000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

岐阜の植木屋おくだガーデンのガーデニング庭師日記

PR

Freepage List

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

phytolife@ Re:西武最後(05/19) お疲れ様でした 六義園はなかなか見所あ…
okuda@ Re[1]:岐阜県警(05/22) トミヤンさんへ 上司からの電話で「警察…
トミヤン@ Re:岐阜県警(05/22) 数年前私も現場の帰りに小牧警察署の前で…
たなか@ Re:別れ話か!(01/30) たなかかな たなかだよ
植木屋悪樹@ Re:霧島の赤(04/26) こんにちは。私は一切お酒を口にしないの…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


植木屋悪樹

2019.02.16
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
スーパーさんの本部へ。
建設会社さんと催事のスペースの件でご挨拶とお願い。
すぐ側ではバイヤーさんと業者さんとの商談など緊迫した空気。

なんとかお借りする事に成功。三ヶ月連続で集中してイベントを。
普段焼鳥屋さんとかのスペースでいろんなことをしたい。


「CMの建設会社さんですよね」
とご担当者さん。
「なぜ庭師さんと一緒に?」
話せば長くなる。地域と客層とブランド。

他の店舗でもと言っていただいたが、地元だから意味がある。


そのままお店に移動。店長さんにご挨拶。
本当は店外の許可だったけど、お話しして店内出口のスペースもオッケーに。



ひとりで設計事務所さんの植栽工事。
上石津町。三重県と滋賀県の県境。常に時雨れている。

植木を植えるの久しぶり。
シマトネリコ、常緑ヤマボウシ、ハクサンボク、ローズマリー。

所長より古民家改修のお話を聞く。
映画の舞台で有名な水路が「借景」
まだ借り手が居ないとのこと。

お金があったら速攻で手を上げるのに。
カウンターだけのサンドイッチ屋さん。
学生の時の夢。


若い衆が本を貸してほしいと言うので読み終わったばかりの本を渡す。
感心だけど本当は「身銭」を切らないと身にならない。


「世界の公園」「ダンドリの教科書(水野学、くまモンの生みの親)
「季刊 地域」の3冊。家には
庭の本一冊も無かった。

返す時の最低限のマナー。
それは感想を言うこと。



今日の”四字熟語”はスーパーとする。

ジンワリいきたい。




今日の”哲学”



そもそも人間とは、機械のようなものではない。
人間はむしろ樹木のようなものである。

ミル 『自由論』

可能性に向かって枝を広げていく。



おくだガーデンwebサイト https://okuda-garden.jp







Last updated  2019.02.16 19:44:07

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.