518832 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フリーライター・奥田実紀のブログ

2018.02.23
XML
袋井茶文化促進会主催で、台湾紅茶ツアーを企画させていただき、ありがたいことに人数が集まり、催行になりました。富士山静岡空港発着です。物見遊山で空港に行ったことはありましたが、利用して旅行へ行くのは初めてです。静岡空港のいいところは、小さい空港で迷うことがないこと、そして駐車場が無料なことです。静岡県といっても横に広く、私が住む浜松からは空港直行のバスは出ていない(つまり遠い)ので、やはり車で行くことになるので、駐車場が無料はありがたいです。スーツケースも事前に送る必要がないですしね。
 台湾への便は19:25発で、桃園空港に22:20着。仕事が終わってからでもなんとか間に合う出発時刻。着いてしまえばあとはホテルで寝るだけなので楽ですね。乗っている時間は約3時間半。時差はたったの1時間。イギリスやカナダに行くことを考えれば、なんとまあ、近くて、体力的にも便利なところでしょう! 
 静岡空港はとても小さい空港なので、出国審査も、入国審査もあっという間に終わってしまいます。2時間前に行く必要もないくらい(^_^;) 4泊5日、国内旅行のような感覚ですが、私、台湾は初めて。実はとってもわくわくしていました♪
 利用したのはチャイナ・エアライン。機内食も想像したよりおいしかった!



 今回はツアーなので、桃園空港ではガイドさんが出迎えてくれて、車でホテルへ直行。ああ、なんて楽チンなんでしょう。空港そばのホテルで一泊し、翌朝からいよいよ、紅茶に関する場所を巡ります。
 まず向かったのは、台湾最大といわれる陶器の里・鶯歌(イングー)。19世紀初め頃から陶磁器の製造や販売が盛んだった街だそうです。「鶯歌陶瓷老街」には50以上ものお店が並んでいて、よりどりみどり、おまけに安い!ということで、楽しみにしていました。





 閑散としているのは、まだオープン時間には早かったため(爆)。にぎわうのはやはり土日で、土日なら早くから開いているようですが、平日は気分次第らしく、1時間半くらいの自由時間があったものの、オープンしたお店はほんのちょっとでした…(>_<)







 陶器の町らしく、ベンチや公園の壁などに、陶器が埋め込まれています。街歩きもしたかったけれど、日本でも大寒波が来ていた時期、台湾も寒かった!!おまけに雨…。お茶会用に欲しい茶器もあったので、とにかく開いているお店を片っ端から見て回りました。
 でも、考えてみたら、私、中国茶器の良し悪し、まったくわからないんでした…(-_-;) 値段の相場もわからない…。英語が通じないお店もけっこうあるし…(;O;)



 時間はどんどんなくなっていくし、焦りながらもなんとか、いくつか購入。クレジットカードが使えないお店がけっこうあり、それも焦りました(~_~;) 
(旅行記はつづく)

 買ってきた茶器と台湾茶数種類を、お菓子と一緒に、まったりと味わうお茶会を開催させていただきます♪
1回目
2018年3月4日(日) 14:00~15:30 残席1
2回目
2018年4月1日(日) 14:00~15:30 残席4

場所:ラ・アンジュさんの予約制サロン(浜松市南区飯田町。マックスバリューのすぐそばです。ご参加者に詳細をメールします)
定員:各回5名(予約制)*男性1名でのご参加は申し訳ありませんがご遠慮させていただいておりますm(__)m
参加費:2,000円
駐車場3台(出来る限り乗り合わせでお願いします)
お申し込み:私・奥田まで。

【お知らせ】
内部ブログが完成し、お引越ししました! http://mikiokuda.com/
上記URLを新たにお気に入りにご登録くださいませm(__)m

インスタグラムやっています。フォローお願いします(^◇^)気軽な投稿はインスタのほうが頻繁です~***

***フェイスブックはこちら。***






最終更新日  2018.04.23 10:49:00
[おでかけ日記(海外)] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


アン大好き★

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.