292296 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 予約設定で自動化すれば習慣化する ・こうなりたいと望んでいる習慣は定着せ…
小二津健葉@ 物語は鑑賞も創作も面白い 【筋が通っていて人気が高い物語】 ・人気…
小二津健葉@ 目標設定のため現実的な選択肢を提示する ・身の回りを整える。自分の現在地を知る…
小二津健葉@ 金使わない趣味をもつ …最近浪費癖が激しい。金がすぐ無くなる。…
小二津健葉@ 余力は残しとく。保身は最低限だけ。3点該当。 ・自分だけのために頑張れる性格じゃない…

Headline News

2015.04.20
XML



 おはようございます。何かしら組織で活動するとき方針が明確になっていれば、あとはそれに則って各々が考えながら相談しながら動けるようになるのではないかと考えているO・D・Oです(^_^ゞ
 今回は、NBAのチームのスローガンについて書かれた記事を紹介させていただきます
\(^o^)/

Warriorsのロッカーに掲げられたスローガン/宮地陽子コラム
 今シーズンのレギュラーシーズンを首位で通過したゴールデンステイトのチームのスローガンです。
「mUSt be jUSt about US」
 記事の中でも書いてますが、直訳すると
「大事なのは"自分たち"だけであるべきだ」
となります。
 このスローガンの文字を見ると「US(私たち)」を大分強調しております。とにかく「チーム第一」で考えよう、という意味が込められていると考えられます。
 それが顕著になっているなと思える事は、実績のあるベテラン選手が『ベンチスタート』すなわちスタメンから外れて途中出場の役割を受け入れた事だと思います。
 選手としてはスタメンとして試合に出たいと願望はあると思います。しかしベンチスタートの役割も、時にはスタメン以上に重要な役割になる場合も多いです。
 試合展開が悪い場合、その流れを変えられる選手がベンチに複数いると非常に心強いです。実際、優秀なベンチメンバーが多いチームは優勝が狙える程に強いチームが多いです。
 選手一人一人が各々の役割を理解し、その役割を果たせるなら、今回挙げたゴールデンステイトのチームみたいに組織として強くなるのではないかと思いました(^^)d

 今回の記事はこれで終わりに致します。
読んでいただきありがとうございましたm(__)m

できる会社の社是・社訓(新潮新書)-【電子書籍】






Last updated  2021.08.27 22:57:15
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.