000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 備品エリア・勉強場・休息スペース …部屋の機能性を明確にしよう。大まかに備…
小二津健葉@ 備品エリア・勉強場・休息スペース …部屋の機能性を明確にしよう。大まかに備…
小二津健葉@ 段階を踏んで主張を伝える ・まずは端的にこちらの主張や意見を言う…
小二津健葉@ サボったら土夜&日朝で整える …部屋の整理整頓や掃除は金夜or土朝にやる…
小二津健葉@ 金夜or土朝に整理整頓掃除を! …心地よく寛ぐには部屋を整えることだ。休…

Headline News

2015.04.23
XML
カテゴリ:・古典

墨子よみがえる-【電子書籍】

 こんにちは、O・D・Oです(^^)。今回は中国古典"墨子"の『兼愛説』についていろいろ考えていこうと思います。
 兼愛説とは何か?「人を差別せず、互いに認めあえば、混乱を救うことが出来る」という内容です↙️
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【天下の人を憎み(悪み)て人を賊する者を分名せんに、兼か別か、すなわち必ず別なりといわん】
👇
「人を憎んだり不利益を与える行為は、『別愛(差別的に接する)』から生じるのか?それとも『兼愛(平等に接する)』から生じるのか?言うまででもなく『別愛』から生じる」

…人にはどうしても好き嫌いがあり、相手によって態度を変えたりしてしまいます。
 ただ、偏り過ぎてしまうと相手に憎まれたり不利益を与えてしまったりしてしまうので、物事を客観的に見る姿勢は大事ですね( ̄^ ̄)

【言いて兼を非とし、択べばすなわち兼を取る、これ現行払るなり】

「『兼愛』に対して反対意見を言いながら、何かを託す時は『兼愛』の者に頼む。これは矛盾している」
…これは、批判者に対する皮肉です。言っている事とやっている事が矛盾してないか、と。恐らく☝の言葉を言われた批判者は何も言い返せなかったのではないかと思われます(^-^;。
 多くの人が"兼愛説"に対し「言っている事は正しいが、広大すぎて実践出来る訳がない」と批判してましたが、墨子は「心掛けて次第では誰にでも実践できる」と返答。その主張を一切曲げません。

【万方罪あらば、すなわちわが身に当る。わが身罪あるも、万方に及ぼすなかれ】

「天下万民に罪があったとしてもそれは私の罪である。私を罰しても天下万民を巻き添えにしないでくれ」
…これは、著者の墨子が『湯王』の祈祷文(紀元前に湯王が桀王を滅ぼしたときに誓った言葉とされているものです)に記録されたものを引用したものです。
 王様になる人の言葉は凄まじいですね(((^_^;)。とにかく『自分自身』に求める姿勢が(^o^;)
 王様がその心構えだと、ついてくる人は多数出てくると思います。「この人についていけば安心だ」と信頼されるだろうなぁと思いました。

【言としてむくいざるはなく、徳として報いざるはなし。われに投ずるに桃をもってせば、これに報ゆるに李をもってせん】

「言葉には言葉を、徳には徳を、人が『すもも』をくれたら私も『すもも』を与えよう」
…これは、墨子が『詩経』という古典書の『大雅篇』から引用した言葉です。簡潔に言うなら、与えられたら与え返そう、という意味になるかと思います。恩には恩を、って感じですね(^-^)/
(逆に、『仇には仇を』では宜しくないと思っています(((・・;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
…以上、墨子の兼愛説の一部を紹介しました。
 これを読んで思ったのは、よほど「強い人」でなければ実践は難しいだろうなぁと思いました(ーー;)
 人を平等に観るには自身がもっている偏見や主観をある程度無くさなければ、知らず知らずの内に『別愛』に陥り相手を見誤ってしまうと思います。
 先ずは姿勢が大切です。少しずつでも客観的に平等に物事を観れる様になっていければと思ってます(^.^)

 今回の記事はこれで終わりに致します。
読んでいただきありがとうございましたm(__)m

参考資料↓

中国の思想5 墨子 新装改訂増補版 【中古】afb






Last updated  2018.05.27 06:54:46
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


兼愛説は強者の思想   黒霧呑兵衛 さん
・兼愛説とは、人を差別せずに互いに認めあえば混乱を救うことが出来ると説く墨子の信念。
・別愛…差別的に接する。
・兼愛…平等に接すること。
「人を憎んだり不利益を与える行為は別愛から生じるのか?それとも兼愛から生じるのか?」
・人には好き嫌いがあり相手により態度を変えるのはごく自然なこと。
・ただ、偏り過ぎてしまうと相手に憎まれたり不利益を与えてしまったりしてしまう。
・物事を客観的に見る姿勢が大事。
「兼愛に対して反対意見を言いながら、何かを託す時は兼愛の者に頼む。これは矛盾している」
・これは批判者に対する皮肉。言っている事とやっている事が矛盾してないかと言っている。
・多くの人が"兼愛説"に対し「言っている事は正しいが広大すぎて実践出来る訳がない」と批判していた。
・墨子は「心掛けて次第では誰にでも実践できる」と返答。その主張を一切曲げない。
「天下万民に罪があったとしてもそれは私の罪である。私を罰しても天下万民を巻き添えにしないでくれ」
・これは湯王が残した祈祷文、紀元前に湯王が桀王を滅ぼしたときに誓った言葉とされているものである。
・王になる人の言葉は凄まじい。自分自身に求める姿勢が厳格だ。
・王の心構えがあれば付いてくる人が多い。
・この人についていけば安心、と信頼される。
「言葉には言葉を、徳には徳を、人が『すもも』をくれたら私も『すもも』を与えよう」
・詩経の大雅篇から引用した言葉。
・与えられたら与え返そうという意味。
・恩には恩で報いる。
・仇には仇は宜しくない。
【兼愛説は強者の思想】
・墨子の兼愛説は、よほど「強い人」でなければ実践は難しい。
・人を平等に観るには自身がもっている偏見や主観を抑えること。
・知らず知らずの内に『別愛』に陥ると相手を見誤る。
・まずは姿勢が大切。少しずつでも客観的に平等に物事を観れるようにしよう。 (2022.02.12 17:42:32)


© Rakuten Group, Inc.