000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

行きかふ人も又

PR

Profile


はる **

Category

Freepage List

Favorite Blog

Kabu + Plus エースNo1さん
ある日どこかで リラ11さん
でくの坊 雨にも … なんぜんたろうさん
My 映画 on TV 日記 タケ88フミさん

Comments

森須もりん@ Re:【夜行列車(POCIAG)】 1959年 ポーランド映画(03/10) 小学生のときに、テレビでみました。 あれ…
ETCマンツーマン英会話@ 希望を生むもの はじめまして。先日初めて『アラバマ物語…

Free Space

ゆるい分室はじめました
dekunotato.exblog.jp

Recent Posts

全4件 (4件中 1-4件目)

1

オーストラリア映画

2011.11.19
XML

 文化大革命のころの中国は何度見てもおそろしい
中国に驚かされるのはいまも昔もかわらないけれど、毛沢東の時代の中国に生まれなくてよかったとは、ほんとうにおもう。

 (あらすじ) 文化政策により幼くして家族と引き離され、バレエの英才教育を受けて、その後アメリカに亡命、一流ダンサーとして花開いた実在のダンサー、リー・ツンシンの、揺れ動く心の軌跡を華麗なバレエ・シーンとともに綴る――。

山東省の貧しい村に生まれたリー・ツンシンは、バレエのバの字も知らない子どもだった。ただ柔軟な身体だったから選ばれ、機械的スパルタ教育を施された、当時の中国という国がなかなかに怖ろしく描かれている。
芸術としてのバレエではなく、国益のためのバレエを強制されていた時代。

北京舞踊学院から、研修生としてアメリカに渡ったのは青年期。一瞬にして心を奪われた西洋の自由は、酷いと吹聴されていたのとはまったく違う、素晴らしいものだった。
異国にも慣れ、最先端のバレエ教育と二度目の恋を経験して、短い自由を謳歌するツンシン。しかし、確実に帰国の日は近づいてくる。
当時の中国は、一度国に戻ったら二度と外国へは出られなかった。恵まれたバレエ環境を捨てられない彼が選んだのは、恋人と結婚して永住権を得ること。二度と祖国の地は踏めない覚悟で・・・・。

337091_01_03_02.jpg


帰国命令に背いたツンシンに、中国領事館が与える圧力がまたおっかない。実話だというのだから、なおのこと怖ろしい。彼は領事館に監禁され、一時は強制送還されそうになるが、バレエ団の主任ベン(ブルース・グリーンウッド)や妻や友人ら、そして弁護士フォスター(カイル・マクラクラン)の協力で、アメリカへの亡命が認められる。

とまあ、内容的にはこんなんで、とても真摯な実話のドラマ。
ツンシンを演じているのは、ロイヤル・バレエ団のツァオ・チー。映画初出演とは思えない堂々たる演技で、幾度も挿入される華麗なダンスシーンはさすがに見ごたえあるし、バレエ好きでなくても魅了されるにちがいない。

ただ、ツンシンの恋の場面だけは、あれでよかったのかなぁ。恋に落ちる場面は唐突で、ふたりのシーンは少ないし、見ようによってはグリーン・カード取得のための入籍に見えてしまうではないか。しかもあっさり仲違いして離婚・・・・やっぱりあまり考えなく結婚しちゃったんじゃない、若気の至りじゃない・・・・とか意地のわるく取れる演出になっている。

どの道を行き来するかは どの人生を選ぶかによる。
大好きな『春にして君を想う』の台詞がぴったり。バレエをやっていくと決めたツンシンの人生は、まさにこの通りだったんじゃないかな。たとえ祖国や家族に二度と会えないことを意味するんでも、バレエの道を選んだ。
のちにアメリカに招かれた両親は、息子との再会を果たし、ツンシンは故郷へ帰ることが許されるのだけれど、それは予期しない幸福だったにちがいない。



  監督  ブルース・ベレスフォード
  原作  リー・ツンシン 『毛沢東のバレエダンサー』
  脚本  ジャン・サーディ
  音楽  クリストファー・ゴードン
  出演  ツァオ・チー  ジョアン・チェン  ブルース・グリーンウッド  アマンダ・シュル

   (119min)







Last updated  2011.11.20 15:32:25
コメント(5) | コメントを書く
2011.03.03

 1900年2月14日。ハンギングロックと呼ばれる岩山にピクニックに出かけた、寄宿女学校の生徒たち3人と、老嬢の教師が忽然と姿を消した。
それぞれの事情で寄宿生活を送る少女たちに見え隠れする孤独や嫉妬や儚さを、神秘的に静謐に綴った異色のミステリー。実際にあった謎の失踪事件が元になっているという。


 美しさというものは、かくも残酷なものだとあらためておもう。少女とはいえ、成熟しはじめた彼女たちの存在は、あまりにも瑞々しくて眩しくて、それを映像美として捉えたピーター・ウィアー監督の奇才ぶりに唸ってしまう。和やかに過ぎていく時の流れに、静かに見入っていたら、いつしか、得体の知れない胸騒ぎでいっぱいになっていた。

10代半ばに抱く不安や死への憧れといった、危うい感情を思い出すかもしれない。
大人になるために、子どもの部分は一度死ななければならない――という。実際それは、夢の中で行われているらしいが。寄宿学校で閉塞的な日々を送る少女たちは、危うさでいっぱい。若さ美しさが内包する残酷にゆれる。

600full-picnic-at-hanging-rock-screenshot.jpg


4人がいなくなってから、警察や学校総出で捜索を開始するのだが、彼女たちを見つけることは誰ひとりできなかった。
しかし、事件のあったその日、偶然ピクニックに来てハンギングロックに登る彼女たちを目撃していた名家の子息は、いたたまれない気持ちになり、一人夜通し捜索を開始するのだ。

青年が心神喪失の状態になってまでも探したのは、紛れもなく、4人のなかで一番美しいミランダの面影にとりつかれたから。自分の命を危険に晒してまでも発見できたのは、でも結局、別の少女ひとりだけだった。老教師と2人の女生徒は、最後まで発見されることなく、死亡と断定されてしまう。
その後、怪我を負い、記憶を失って戻ってきた少女の口からはなにも語られることはなく。疑心暗鬼の学校中を巻き込んで、そのまま事件は収束していく、、。そして、もう一つの孤独な魂がを選んで、物語は幕を降ろす。


神秘な大自然を前にすると、じぶんの存在があまりに矮小で慄くことがある。心臓がドキドキ鳴って不安になって、これがすすむと『インドへの道』のアデラや、青年のようになってしまうのだろうか。でも、彼女たちは? とても同じとは思えないのだった。
絶望からの自殺か、はたまた老教師による若さへの嫉妬(殺害)か、ミステリー作品として、見事な脚色がなされて、真実は観客が想像するに任せる。

ファンタスティックな映像美に陶酔して、胸騒ぎして、一抹の疲労感をのこして終わるスバラシさ。
ピーター・ウィアー監督といえば『いまを生きる』を思いだすが、あの詩的な雰囲気は、この頃からすでに兼ね備えていた魅力だったのだー。本編のなかで朗読される詩がいい。
音楽もまた良くて、(調べてみたら)チャイコフスキー「弦楽四重奏曲第1番第2楽章」、バッハ「8曲の小前奏曲とフーガ」「平均律クラヴィア曲集第1巻より第1番プレリュード」、ベートーヴェン「皇帝」などが使われているらしいのだが、どれも静謐さに磨きをかけるかたちでジャストマッチング。


†   †   †


監督/ ピーター・ウィアー
原作/ ジェーン・リンジー
脚本/ クリフ・グリーン
撮影/ ラッセル・ボイド
音楽/ ブルース・スミートン
出演/ レイチェル・ロバーツ  アン・ランバート  ドミニク・ガード  ヘレン・モース
(カラー/116分)







Last updated  2011.03.05 15:55:02
コメント(0) | コメントを書く
2008.03.24

 感動作の風体であるこちら、フィリップ・ノイス監督だとは思いませんでした。
『硝子の塔』『パトリオット・ゲーム』などいい印象のない作品の監督。祖国を題材にしているとはいえ、感動的な実話を金儲けのダシにつかったのではと勘ぐりたくもなります。

1931年、西オーストラリアのジガロング。
当時、白人と原住民アボリジニとの間の混血児が増加しつつあることを危惧したオーストラリア政府は、混血児を強制的に居住区に隔離する政策を行っていました。
ある日、14歳のモリーを筆頭に、8歳の妹デイジーと10歳の従姉妹グレーシーの三人は、保護局の職員に捉えられ居住区へ移送されてしまうのです―――。

後に、母の体験を綴ったモリーの娘ドリス・ピルキングトンの小説を基にした実話。
居住区を抜け出し、90日間かけて2400キロを歩きとおした姉妹の知恵と頑張りを描きます。

rabbit-prooffencepic.jpg rabbitprooffence_wideweb__430x279.jpg


追うのは政策の指揮をとるネビル(ブラナー)たち、逃げる少女。
否応なくはらはらさせられる展開は、あざといともいえます。この構図は、わずかでも娯楽映画のノリ。
捜索を任されているアボリジニの追跡者と、同じように原住民の知恵を教え込まれて育った賢いモリー。
生きる知恵をフル活用して、逃げ、追いする二者の姿は、サスペンスの様相。

それが安っぽくならず、腹立たしくもならず、すんなり感動できたのは、ひとえにクリストファー・ドイルのカメラのおかげ。
雄大なオーストラリアの自然を背景に、自然と生きる人間の荘厳な姿が、しっかり収められていたと思います。
オーストラリアは美しい。砂漠は厳しく、生活は原始のままでも、生きる人々の美しさは、白人のエゴを際立たせます。
そのエゴによって苦難を強いられ、2400キロをひたすらに歩き続けた、アボジリジニの少女から、生きるうえで大切な知識とか知恵とか精神の強さを教えられました。
勉強は多少できなくても、この生き抜く力だけは絶対に身につけて持って欲しいと、我が子には願うばかり。

フィリップ・ノイス監督の、珍しい小品佳作作品といえるのではないでしょうか。



監督  フィリップ・ノイス
原作  ドリス・ピルキングトン
脚本  クリスティーン・オルセン
撮影  クリストファー・ドイル
音楽  ピーター・ガブリエル
出演  エヴァーリン・サンピ   ローラ・モナガン  ティアナ・サンズベリー
    ケネス・ブラナー  デヴィッド・ガルピリル  ジェイソン・クラーク

(カラー/94分/オーストラリア製作/RABBIT-PROOF FENCE)









Last updated  2008.03.24 14:59:09
コメント(6) | コメントを書く
2007.07.14


  1965年、スカルノ政権下のインドネシア、ジャカルタ。政権の内部抗争を背景に、オーストラリアからやって来たジャーナリスト(メル)と、英国大使館職員の女性(シガーニー)との愛を描く。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  インドネシアという国にも過酷な歴史があったのですね。
スカルノという名はよく耳にしてきましたが、この映画の背景となっている「9月30日事件」は知りませんでした。
軍事クーデター未遂事件後と、首謀者・共産党勢力の掃討作戦などの総称だそうですが、まさに酷い時代です。

ピーター・ウィアー監督はこの前年の「誓い」でも、オーストラリアで演劇を学んでいる俳優メル・ギブソン主演で骨太な戦争映画を撮っています。
人間ドラマとしてもすごく深みのある秀作で、他には「刑事ジョン・ブック/目撃者」「いまを生きる」など、雰囲気のある良作が多数。
未見のものも多いので、是非手に取りたいと思いました。


若きメルと、シガーニーの共演。
異国の土地へやってきた若き記者の男ガイと、帰国間近の大使館職員の女ジル。
ギリギリのところで強烈に惹かれあう様を、じっくり見せてくれます。
男はオーストラリア人、女はイギリス人、舞台はインドネシア。
動乱のさなかに芽生える愛を、ふたりの共通の友人であるカメラマンの男・ビリーが、タイプライターの前で物語を紡ぐように語っているサスペンス調の展開です。
小人症のビリーは、人がよく、方々に顔の利く、謎の一面を持った男。
彼はジャカルタに集まる様々な人の情報を握り、時に操り、何かの目的を持って、入国して間もないガイと行動を共にしていきます。
ヤワな彼の精神をたたき上げ、ジルと引き合わせ、愛し合うよう仕組むのもビリー。
でもなぜ・・・?
謎の部分は続き、緊張感ある展開が続いていきます。

ここで素晴らしいのはビリーを演じた、リンダ・ハント。
男性ではなく小柄な女優さんです。
文句なしの演技で、この年の助演女優賞を受賞しています。
彼の持つ苦悩は、並大抵ではなく、隠された秘密が見えてきたとき、胸が打たれて仕方ありませんでした。
彼の生き様、彼が望んでいたこと、その願いや祈りが、作品全体を高尚に高めてくれているようです。
ビリーの死の運命にぐっときます。。


 
image.jpg  programme_3799.jpg

「ガイに担がれカメラを回すビリー(リンダ・ハント)」     「ガイとジル 惹かれあうのに時間は掛からないが・・」


独立宣言がなされてから20年、それでもなお市民の生活はどん底で、飢えと売春婦とであふれかえる国。
決して国民や農民を救うことができないスカルノ。
スカルノの経歴をみただけでは、酷い人という感じを受けません。
いまだに国民には愛されていると、ウィキペディアには書かれていました。
けれど、本編に登場するスカルノは、飢えに喘ぐ国民をよそに、女好きで飽食の人―というイメージで描かれています。
落ちぶれてきたころのスカルノなのでしょうか。
政治的な面を詳しく描いているというよりも、動乱の様子、雰囲気、欧米人が身の危険を感じる身ぶるいするような恐怖感が前面にきています。
それは骨太なドラマであっても、メインには恋愛を据えて描いているからなのかもしれません。

国が動いたその時、欧米人の主人公らがとった行動とは――
やっぱり、逃げてしまうものなのでしょうか・・・
恋愛でいえばハッピーエンディングだとしても、決して後味のよい結末でない、濁った後味を感じずにいれませんでした。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 監督  ピーター・ウィアー
 製作  ジェームズ・マッケルロイ
 原作  クリストファー・J・コッチ
 脚本  デヴィッド・ウィリアムソン 、ピーター・ウィアー
      クリストファー・J・コッチ
 撮影  ラッセル・ボイド
 音楽  モーリス・ジャール
 出演  メル・ギブソン 、シガーニー・ウィーヴァー
      リンダ・ハント 、マイケル・マーフィ 、ベンボル・ロッコ
      ドミンゴ・ランディホ 、エルマンノ・デ・ガズマン

    (カラー/116分)
   






Last updated  2007.07.21 20:33:05
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.