3009852 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おクルマドットコム・ブログ

PR

全115件 (115件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

JZS161アリスト

2018.07.24
XML
普段乗らないんですが

アリストのエアコンをリフレッシュしておこうかな!

使うのはこのエアコンガスクリーニングマシーンとメタライザーACです。



しばらくメタラーザーACは使ってなかったな~

そろそろエアコンのコンプレッサーも修復しておかないと





エアコンガスクリーニングマシーンを使って

エアコンガスをすべて回収して、不純物と水分を除去してから

車に規定量充填とともに、メタライザーACも同時充填します。

後はエンジン回転を3000回転にし、10分間保ちます。

これでエアコンのコンプレッサーの内部の摩擦部分の修復はOKです。

アイドリングでも低圧が2.6キロ、さすがメタライザーAC効果はスゴイです。

修復前は3.3キロだったので、チョットお疲れのエアコンコンプレッサーでしたが

見事復活しました。

アイドリングでもメチャ冷えるようになりました。

それとエアコンガスクリーニングやガスチャージをした場合

必ずエアコンのコンデンサーは高圧洗浄して

汚れを落としましょう。

コンデンサーの熱交換機能が回復するだけでも

エアコンの効きは変わりますからね!

特に今年の夏は、異常なほど暑いので

エアコンの性能を新車時に近付けた方がイイですよ。






Last updated  2018.07.24 21:30:14
コメント(0) | コメントを書く


2018.06.04
車が古くなると、イロイロありますね!

今回はエンジンを掛けようと

キーをひねったら、パキッ・・・音とともに

手にイヤな感触が

キーを見てみるとやっぱりだ~

キーの樹脂部が割れました。

ウ~ンやばい・・・

とっても回し辛いです。

キーの根本って、すごい力が掛かるから

普通の接着剤程度じゃ、すぐ壊れちゃうんだよな~

とりあえず新品注文するかと思いましたが

ディーラーさんで注文すると

キーが内溝タイプになると

2万円近く掛かるので

今回は、長野県にあるキー専門店に発注しました。

発注時にキーナンバーを添えて注文すると

内溝タイプでも、正確にカットしてくれます。

さて新しいキーが来るまでは、接着剤で接着して

なんとか持たせようとしましたが

次の朝、キーをひねると

やっぱり粉砕しました。だよね~

ここは、接着剤とビニールテープでグルグル巻きが正解かな

で3日後に来たのがコレ

ブランドSilca(イタリア)社のブランクキーです

中国で作られていますが、品質管理レベルはイタリヤなので

高品質ですよ。



中のトランスミッターを新しいキーに

移植すれば、元通りに使えるようになります。

壊れたキーはこんな感じ



21年間ありがとうございます。お世話になりました。




新しいキーにトランスミッターを移植

ちょっとツヤがないのと、キーの裏に

トヨタマークがありませんが

全く問題なく使えます。

今回は、5000円でお釣りがくるぐらいの

金額でできました。

同じようにキーが割れて壊れて困っている方は

たくさんいると思います。

キーナンバーが分かる方は、このメーカーがオススメです。

キーナンバーが分からない方は

確認方法はあるのですが

セキュリティー上、ブログに書く訳にはいかないので

控えさせていただきます。






Last updated  2018.06.06 12:43:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.25
アリストですが、さすがにそろそろ新品交換しないと

壊れそうなパーツが

ラジエ―ターも21年経っているので




ということで今回はエンジン前回りの交換をすることに

交換するパーツがコレです。



デカイ箱がラジエーターです。

次にタイミングベルト、テンショナー、アイドラプーリー、ウォ―ターポンプ


次にタイミングベルトをやるときには

必ず交換しておいた方がイイのが、カムシールとクランクシール

そして1JZと2JZの壊れる定番のクランクプーリーです。

あとはどのエンジンも必ずオイル漏れを起こす

カムカバーのパッキンも交換です。



ラジエーター、電動ファンを外して、エンジン前回りをバラして

新品のウォーターポンプとカムシールとクランクシールを新品にします。

タイミングベルトを交換するなら、必ずこの3点も一緒に交換しましょう。

特に、カムシールとクランクシールは何百円のパーツですが

それだけを交換するためには、めちゃ工賃が掛かるので

タイミングベルト交換時には一緒に交換しましょう。





1JZと2JZエンジンは、クランクプーリーにゴムのダンパーが入っているため

経年劣化でこのゴムダンパーが壊れ、プーリー部が外れ、

ファンベルトが回せない状態になってしまい、

走行不能になってしまうので、クランクプーリーは定期交換部品だと思ってください。

一般走行で10年10万キロかな

70スープラの1JZエンジンの場合サーキットを走るので

5万キロで新品交換しています。

アリストの作業が終わったら、70スープラもエンジン前回り

新品交換しますけどね。

ということで残りはカムカバーのパッキンを新品交換して




スーパーLLCを入れ、エアー抜きをして作業は終了です

これで、不安要素は無くなりました、まだまだ乗れます。






Last updated  2018.05.25 22:48:08
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.02
雪の日に大失敗してしましました。

前回の雪の日に

デフロスターをかけエンジンを掛けっぱなしに・・・

通常、デスロスターにしても

フロントガラスの曇り止めとして

フロントガラスを暖め、曇りを取るだけなのですが

フロントガラスに傷等があると

外気との温度差で、ガラスにヒビが入ることがあります。

温度差としては80度以上になると

ヒビが入ってしまうことが増えるんです。

今回仕事が忙しく

エンジンを掛けて1時間

気付いたときは、遅かったです。

ワイパーを動かしてみると

なんだか見たことがない模様が

あッ・・・・フロントガラスに、

ヒビが入っていました。

しまった~、やってしまった~と

後悔しても、もう遅いですね

今回、新品ガラスに

交換することになりました。

アリストのフロントガラスが

こんなに高いとは(汗)

でも、フロントガラスに大幅に

ヒビが入ったら安全面を考えたら

新品に交換するしかありません。

ということで、新品フロントガラスに

交換しました。



フロントガラスを新品交換したら

撥水剤を塗らないとね。

もちろん傷も無いので!

それにしても、アリストのフロントガラスって

値段が高いのにはビックリ

車検代をはるかに超える金額でした(涙)






Last updated  2018.02.03 07:46:20
コメント(0) | コメントを書く
2017.12.20

先日70スープラも160,000キロを突破して

続いてアリストも、160,000キロに到達しました。



拡大するとこんな感じ



エンジンもまったく問題なく

静かです。

これもメタライザーのおかげですね。

メタライザーの使い方は、ほんの少し知っておかないと

いけないことがあるので、こちらを参考にしてください

コチラから​>>メタライザーの能力を最大限に引き出す方法

アリストの乗り始めはボディー剛性がもう少し欲しかったので

サイドシェルに発砲ウレタンを注入したり

その後は、直巻きロングスプリングの車高調を入れて

記事はコチラから​>>JZS161アリストに車高調取付

乗り心地と、コーナーリングを確保し

エンジンは、ブーストコントローラーと

サブコンでセッティングして

430PSぐらいで楽しんでいたんですが

ATが滑り始めて、やはり400PS対応の

ATだったのね~ということを学習をし

メタライザーPROを使って、ATの内部を修復後

ブーストを下げサブコンのセッティングをして

380PSに抑えて、今に至っています。

ボディーのメンテナンスは

ツヤにおいては前々から気になっていた

ピカピカレインアルティメイトを施工してあります。

値段は高いですが、ガラス成分80%の実力は

凄いです。

始めて施工したのは、レクサスLSなのですが

磨いた後にアルティメイト・ピカピカレインを施工後、

今まで見たことのない、このツヤには、驚きました、

これがガラス成分80%の実力か~って

驚きを隠せませんでした。

レクサスLSに施工した記事は

コチラから​>>最高峰のボディーコーティング剤

その他、アリストには、ヘッドライトの純正HIDを

取り外し、LEDバルブキットを取り付けています

LEDバルブキット取付記事は

コチラから>>アリストの純正HIDロービームをLEDバルブに変更

フォグランプは、55WのHIDキットを入れてあります。

記事はコチラから>>​アリストフォグ55WのHID化







Last updated  2017.12.21 07:58:32
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.23
HB4用のHIDキットです。



色は4300ケルビン、純正色です。

ファッション的には6000ケルビンの方が

白くて見栄えはイイのですが

ここは雨の日でも見やすい、4300ケルビンにしました。

太陽光に近い色なので!



取付は簡単なので、というより付くようにしか付かないので

取付の写真はパスで(笑)

フォグランプの外し方を知りたい方は

コチラの内装、外装のばらし方DVDがあれば

動画で詳しく説明してくれます。車種別にありますよ!

愛車のDVD動画を持っていると

バルブ交換等は、自分でできるようになるので

作業料(工賃)を払わなくて済みますよ!

コチラから⇒車の内装・外装の外し方、ばらし方DVD動画

さて今回取り付けた、HIDキットは

55Wです。通常は35W

さすがに35Wの1.5倍の明るさがありますね!

とても走りやすくなりました。



値段も安いのでオススメですよ!

立ち上がりも早く、気に入りました。






Last updated  2017.11.23 00:48:48
コメント(0) | コメントを書く
2017.11.15
JZS161アリスト号

これだと整備不良車じゃん(泣)

しばらくすると、点灯するんだけど

後付けHIDのバラストが寿命をむかえたみたい。

まあ安物なので、良く持った方かな

ということで、今回LEDバルブに変えようと

思いましたが、高効率のLEDバルブが

ヒートシンク一体型なので

実はアリストターボのフォグの右側

インタークーラーがかなり厚いので

フォグランプの後ろ側にスペースがありません(汗)

IPFのHB4バルブを付けようと思いましたが

インタークーラーにヒートシンクが当たり

付かない~(泣)

なら昔ながらの、バラスト別体の

LEDバルブを探したけど

もうそんな仕様は無いようです。

こうなると高効率LEDバルブは

選択できないので、

LEDチップがたくさんついている

バルブ交換タイプにするしか

選択の余地がありません。

イロイロ調べたあげく

バルブ交換タイプでCREEチップのLED採用で

評価が高かったので、これにしました。

続きはコチラ⇒​バルブ交換タイプのHB4LEDバルブ

といってもこのLEDバルブ

H8、H11、H16、 HB3にも対応するけどね

一つだけ気になることがあるんだよな~

アリストのフォグランプって、ガラスレンズで分散するタイプ

今時のバルブは当然マルチリフレクターで

光のコントロールを設計しているので

どうなんでしょう?

もしかしてメチャ光が分散するような気がするんだよな~

ダメだったらHIDにするしかないけどね(汗)






Last updated  2017.11.17 21:53:22
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.20

アイドリングで変な振動が???

エンジン回転を上げても

振動はおさまらず、ということは

電動ファンじゃん

調べてみると

運転側の電動ファンが、振れている

エンジンを止め、調べてみると

電動ファンにガタが・・・

あちゃ~、随分値段の高いパーツが

壊れる寸前という訳です。

これは交換しないといけないね。

以前両方、ファンモーターは新品に交換したけど

また寿命が来たみたい。

今回は片側のモーターのベアリングが壊れる寸前で

ファンが回りだすと

前後に揺れ、振動がおきてしまっているようです。

パーツを注文して来ましたが

やはり高いパーツですね(汗)

28000円という価格

まあこれ以上ガタがでると

ファンがラジエーターに当たり

もっとお金がかかってしまうので

ここらで修理をしておかないと

さらにお金がかかるので(汗)

来たパーツがコチラ

アリスト クーリングファン2.jpg

品番はコレです

アリスト クーリングファン3.jpg

交換は難しくないけど、チョット面倒かな

LLC[を多少抜いて、ラジエーターのアッパーホースを外して

アリスト クーリングファ4ン.jpg

電動ファンを外します。

アリスト クーリングファン1.jpg

下側のモーターのリヤベアリングが壊れて

ガタが出ていました。

ファンを外して、モーターを交換して

アリスト クーリングファン5.jpg

新品モーターと交換です

アリスト クーリングファン6.jpg

ビス3個を外せば、モーターは交換できます。

アリスト クーリングファン7.jpg

あとは分解の逆の作業をして

アリスト クーリングファン.jpg

LLCのエアー抜きをして

作業完了です。

作業終了後、変な振動は無くなりました。

まさか電動モーターが定期交換部品になるとは

高い出費でした(泣)







Last updated  2017.09.20 23:53:47
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.12

アリストのヘッドライトAssyを送って

板金工場にお願いして特注で作ってもらいました。

そんなのやったことがないよ~って

社長さんから言われましたが

ヘッドライトレンズの外し方を教えて

あと中身を分解するのは、

付くようにしか付かないから

バラしていけばいいだけなので

そしてヘッドライト内部をブラックメッキに

塗装してもらい、コレやはりプロの仕事ですね

仕上がりは、素晴らしいです。

ということで、無理を言って

かなり時間が掛かり、工賃も高かったですが

納得のいくヘッドライトを完成させて頂けたので

お支払を済ませ、ヘッドライトを引き取りに

ウ~ン、さすが塗装歴40年以上の経験者は

違います。

本当は黒70が挑戦しようと思いましたが

ここまでの仕上がりは今の経験上では無理です。

実は何度か挑戦しましたがブラックメッキが

キレイに仕上がらなかったんです(汗)

そこで、塗装のプロにお願いした訳なんです。

純正HIDバーナーに不満を覚え

LEDバルブにしたまでは良かったんですが

どうしてもヘッドライトの古さが隠せないな~

ということで、今回ヘッドライトを今風に

できないかな~と思い

ようやく完成しました。

新品の半額ぐらいの価格が掛かりましたが

そこはワンオフの楽しみがあるので

まずは交換前のヘッドライト

アリストヘッドライト

完成したのがコチラです

アリスト特注ヘッドライト

ブラックメッキがイイ感じで、仕上がっていて

満足の1品です。

ウインカー内部のオレンジカバーも外して

今風に仕上げてもらいました。

バルブはオレンジLEDバルブなので

ということで、純正HIDから、

LEDヘッドライトに変更はこれで完成です。

知り合いの板金塗装の社長さんに

今回のヘッドライトの作成でノウハウが

できたんだから、新たなサービスとして

加えてみたらいかがでしょうか・・・

という提案をしてみましたが

保険がきかないから、板金工場ではね~と

断られました。

確かにそうだけど

車を長く乗っていると、ヘッドライトの不満が出てくるし

それなりの需要は見込まれるんだけど

新品を買うには高すぎる、でも半額で・・・

そこで商売が成り立つと思うんだけど

今回の黒70のように、不満があるから

不満を解消するために、お金を使うんだよね。

自分でできない事は、出来る方に対価を払って

やってもらう、これ普通のビジネスだと思うんですけど

ウ~ン、需要があるのにもったいないな~

な~んて思ってしまう黒70でした。

今回は不満だったHIDを外して

LEDのヘッドライトにしました。

選んだLEDバルブはコレ



明るさはHIDの10%アップぐらいですが

物体の見え方は、まるで違います

さすが、みんカラでNO1になっただけのことはあります。

HIDバルブに不満をかかえている方には

おすすめのLEDヘッドライトバルブです。

もちろんカットラインもしっかり出ますよ!






Last updated  2017.09.12 23:13:37
コメント(0) | コメントを書く

頼んでいたアリストのヘッドライトが来たので

取付です。

知り合いの板金塗装の社長さんに

中古のヘッドライトを渡して

ワンオフで作ってよ~って頼み込んで

ヘッドライトを分解して

内部塗装をお願いしておいたんだよね。

ヘッドライトレンズだけの新品は出ないので

レンズは磨きをかけてもらい

クリア塗装をしてもらいました。

内部は、ブラックメッキで仕上げてもらい

レンズをコーキング、防水加工して出来上がったよ~って

連絡が、

お~思った通りの仕上がりで大満足

さすが塗装のプロですね。

ということで、交換したら

写真をアップしますね。

交換前の写真です。

アリストヘッドライト

 

 

 







Last updated  2017.09.12 07:43:41
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全115件 (115件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.