775269 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Oka-Ryo.ACのフィジカルトレーニング

2013年01月12日
XML
カテゴリ:鉄道
今日はジョギングの途中で現在工事が行われている、
「相鉄・JR直通線」の(仮称)横浜羽沢駅の様子を見てきた。

「相鉄・JR直通線」は、
相鉄本線の西谷駅とJR東海道貨物線の横浜羽沢駅の間2.7kmを結ぶ予定の路線で、
鉄道・運輸機構が事業主体となって2015年度の開通を目指し工事が行われている。
路線図3.JPG

路線図2.JPG

この路線が完成すると、
相鉄線の電車が東海道貨物線→横須賀線・湘南新宿ラインを経由して、
都心方面へ直通運転を開始する予定で、
相鉄沿線と都心方面との所要時間が大幅に短縮され、
利便性の向上が期待されている。

路線図1.JPG

更には2019年度開業予定で、
横浜羽沢→新横浜→日吉を結ぶ「相鉄・東急直通線」も計画されており、
こちらは相鉄線の電車が東急東横線・目黒線を経由して
都心方面へ直通運転を行う予定となっている。

(仮称)横浜羽沢駅付近の完成予想図
羽沢駅図1.JPG

羽沢駅図2.JPG

(仮称)横浜羽沢駅は半地下構造となる計画で、
現在は駅の予定地の掘削工事が行われていた。

現場に張ってあった工程表によると、
今月から(仮称)横浜羽沢⇔西谷のトンネルの掘削工事がスタートする予定で、
シールドマシーンによる推進工法でトンネルの掘削が行われるらしい。

シールドマシーンを据付けてある建屋
写真右側の相鉄線西谷方面へ向けてシールドマシーンが進む予定。
シールドマシーン建屋1.JPG

新横浜方から見たシールドマシーンの建屋
写真奥の方向へ向かってシールドマシーンは進んで行く。
シールドマシーン建屋.JPG

(仮称)横浜羽沢駅の予定地から新横浜方面を見る
真下が半地下構造の(仮称)横浜羽沢駅が建設される場所
羽沢駅新横浜方1.JPG

JR東海道貨物線との接続予定地を望む。
写真右に写っているのがJR貨物の横浜羽沢駅。
「相鉄・JR直通線」とJR東海道貨物線との接続はこの先の地点で行われる予定。
羽沢駅新横浜方2.JPG

沿線の利便性が向上し、
さらには色んな電車が相互乗り入れで走るようになるのは楽しみだが、
ダイヤに混乱が生じた時は、その混乱が一斉に各路線へ波及する事になるので、
悩ましい問題も抱えることになるのだろう。






最終更新日  2016年03月27日 00時43分39秒


PR

プロフィール


Oka-Ryo.AC

カテゴリ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

楽天カード

フリーページ

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.