18005142 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

佐藤竹善のオフィシャルブログ『OKRAの軍艦巻き』

PR

Profile


さとうくんですよ

Category

Archives

August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019
December , 2018
November , 2018

Headline News

Free Space

このブログは所属事務所の管理下の元、複数人で運営しています。
(日記は本人のみによるものです)

コメント欄は廃止いたしました。
永らく御愛顧ありがとうございました。

リンクはご自由にどうぞ☆

Copyright (C) 2007 Den Laboratory... All Rights Reserved

全193件 (193件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

musiq

February 7, 2014
XML
カテゴリ:musiq
505127546.jpg


その頃まだレコード会社というものがあったらの話だけどね。(チャド/レッチリ)

http://www.barks.jp/news/?id=1000081551

***

なぜマスプロモーションを離れソーシャルメディアを用いた発信を行うのか。そこには現在の音楽を取り巻く環境に対する彼女の疑問がある。インタビューでビヨンセはこう語る。.....

http://realsound.jp/2014/02/beyonce_2.html






Last updated  February 7, 2014 11:32:54 AM
December 10, 2013
カテゴリ:musiq
36eb74637c732e3bef4cb891c35fca99d9a76184.54.2.9.2.jpeg

佐藤竹善が贈る、初のクリスマスアルバムリリース決定!!
(試聴可)
12/11発売。
竹善選曲によるクリスマスの名曲カヴァー6曲に、今回のクリスマスアルバム用に書き下ろしたオリジナルクリスマスソング2曲の計8曲を収録(全編英詞、オリジナル対訳)
アレンジャーに本人他、井上陽介、柏木広樹、中塚武、平沼友梨を起用。
Cat Gray、Shantiが作詞で参加。
TowerRecords, 山野楽器, amazon, HMV他全国販売店、ネットにて発売。

「日本も、クリスマスが恋人たちのイベントだけでなく、家族、人、世界を想う季節に成熟することを願って作りました。ぜひ、ゆったりと楽しんでください。」(竹善)
Jazz, R&B, Soul, Classic, Pop

『Your Christmas Day』
¥2,800(tax in) MICK-1001

全曲試聴はこちら!!!







Last updated  December 11, 2013 02:16:41 PM
September 23, 2011
カテゴリ:musiq
小山薫堂とのプロジェクトの仕上げ、自宅スタジオで初ミックスウィンク
ストリングスのチェックのために、ソルトもひさびさ御来訪。
藁谷さん入り込んでますスマイル


<必!注目!>
湘南ビーチFM 78.9Mhz レギュラー決定!!
2011/10から毎週金曜日夜10時~11時生放送!! 「佐藤竹善 Friday Musical Voice」
全国、世界中で聴けます!
詳しくは↓
http://plaza.rakuten.co.jp/okranogunkanmaki/diary/201109160000/






Last updated  September 24, 2011 12:44:11 AM
September 9, 2011
カテゴリ:musiq
ひさびさにソルトとガップリ、共同レコーディング晴れ
(手前は藁谷、奥にソルトがピアノを思案中)
ソルトのピアノ、そしてソルトがアレンジしたストリングスがメインの楽曲。
のち、ストリングスみんなやスタッフを巻き込んで手拍子も録音。

仕上がりをお楽しみに~星

チェロラともバンドをやってる、ヴァイオリンの藤堂くんがリーダーの若手カルテット。
この四人は、田中義人も御推薦で、ソルトとライブも最近やってます。
DSC_0060.JPG

****

おまけ。。

ぺろん。
スクリーンショット(2011-09-10 0.01.49).png






Last updated  September 10, 2011 12:02:41 AM
April 15, 2011
カテゴリ:musiq
今日は、FC、ライブ会場限定CD、From my roomのカタログの中でシリーズ化を狙っているSOUND ASLEEP MUSIC PILLOWの一曲をMIX。

このシリーズは、シンプルですき間のある楽曲たちをほどよい自然音で繋いで、みなさんが寝床に着いた時に、まるで山のログハウスや海辺や森にいながら眠れる事をイメージしての作品にするつもりです。

今回は全曲みなさんが知っているアノ名曲(洋楽)たちをカバーします。
いつになるかは、いろんな仕事の合間でやっているので未定ですが、ツアー中にはお届けできる予定。
みなさんがいらっしゃる場所のライブに間に合わなかったら事務所のFC通販で、間に合ったら会場でぜひお求めくださいウィンク

その前に、今日の一曲はひと足早く配信でお届けする予定ですので、そちらで着うたにでもしつつ雰囲気を掴んでいただけると幸いですケーキ

今日も藁谷が来てやってくれてますが、藁谷の右手にあるフェーダー付きの機械は、スタジオでもお馴染みのSSL社のコンパクトコンソールX-desk
コンパクト版とはいっても、そこはSSL社。
同等の音質性能が得られるまでは一切妥協せず発売しなかった逸品。
今回、デモ機で試してナイスさを確認したら購入します四つ葉
これでまた自宅St.DENLAB.がグレードアップ。
録音にも威力を発揮しますが、今回のFrom my roomシリーズのように自宅でMIXしてしまいたい場合、全部PCの中だけでなくアナログ感を加味したい僕にはナイスなシロモノ。

X-deskとは!!:http://www.ikebe-gakki.com/web-ikebe/pr_ssl-xdesk-interview/index.html

お楽しみに!!

お詫び:尚、このシリーズはぼくらの契約レコードメイカーであるUNIVERSALの御好意で実現しています。 厳密な契約上では、不可能なのですが(形として複数メーカーから出す事と同じになってしまうので)、FC内とライブ会場だけでならSLTや事務所、とUNIVERSAL両者がメリットを共有できるという判断による配慮ですので、御理解ください。

*****

第三回は今夜20:00からFM青森他各局でもあります。ネットのないところはauのPCサイトで↓

今月のJFN系列30局ネットの「Super Edition」は五週間、ぼくらSing Like Talkingが担当します。ニューアルバムの話から、ヒストリー、リスナーとメールでの交流まで楽しくホンワリとお届け。ぜひチェックしてちょうだいな!
みなさんのエリアも再チェック!

auの↓のサイトが4月いっぱいはPCでも聴けるので、ネットエリア外の方も東北各局の放送時間でぜひ聴いてちょうだい!!
https://stream.android.lismowave.jp/flash/ao_player.html

各ネット局情報http://www2.jfn.co.jp/se/contact.html

【告知】半年に一度のミュージシャンインタビュー誌「 Interview File cast vol.43 」僕らを含め沢山のアーティストが最も信頼するインタビュー誌の一つです。sing like talking / 28頁ロングインタビュー
http://ow.ly/4rM6I


お待たせしました! アルバム発売が5月18日に決定いたしました!
キャンペーンを仕切り直しているので、できるだけ発売まで前後周れそうです歩く人









Last updated  April 15, 2011 05:18:18 PM
February 27, 2011
カテゴリ:musiq
SLTやソロのパブリックな活動とは別に、ミニマムな活動としてFrom my roomという作品の製作の二作目をやっています。

今回はsound asleep music pillowと題して、いわゆる枕元で聴きながら、いつしかゆったり寝てしまってもよいトーン星をイメージして作っています。

極めてシンプルですき間がいっぱいで、いい感じで「練られていない」感じ。

今回の選曲はみなさんもよく耳にした事のある洋楽ポップスに絞ったのですが、とってもシンプルな作品たちに自分なりのちょっとだけこだわりのアンサンブルや和音を加味しながら、あくまでボクの部屋からみなさんの部屋へPerson to personな限定感で全体が仕上がればいいなと思っています。
前回の「デモを楽しんでもらう」のとは、趣を異にしたまさに上記の感じ。

ふだん、オリジナルを書いている時はアプローチがいわゆる「創作」って感じで熱がこもるのですが、このsound asleep music pillow(シリーズ化しようと思っています)というコンセプトでは、まったく別の音楽への観点が磨かれていきそうで楽しいです。
同時に「シンプルに曲を書き、しっかりとしたものに仕上げる」というボクの大きなテーマにも影響を与えてくれそうです。
「わかりやすさに甘えないで、でも頑張らない曲を書く」。。。一生の課題ですね。

今やってて感じるのは、(もともとこんなに簡単な展開なのにちょっとした味付けで、こんなに自分を満足させられる音楽にできるんだあ。。)というところ。
よくいう引き算をもくろんだんじゃない作品。
繊細な足し算による、結果とっても引き算な作品。
大人ぶらない大人な粋さ。。。。

なんとかツアー初日の会場発売には間に合わせたいなあ。。。






Last updated  February 27, 2011 11:33:29 PM
February 3, 2011
カテゴリ:musiq
今日は近日発売となる小田さんのニューアルバムのコーラスをしに行ってきましたマイク
かつて長年スタレビを支えた光田健一さんと3曲ちょき
ぼくらの声、綺麗に混ざるのよね~~月
今の小田さんに往年のオフコースを思わせるコーラスワーク、曲調のものなど、今回もまた素敵なアルバムのようです。
編集してたハープも導入されたオーケストラな曲も美しかったなあ。。。目

スキマの卓弥とやった獣医ドリトルの主題歌「グッバイ」など、結局、今回もたくさんの曲でまた参加しました音符

「春風に乱れて」(90’)からだから、気づいたら小田さんのアルバムに参加し始めて20年過ぎてるんだなあ。。。晴れ星晴れ星晴れ星晴れ星

楽しいレコーディングだったなあ!スマイル
終わった後、スタジオで豆まきしました。
あの映像は小田さんのLife sizeとかで見れるのかな月




最新情報
http://plaza.rakuten.co.jp/okranogunkanmaki/diary/201101160000/







Last updated  February 4, 2011 07:05:43 PM
November 16, 2010
カテゴリ:musiq
今日は日本が誇る、いや、のみならずアメリカの誇るトランペッタ-・エリックさんにソロでのTime offという曲以来、吹いてもらいました音符

本名はEric Miyashiro
そうです、彼は日系三世のアメリカ人でございます。
ひらがなしか書けないそうなんすが、会話はまったく日本人ですウィンク
高校時代から頭角を現し、Count Basie Orchestra(だったかな、なにしろそんな伝説人な巨匠の)やSammy Davis Jr.のバンドでも何年もリ-ドトランペットを務めた名演奏家です。(これってすんごい事なんですよ!!!!)
特に音域の広さ、高音の美しさと正確さに関しては随一と呼べるでしょう。

とってもいい~~人です。
参照:http://ow.ly/3aqc1
(HPは下段からOfficial siteへどうぞ音符


この後はおなじみ大儀見がパ-カッションを入れにきてくれましたが、ぼくはカオだけ合わして、個人作業のために帰路に。
今頃、千章とばっちりなテイクを録ってることでしょう。
ともひょこ? 彼は自由人ですのでスマイル、ちゃんと仕事はしてますが所在はつかめません大笑い






Last updated  November 16, 2010 06:39:47 PM
November 5, 2010
カテゴリ:musiq
今日は一曲にコントラバス、もう一曲にチェロのレコ-ディングをしました。
まずはソルトとのセッションや金子飛鳥さんとのセッションでも有名な吉野さんウィンク
SLTの武道館ライブでも弾いてくれた方でDVDにも映ってます。
ジャズからクラシックまで幅広い活躍。
物静かで穏やかないい~~人です四つ葉

101105_1513~01.jpg

そして、ゴルフでもおなじみチェロラと、青弦くんでチェロダビング。
いいテイクが録れるたびに「ナイスショット!!」ゴルフと叫びつつクラブ
青弦って、生まれながらに弦楽器やるために生を受けたのか大笑い
タイトな音を録りたかったので、あえて二人だけでひたすら四声、五声×2とやりました。
よって、疲れ切った二人ぽっ
しかし、この終わった後の佇まいの差は歳の差か!?大笑い
いやいや、素晴らしいテイクをありがとう!!!

101105_1737~01.jpg






Last updated  November 5, 2010 09:05:17 PM
October 28, 2010
カテゴリ:musiq
今日は二曲にFender RhodesとHammond B3のダビングで、角松さんやスガシカオくん、椎名林檎さんでも素晴らしい仕事をしている森くんに来てもらいましたスマイル
森くんとは十年ぐらい前にクリスタルケイちゃんのプロデュ-スをして以来のコラボ。

さすがだったわ~~~!!
ぼくのつたないディレクションを的確に把握して音にしてくれるのは、ほんと土台がしっかりしている人だからこそ四つ葉
特にハモンドはほぼワンテイクでびっくり!びっくり

ハモンドオルガンって、弾き方、ヴォイシング、ロ-タリ-のオンオフのセンス、演奏中の直感的なト-ンチェンジetc...と、まさに総合芸術なのです。
この楽器だけは、オルガン弾きじゃない人の素朴さを求める場合以外は決してニセモノ感は許されない楽器。
実はシンセサイザ-の発想の原点でもある楽器。
あらためて素晴らしいプレイヤ-により、この楽器の素晴らしさを堪能できました大笑い

101028_1832~01.jpg






Last updated  October 28, 2010 09:36:11 PM
このブログでよく読まれている記事

全193件 (193件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.