18019000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

佐藤竹善のオフィシャルブログ『OKRAの軍艦巻き』

PR

Profile


さとうくんですよ

Category

Archives

September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019
December , 2018

Headline News

Free Space

このブログは所属事務所の管理下の元、複数人で運営しています。
(日記は本人のみによるものです)

コメント欄は廃止いたしました。
永らく御愛顧ありがとうございました。

リンクはご自由にどうぞ☆

Copyright (C) 2007 Den Laboratory... All Rights Reserved

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

legend alive

June 22, 2017
XML
カテゴリ:legend alive
https://showbiz.jpn.com/item/humarhythm-best/

リマスター‼️






Last updated  June 22, 2017 10:15:57 PM
June 21, 2017
カテゴリ:legend alive
‪日本にもカバーなんて言葉がなかったいい時代…‬
‪美空ひばりの通算レコーディング曲数は1,500曲、オリジナル楽曲は517曲であった。‬






Last updated  June 21, 2017 09:32:30 AM
July 2, 2016
カテゴリ:legend alive
スクリーンショット 2016-07-02 17.01.44.png

子供の頃、いつも真剣な音で新しい時代を作ろうとする姿に憧れた。
ブレイクと共に新しい時代を作り、続けていく姿に憧れた。
自分も同じ仕事を目指すようになり、ブレない姿勢に憧れた。
プロになり25年以上前から、一緒に仕事をさせてもらえるようになると、徹底した諦めなさに憧れた。
そして僕も50歳を超え、70代に向かい、全てに感謝し歌い楽しみ努力し、なにしろ音楽的なチャレンジャーを続ける姿に「人生を生きる人」として最終的な憧れを持つ。
憧れた人は沢山いたが、いまだ憧れている人は世界でも極々幾人となった偏屈なぼくは、(一方的に思ってるだけだけど)師を持てる幸せに昨夜は何度も感涙に咽いだ。






Last updated  July 2, 2016 05:03:32 PM
July 30, 2013
カテゴリ:legend alive
DSC_0216.JPG

中学時代、観たくて観たくてしょうがなかったライブ映画が時を経て、やっと手元に!!
ロック史に残る伝説のライヴ・Wings Rock Show !!






Last updated  July 30, 2013 01:13:22 PM
July 28, 2013
カテゴリ:legend alive
a20612jc.jpg

いよいよ発売!
ひさしぶりの元オフコース・松尾一彦さんのニューアルバムスマイル
ぼくも参加しましたぐー
相変わらずのThe メロディーメイカー健在です手書きハート

詳しくは↓
http://www.gallery-untitled.com/index2.html







Last updated  July 28, 2013 11:43:00 AM
November 1, 2012
カテゴリ:legend alive
293712_546563478693549_2026568532_n.jpg

@武道館

知ってる曲ばっかじゃないと楽しめない人とか関知しない^ー^)、60代の大人の完璧な音楽での遊び方だったわ☆






Last updated  November 1, 2012 11:09:53 PM
March 7, 2011
カテゴリ:legend alive
行ってきました。。。号泣

13歳で初めてHotel Californiaを聴き虜になり、ドーナツ盤を聴きすぎて8枚も買い直し、ぼくのカントリー好きの土台にもなり、「駆け足の人生」では13歳でベースを買って初めてコピーした4小節。。。、ぼくのコーラスアレンジの土台の一つにもなり、もちろん曲書きの先生でもあり、、、、もう数え上げたら切りがない彼らをやっと初めて生で。。。号泣

なにもかも素晴らしかったのですが、特筆は、ハーモニーの素晴らしいことったら。。。
ぼくが今まで観た生のハーモニーでTAKE6に並ぶ美しさ、、、いや、全員がリードボーカリストな分、歌のオーラはもしかしたらそれ以上と言ってもよい圧倒感。。爆弾
そして、ジョーウォルシュの孤高な空気ながら、Eaglesの肝心のメンバーとして「呪われた夜」以来しっかりと根を下ろした姿はこの日も圧倒的な存在感の歌とギターでした(サンタナ、ベックに並ぶ圧倒的な存在感。。。)
またホテカリの後の参加ながら、「言い出せなくて」の名曲を生み出し後期を更に特別なものにしたティモシーシュミットの甘い声と控えめなベース。
(ぼくがカバーしたSomething sadの作者。千章の日本語詞にOKを出したのは彼本人ですウィンク そして個人的にはホテカリまでのランディーマイズナーの歌とベースも最高峰。ランディーに敬意を表してか、ランディーがリードボーカルのTake it to the limitをグレンが歌いました)
Eaglesの寡黙なギタリストとして欠かせないメンバーだったドン・フェルダーの代わりにセッションギタリストのスチュワートスミスも、ソロのフレーズまでひとつひとつ大切にEaglesを表現してました。
実は、彼らのギターソロはホテカリのソロは明白ですが、他のどの曲もアドリブなようで実はひとつひとつ「作曲」された「歌メロ」なのです。
初期メンバーのバーニー・リードンも今回のツアーをどこかで感慨深く見守っていることでしょう。。。


レノンマッカートニーに憧れ、みんなが曲を書き、みんなが歌えるバンドを目指したグレンフライとドンヘンリーは、時代時代のメンバーたちと着々とそれを実現していき、アメリカンロックの伝説になりました。
あまりにも巨大なアルバムHotel Californiaのあと、二人の確執は深まり、そして紆余曲折を経てまたゆっくりと絆を深め直し20年以上の時を超え、無二の親友として二人の出逢いから41星霜目のコンサートを終えました。
ホントに楽しそうだったなあ。。。星

最後のツアーといわれてますが、できることなら外タレらしくあっかんべーあっさりまた来日してくんないかな。。
兎に角も、ぼくの人生を一気にふりかえさせた素晴らしいライブでした。
そして、会場のお客さんも感慨いっぱいで、おじさまおばさまたちも完全に青春の顔いっぱいでした。


****

そして実はひさびさに合流した高校の同級生と観に行ったのですが、終わったあと短い時間でしたがミニ同窓会ビール
高校の軽音楽部の仲間です。
スクリーンショット(2011-03-07 23.43.52).png

110306_2035~01.jpg

ぼくの上はドラムのぐんじ、右はベースのま~ぼスマイル
下の写真には、高校時代に小間使いでいじり倒したぐんじの弟とその伴侶さん目
みんな立派ですてきなおっさんになってます。
Eaglesの歴史も相まって、これから何度も邂逅を繰り返していくのだなあ。。。と感慨ながら、とっても楽しい時間でした。

【全国ツアー日程出ました】SING LIKE TALKING 8年ぶり、New Single &New Albumリリース決定!!
http://ow.ly/44JRC












Last updated  March 8, 2011 12:52:37 AM
February 13, 2011
カテゴリ:legend alive
 演奏は対話です。
私が演奏中に人々に伝えたいことは、「予期せぬ事や未知の事に立ち向かおう」というメッセージです。
演奏中には、あらゆる難問が出てきます。
その時こそ、安易な道や慣れ親しんだ道に安住したり、予期せぬことや未知のことから逃げるのではなく、それらの問題とどう関わっていくべきか、真剣に考え、取り組むべきなのです。
同時に私は冒険の喜びを伝えるように努めます。
新たな冒険の喜びは、あらゆる怖れを一掃してくれるからです。

音楽の世界では、未知の事柄についての対話を楽曲を通して行う場合、単純明解な形で行うことが大切だと思います。
なぜなら、単純明解であることこそが、複雑な逆境の後に得られる最大の勝利であるからです。

私は音楽を「逆境」のように複雑ななものにしておきたくはありません。
太陽のように輝きのある音楽の素晴らしさを聴衆と分かち合えるようにしたいのです。
そして、高貴さに裏打ちされた演奏がどんなものであるかを、聴衆のみんなと分かち合いたいと思います。

それは、しばしば営利的で欺瞞的な「易き道」を取る、旧来の芝居じみたメッセージとはまったく違うものです。

ウェイン・ショーター






Last updated  February 13, 2011 12:35:35 PM
September 30, 2010
カテゴリ:legend alive
初めて生で観てしまいました! 25年来の願いが実る。
それもこのtrioで! あとはソロのライブが観れたら最高です。
世界中のロックは無論、全ジャンルの鍵盤弾きに大きく影響を与えている彼。
なにしろ素晴らしかったんですが、もう「煙が目に染みる」のエンディングのしずか~な美しい展開を聴けただけでも12000円の価値ありましたわ!
30年近くも同じメンバ-で続けてるのは非常に希有で、特にジャズの分野ではすんご~~い事。

ディジョネットのシンバルの音の美しさったら。。。
ゲイリ-の見た目おじいさんと正反対なシャ-プなフレ-ジング。。。
そして、あの三人の佇まいったら。。。まさにThat's the shape!! ってな感じ。
65歳にあんなんだったらかっこいいだろなあ。。。

ソルトと二人、ライブ中唸ってましたよぽっ
もちろん、キ-スの唸り&時折立ち弾きも健在でした音符
いいもん観たな~~~~。

http://www.youtube.com/watch?v=2G3udxpjoeQ

******

そして、ライブ後、とあるきっかけで韓国の素晴らしい作曲家、編曲家のVINKくんと居酒屋で懇親ビール
ひっさしぶりに二時間、英語のみで脳がパンパンに疲れるダッシュ
でも楽しかったな~~。人間性も最高なVINKくん目
なんでかは、また後日~~~あっかんべー

VINKくんとは例えばこちら↓目がハート

http://ow.ly/2M9gN









Last updated  September 30, 2010 05:08:04 PM
May 28, 2010
カテゴリ:legend alive
「クリスマスの約束2009」がこの度「第36回放送文化基金賞 番組部門 テレビエンターテインメント番組 優秀賞」を受賞しました大笑い

やったね!!

****
Good News
コブクロがカバーアルバム「ALL COVERS BEST」でSING LIKE TALKINGの曲をピックアップDVD
詳しくは下矢印
http://musicshelf.jp/blog/staff/2010/05/-40-2.html








Last updated  May 28, 2010 04:20:18 PM
このブログでよく読まれている記事

全35件 (35件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.