317315 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile

小二津健葉

小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Jeraldanact@ Проститутки метро Купчино Брат замминистра инфраструктуры Украины…
小二津健葉@ 怒と哀で地盤固め。喜と楽で大きく動く ・社会に臨むときは怒りと悲しみを内に抱…
小二津健葉@ 攻め備え。進み方一つで質が大きく変わる。 ・くだらないタスクを瞬時に済ますように…
小二津健葉@ 対応のレパートリーを広く持つ ・相手により対応を変える。最適な対応を…
小二津健葉@ 音楽・リンパ・12分・腰回り・脹ら脛・肩甲骨 ・リンパマッサージ 左鎖骨下→耳裏から首→…

Headline News

2015.09.25
XML

【特典のみ】【少佐 浅井真紀レリーフIII】HELLSING V DVD初回盤特典【中古】[☆2]
 こんにちは。漫画『HELLSING』に出てくる少佐の演説は、はたから見れば狂っているようにしか見えませんが、その場で聞いている者達からすれば感動的なスピーチに聞こえるんだろうなぁと思っているO・D・Oです(;゜゜)。
 また、NBAのチームの一つであるマイアミHeatの球団社長のPat Riley氏は巧みな話術によって選手達の心を掴み所属する球団を勝利に導いています。此方の主張を上手く伝えていく事はとても大事な事だと思いましたので今回は「此方の主張を伝える術(すべ)」について、『HELLSING』の少佐の演説を参照にして考察して参りたいと思います👇
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【此方の主張や意見を言う】
 先ずは端的に此方の主張や意見を言います。「こうやりたい」や「こう思う」など、先に結論を言う事によって、どの様な話をしていくか分かるようになります。

【具体的に伝える】
…やりたい事や思う事を伝えたら次にその事柄について具体的に伝えていきます。そうする事によって何故そうしたいのか理由が明確になり説得力を持たせる事が出来ます。

【相手に問い掛けてみる】
…一通り自己主張をしたら次は相手に問い掛けてみます。此方でずっと話し続けていても相手がその話に同意していなかったり興味がなかったりしていればそれは単なる「自己だけ満足」となってしまいます。相手に問い掛けて意見を聞く事によって漸(ようや)く会話が成立してきます。

【事実や見解を伝える】
…相手が話に乗ってきたのであれば次は現状について伝えていきます。自身の見解を伝えて現状を知る事により、今後どの様な事をしていけば良いか想像していく事が出来るようになっていきます。

【何をやっていくか伝える】
…現状が分かり今後どうしていくか想像出来るようになれば、相手に具体的な方針などについて話していきます。今後の方向性をお互いに認識する事によって何かしらの活動をする上でスムーズに事を運ばせる事が出来ると考えられます。
 段階を踏んで此方の主張を伝えていけば恐らく相手もそれに対して理解や共感が出来るようになるのではないでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
…という事で『HELLSING』少佐の演説の流れを参照にして「此方の主張を伝える術(すべ)」について考察して参りました。
 例えその主張や意見が的を得た良いモノであったとしても伝え方によって印象がガラッと変わっていきます。伝達手段は様々あるとは思いますが出来る限り印象の良い伝え方を心掛けていきたいですね(^^)d
 今回の記事はここで締めます。読んでいただきありがとうございました(^_^)/~~


スピーチの天才100人-【電子書籍】


成功する人の「語る力」英国首相のスピーチライターが教えるライティング+スピーチ【電子書籍】[ フィリップ・コリンズ ]


スピーチライター 言葉で世界を変える仕事【電子書籍】[ 蔭山洋介 ]


コミュニケーション, スピーチの“脳”力 アップを!-【電子書籍】


スピーチの奥義【電子書籍】[ 寺澤芳男 ]






Last updated  2020.10.18 10:00:27
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


段階を踏んで主張を伝える   小二津健葉 さん
・まずは端的にこちらの主張や意見を言う。先に結論を言えばどの様な話をするか分かる。
・やりたい事や思う事を伝えたら、次はそれを具体的に伝えていく。そうしたい理由を明確にして説得力を持たせる。
・一通り自己主張をしたら次は相手に問い掛けてみる。こちらでずっと話し続けても相手がその話に興味がなければ単なる自己だけ満足。相手に問い掛けて意見を聞けば会話として成立する。
・相手が話に乗ってきたら、次は事実や見解を伝える。自身の見解を伝えて現状を知れば、今後どうしていけば良いか想像させられる。
・現状を知り、今後どうしていくか想像出来るようにしてから、相手に具体的な方針について話す。今後の方向性をお互いに認識すれば、今後の活動をスムーズに運ばせられる。
・段階を踏んで主張を伝えれば相手も理解や共感が出来るようになる。 (2022.06.24 22:09:27)


© Rakuten Group, Inc.