466290 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

フリーライター・奥田実紀のブログ

2012.12.12
XML
 時間が空いたので、前から行こうと思っていた、浜松市美術館で開催中の「レーピン展」に早速行ってきました。24日で終わってしまうので、いつ行けるか心配だったので、とにかく見れてよかった。
 レーピン展を東京で一足早く見た友人が、思った以上によかったと言っていたので期待が高まります。

 実はチラシを見るまでレーピンの名前も知らなかった私。でも、実際に観てみたら……鳥肌が立ちました。絵の中の人物が今にも話しかけてくるような、ぞっとするくらいのリアリティ。絵の中の人物たちのざわつく感じや緊張感なんかが、飛び出してくるのです。
 名画というものを今まで何度か見てきましたが、それは「絵」だったんです。でもこのレーピンの絵は、絵の中に描いた場面とか人物の心の中が閉じ込められているというか…。
 こういう感じを体験した絵は、今まで数少なかったので、本当に本当にすごいと思いました。
 絵ハガキを買っても…たぶんこれは実際に見ないとだめな絵なのだと思います。大きさも色もぜんぜん絵ハガキでは(当たり前ですが)表せないし、実物を観てしまったら、もう、また実物を観たくなってしまいます。

 長生きして多作だったレーピン。他の作品も見てみたいなあと心から思いました。
 まだ見ていない方、ぜひ~~~(*^_^*)

 浜松ではもうすぐ終了しますが、来年、他の地域で開催されますよ。
姫路市立美術館 2013年2月16日(土)~3月30日(土)
神奈川県立近代美術館 葉山 2013年4月6日(土)~5月26日(日)[予定]









最終更新日  2012.12.12 17:48:19
[おでかけ日記(国内)] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


アン大好き★

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08

カレンダー


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.