1341504 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

岐阜の植木屋おくだガーデンのガーデニング庭師日記

PR

Freepage List

Archives

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

phytolife@ Re:西武最後(05/19) お疲れ様でした 六義園はなかなか見所あ…
okuda@ Re[1]:岐阜県警(05/22) トミヤンさんへ 上司からの電話で「警察…
トミヤン@ Re:岐阜県警(05/22) 数年前私も現場の帰りに小牧警察署の前で…
たなか@ Re:別れ話か!(01/30) たなかかな たなかだよ
植木屋悪樹@ Re:霧島の赤(04/26) こんにちは。私は一切お酒を口にしないの…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


植木屋悪樹

2019.07.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
曇り。すごい湿気。蚊がわいている。何かの動物の糞を踏んだ。
その足で軽トラックに乗り、車内がすごい匂い。
不快指数が半端ではない。一気に5軒終了。
晴れていれば、こなすのみ。





和風庭園の解体に「解体会社」さんと打ち合わせ。
経営の勉強会でご一緒しているが、相当忙しい様子。
現場で30分位久しぶりにじっくり話せた。
見積もりの物件量が半端ではない。ネットの見積もりサイトは断ったとのこと。

「忙しい」を脱却するには「空振り」を少なくする必要がある。
取引先を絞るのと、地域を絞るしかない。遠くに行っている様じゃ利益が出ない。
三割バッターではなく、七割バッター位じゃないと。

基本じぶんは十割でないとバッターボックスに入らない。


人手不足問題も深刻。解体現場で外国の方を非常に多く見かける。
異国の地で会社を作り、日本語もままならないのに、ガンガン仕事する。


「解体業」のイメージの問題。人が全然入って来ないみたい。
「週休3日制しかないのでは?」と提案した。

ウチもそうするつもり。そこまで時代は来ていると思う。



人手は欲しいが同業外部からの引き抜きはしたくないとのこと。
過去に数人引き抜かれ、辛い思いをしたみたい。

ウチから何人か独立はして行ったが、未だに「引き抜き」は無い。
ちょっとその気持ちは分からないが、何か理由を付けて辞めて行ったのに、
同業で働いて居たら、それはショックかも。業界は狭いし。


何だかんだと忙しくても、暇でも、悩みは尽きない。。。


今日の“四字熟語“は解体社長とする。

バタバタから脱却するには、やっぱり経営の勉強をするしかない。



今日の哲学。

幸福の秘訣の一つは、
自分自身の気分に
無関心でいることだと思う。

アラン 『幸福論』

気分に左右されることなく、淡々と。



今日の哲学を数年(1、2年?)続けてはじめて
見ず知らずの方に褒めていただいた。




おくだガーデンwebサイト https://okuda-garden.jp







Last updated  2019.07.02 23:12:15

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.