1368130 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

岐阜の植木屋おくだガーデンのガーデニング庭師日記

PR

Freepage List

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

phytolife@ Re:西武最後(05/19) お疲れ様でした 六義園はなかなか見所あ…
okuda@ Re[1]:岐阜県警(05/22) トミヤンさんへ 上司からの電話で「警察…
トミヤン@ Re:岐阜県警(05/22) 数年前私も現場の帰りに小牧警察署の前で…
たなか@ Re:別れ話か!(01/30) たなかかな たなかだよ
植木屋悪樹@ Re:霧島の赤(04/26) こんにちは。私は一切お酒を口にしないの…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


植木屋悪樹

2019.06.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類



大垣市でフェンス工事の立会い。の予定が結局最後まで。
土木の職人二人、商社、メーカー、エクステリア社長、庭師で
あーだこーだー。最善の収まりをみんなで。

職人同士のちょっとした親切の積み重ね。
ちょっとした気づかいの積み重ね。
ちょっとしたアイデアの積み重ね。

偶然にもお向かいさんのお庭を数年前に作ったのでごあいさつ。
消毒と除草剤を間違えたとのこと。。。




夕方ある施設に挨拶に伺う。
ウチの若い衆が週に半分手入れでお世話になっている。
庭を作っている親方に初めてご挨拶。

親方とお話することと、庭をじっくり見ることが目的。

「庭師奥田Tシャツ」を褒めて頂いた。
和やかな時間。社長とも今後のお話。
若い衆は戦ってくれていることがよく分かった。

施設の庭をひとりでじっくり見せていただく。
「縄文」がテーマ。エメラルドグリーンの池。滝。左官のカキツバタ。
焼物。ミズゴケ。フェロセメント工法。茅葺き。極楽浄土。
じぶんの文章表現では限界。

グルグルして迷子になった。外に出られない。
何とか施設の外に出て、親方にも若い衆にも声を掛けずに、
帰ることにした。

13年庭を作り続ける。作り変え続ける。
そして今後はどこにいくのだろう。

最後までお付き合いするしか、その答え合わせをすることができない。


今日の“四字熟語“は縄文の庭とする。

このまま行けば、数年後どこかの誰かを驚かすことになる。






本日の“哲学“

世界で生じている問題の根源は
自己愛にではなく、自己嫌悪にある。

エリック ホッファー 『魂の錬金術』








おくだガーデンwebサイト https://okuda-garden.jp







Last updated  2019.06.25 21:38:00

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.