1381818 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

岐阜の植木屋おくだガーデンのガーデニング庭師日記

独立したい方へアドバイス


日記を公開してから、独立の相談メールが結構来たので自分なりにアドバイスをしてきたことを、まとめてみる。

・現在別の職業の方
 まあ一番手っ取り早いのは造園会社に就職することです。まずハローワークに行って相談員に「造園業者に就職したい」とゆうと何件かピックアップしてくれます。

何件か面接に行って下さい。公共事業に強い会社、剪定中心、外構中心など色々ありますが、独立を考えるなら剪定か、小さい庭を年間何10件も受注しているところが良いかと思います。給料はかなり安いと覚悟してください。たぶん日給での支払いで8,9000円くらいです。

独立を意識して3,4年やれば大丈夫。ただ作業の方法だけ覚えるだけではだめです。打ち合わせの仕方、営業方法、見積もり、図面の書き方、仕入先など。
独立後は出来ることから、小さく始めてください。

いきなり就職は・・・という方は専門学校に行って下さい。自分もガーデンデザインの学校に半年行きました。会社勤めしながら夜通いました。メリットは横の繋がりが出来ることと、図面の書き方を覚えることが出来ることです。

造園会社の欲しい人材は、お客様と打ち合わせが出来る人です。昔からの職人さんは得意ではありません。ニーズを聞き出し、図面を書き、見積もりができる人がなかなかいません。社長の代わりに社長の仕事をすることが、独立への最短距離だと思います。

すでに造園会社にお勤めの方

週に1日はアルバイトかボランティアをして下さい。親戚、友達など半額くらいで剪定をしてあげましょう。また県や市の福祉センターに剪定のボランティアに登録すると剪定の練習ができます。独立後何件かあるだけで全然違います。

ただ仕事をするのではなく、お客様の不安やニーズ、どうしたら喜ばれるかを考えて仕事をすることが必要です。たった100人に好かれるだけでそこそこ食べていけます。どうしたら100人に好かれるかを考えてください。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.