誓い、薬局でネズミ殺し薬を手に入れるのだった。

match_factory_girl.jpg


寡黙さがとてもいい。
文句も言わずに耐えてきためげない彼女を応援しながら、人って静かに燃えているんだなぁと思わされる物語だ。

音楽が映画の大事な要素になっているのも、この監督らしさ。
今度のもとてもよかった。
自分のなかを通り過ぎてくだけの映画もあれば、たった70分でいつまでも留まっていく映画もあって、ストーリーの単純さは問題ではないんだなぁ。
撮り方ひとつ、シニカルさひとつ、ユーモアひとつ、他より秀でていれば記憶に残っていく。
イリスを演じたカティ・オウティネンはカウリスマキ・ワールドには欠かせない顔という感じだ。演技も最高。




監督・脚本/ アキ・カウリスマキ
撮影/  ティモ・サルミネン
音楽/  レイヨ・タイバレ
出演/  カティ・オウティネン  エリナ・サロ  エスコ・ニッカリ

(カラー/70分)






Last updated  2009.01.31 18:38:29
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.14
カテゴリ:フィンランド映画
327562_01_02_02.jpg


 まったりとした主人公の哀愁がたまりません。
キレイな青い瞳が印象深い、その目の物語るのは善良さ。しがない主人公のコイスティネンは、いつも受身の孤独な男です。
感情的にはならず感傷に生きる彼が、情けなくもいとおしい。

フィンランドの、まだ近代化の途上にある雰囲気が、そこはかとない哀愁に良く似合います。
初めての恋に希望を見出したコイスティネンは、相手が強盗団一味の情婦とは知るよしもなく、警備先のデパートへと招き入れてしまいます。
暗証番号を知られ、鍵も盗まれ・・・まんまと薬で眠らされて、宝石を奪われてしまうのです。

327562_01_05_02.jpg


しかもしっかり罪まで着せられて、大人しく服役してしまうほど乾いているのがカウリスマキワールドといえるでしょうか、魅力です。
ソーセージ屋の娘は、彼に恋しているのでしょう。慰めるようにコイスティネンにそっと寄り添う優しいシーン、最後に握り締めた手のぬくもり、残るのは希望の余韻でした。

『浮き雲』『過去のない男』に続く敗者三部作なのだそうです。
悲しい鼻つまみ者の、捨て犬のような人生、けれど澄んだ目が心を捉えて忘れがたい。離れない。
負け組みだっていいじゃない、心根の優しい彼の人生は上等だ。
そう思える人は、自分の人生に黄昏時がきても、きっと乗り越えていける人なのかもしれない。



監督・製作・脚本  アキ・カウリスマキ
撮影  ティモ・サルミネン
音楽  メルローズ
出演  ヤンネ・フーティアイネン  マリア・ヤンヴェンヘルミ  マリア・ヘイスカネン

(カラー/78分/フィンランド=ドイツ=フランス)






Last updated  2008.11.14 23:53:11
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.