293399 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 安泰な限りは頑張れる New! ・滅びるまで頑張るとは、国や社会情勢が…
小二津健葉@ 引退するまでは頑張る New! ・権利を失うまで頑張るとは、年齢や法令…
小二津健葉@ 居場所を失うまでは頑張る New! ・倒産するまで頑張るとは、組織が破綻す…
小二津健葉@ 戦力外通告を受けるまでは頑張る New! ・クビになるまで頑張るとは、戦力外通告…
小二津健葉@ 日頃は身体作り。ブログは書きたい放題。 New! ・もっと広く世の中を知っておいた方がお…

Headline News

2015.08.27
XML
カテゴリ:・NBA観賞

自信は「この瞬間」に生まれる【電子書籍】[ 柳沢幸雄 ]
 おはようございます。称号や名誉などを与えられた人は案外そこから おのれ を知る事もあるのではないかと思っているO・D・Oです( ・ε・)
 称号や名誉を与えられれば「世間的に認められた」事になり、それによって自身の観られ方を知る事にも繋がります。もし世間的に称賛されれば、その人は今までの行動に自信を持てる様になり益々その認められた取り組みに励むようになります。
 勿論、その称賛のされる時には「言行一致」である必要があります。「言行一致」の上での称賛であれば、その行動には自信や誇りを持って宜しいと考えています。
…さて今回は、NBAのレギュラーシーズン終了後に優れた選手に贈られる「個人AWARD」について紹介いたします👇
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【MVP~most valuable player~】
2014~2015シーズン受賞者:Stephen Curry選手
 そのシーズンで最も活躍した選手に贈られる賞で、選手の個人賞としては最高の賞であります。個人成績が優れている事は勿論、チームをトップクラスの勝利数に導く働きをした選手が受賞します。
 昨シーズンMVPを受賞したStephen Curry選手は、ゴールデンステイトWarriorsを球団史上最多勝利数の67勝に導く活躍をしていきました。

【新人王~rookie of the year~】
2014~2015シーズン受賞者:Andrew Wiggins選手
 そのシーズンで最も活躍した新人選手に贈られる賞です。此方の賞に関しましては、チームの勝利数よりも個人成績が重視される傾向にあります。
 昨シーズン新人王を受賞したAndrew Wiggins選手は一年目から82試合全てで先発出場を果たし、新人選手の中でトップの16.9得点の平均得点を記録しました。

【最優秀守備選手賞~Defensive player of the year~】
2014~2015シーズン受賞者:Kawhi Leonard選手
 そのシーズンで最もディフェンスに優れた選手に贈られる賞です。ディフェンスとは数字で表れにくいため、そのスキルの優劣の判断基準が難しいところです。
 昨シーズン受賞したKawhi Leonard選手はスティール(ボールを相手から奪う事)の平均数でNBA全体トップの数字を残しました。また、Kawhi Leonard選手が出場する事によってサンアントニオSpursの失点数を大幅に抑えられる事が数字によって証明され、それが認められた結果受賞する事となりました。

【6thマン賞~sixth man award~】
2014~2015シーズン受賞者:Louis Williams選手
 そのシーズンで最も活躍した控え選手に贈られる賞です。優秀な控え選手がいるチームは大抵の場合強く、受賞する選手がいるチームは強豪である場合が多いです。
 昨シーズン受賞したLouis Williams選手は試合に途中出場してから抜群の得点能力を発揮し、トロントRaptorsが二年連続でAtlanticディビジョン最高勝率をマークする事に貢献しました。
 その実績が認められ、来シーズンからロサンゼルスLakersでプレイする事となりました。

【MIP~most improved player~】
2014~2015シーズン受賞者:Jimmy Butler選手
 そのシーズンで最も成長した選手に贈られる賞です。個人成績を残す事は勿論、チーム内の役割が前シーズンと比べて大きくなって、その期待に応えた選手が受賞します。
 昨シーズン受賞したJimmy Butler選手は、「先発選手の一人」から「チームのエース」に成長し、チームの先頭に立って率いていきました。

【最優秀コーチ賞~coach of the year~】
2014~2015シーズン受賞者:Mike Budenholzer氏
 そのシーズンで最も優れたヘッドコーチに贈られる賞です。この賞は前評判を覆して大きく飛躍したチームのヘッドコーチが受賞するケースが多いです。
 昨シーズン受賞したMike Budenholzer氏は就任して僅か2年でアトランタHawksを東地区トップ勝率にまで導きました。

【Executive of the year】
2014~2015シーズン受賞者:Bob Myers氏
 そのシーズンで最も優れたチーム編成をしたGM(ジェネラルマネージャー)に贈られる賞です。基本的には、トップクラスの勝率を収めたチームのGMが受賞する場合が多いです。
 2012年からゴールデンステイトWarriorsのGMに就任したBob Myers氏は、チームの内情を見抜いた上で的確な人事を行いました。その結果、ゴールデンステイトWarriorsは見事優勝を果たす事が出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
…という事でNBAの個人AWARDの紹介をして参りました。
 NBAには他にも様々なAWARDがあり、『All-NBA team』というモノもあります。この賞は「最高の活躍をした選手5名」がポジション別で選出されます。次回のNBA記事では2014~2015シーズンの『All-NBA team』に選出された選手5名についてそれぞれ紹介したいと考えておりますので、もし興味が御座いましたらぜひ読んでみてください。
 今回の記事はここで締めます。読んでいただきありがとうございましたm(__)m


Great Moments in Basketball History【電子書籍】[ Matt Christopher ]






Last updated  2020.10.18 10:04:38
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.