316518 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile

小二津健葉

小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ お互い余裕綽々を目指す。 New! ・モチベーションが上がらないと悩んでい…
十万字論肇@ 節約、身体ケア、部屋整頓 New! 《節約、身体ケア、部屋の整頓》 ・内を固…
小二津健葉@ 歩いて地元を知る ・住宅地、商業圏、工場地帯、観光地、農…
小二津健葉@ 肩甲骨ストレッチ ・身体のサビが取れている感覚がする。イ…
小二津健葉@ 生命力と精神力。フィジカルとメンタル。 ・リズミカルな曲調が脳内で再生されると…

Headline News

2018.05.21
XML
お早ぅー御座います。「全力」とは、考え得る"全て"の事柄を完遂させることだと解釈しているO・D・Oです( ・ε・)

全力で生きる技術【電子書籍】[ 棚橋弘至 ]
…ただ、全力を出すって、言葉で言う程カンタンじゃ無いのですよσ(^_^;)?。実際にやってみると、どうしても「保身に走る」時が出てくるのです(ーー;。まぁ、それは仕様が無いです(^^;。だって、本当に「全力」を出しちゃったら、体調を崩すか燃え尽きてしまうからです(・・;)

EMOTION the Best あしたのジョー2 DVD-BOX 2 [DVD]
 それでも、人間社会で生きていると、どうしても「自分の"限界"以上」に挑まねばならん時が来るのですよ(¬_¬)。そんな時、日々『全力』で頑張っていれば、少しずつ"自分の限界"の上限が上がってくるのです( ・`ω・´)。何故なら、人は学び、変わっていくからです。そして適応し、皆を引っ張っていく(^_^)v。

組織を変える〈常識〉 適応モデルで診断する【電子書籍】[ 遠田雄志 ]

行動探求 ー 個人・チーム・組織の変容をもたらすリーダーシップ【電子書籍】[ ビル・トルバート ]
 基本は、誰でも何でも出来るのです。何故ならば、「だって、人間だもの( ・ε・)」。単に人は『自己概念』による思い込みにより、自分自身に制約を設けているだけなのです(¬_¬)

【人間だもの(縦書)】書道家が書く漢字Tシャツ おもしろTシャツ 本物の筆文字を使用したオリジナルプリントTシャツ書道家が書いた文字を和柄漢字Tシャツにしました☆今ならオリジナルTシャツ2枚以上で【送料無料】☆ 名入れ 誕生日プレゼント 【楽ギフ_名入れ】 pt1 ..

[新訳]荀子性悪説を基に現代人にこそ必要な「礼」と「義」を説く【電子書籍】[ 守屋洋 ]
「人は、頑張って学べば成長する」
これは、俺自身の人生経験から得た教訓であり、古典『荀子』の"勧学篇"にも此の様に書かれていますよ、「学ぶ者は人間である」と。反対に、学ばない者は「モンキーなんだよーッ!」​とも言ってます(-_-;)

ジョジョの奇妙な冒険 150ピースミニパズル ディオ・ブランドー 150-419
…まぁ、人の成長の特効薬は僅かしか無いと思います。1日1日、コツコツと少しずつ成長させるしかないのです、自分も相手に対しても。1日頑張って漸(ようや)く一歩、1日サボれば"停滞"では無く『退化』です。それは何故か?時間が経った分だけ、年齢を重ねているからです。だから、1日で一歩、自分を進ませていくのが「当然」であり、「当たり前」であり、「普通」なのです( ・ε・)。サボれば退化しますよ。

あなたの年齢は「意識」で決まる【電子書籍】[ ディーパック・チョプラ ]
 1日1日を『全力』で生きる。今日1日を全力で生きたら、その成長は"一歩分"進んだ事になる。その『全力』を毎日コツコツ実践していけば、気付けば「凄い事を当然の如く成し遂げる人」に成長しているのですよ(¬_¬)。どんな"凄い人"でも、基本はコツコツ積み重ねているのです。知識や情報、ノウハウやモノの使い方など、様々な「生きる知恵」を積み重ねているのですよ。

『当たり前』の積み重ねが、本物になる 凡事徹底 前橋育英が甲子園を制した理由【電子書籍】[ 荒井直樹 ]

弱者の勇気小さな勇気を積み重ねることで世界は変わる【電子書籍】[ 栗城史多 ]

積み重ねる生き方 〜空海に学ぶ自分の人生に満足する法〜【電子書籍】[ 中村太釈 ]
「毎日を全力で生きる」
これを具体的に実践していくには、きっちり予定や計画を組み立てる事です。"何"を"どの様に"積み重ねていくか、それを予(あらかじ)め考えておき、明らかにしておくのです。日々を「計画的に全力で生きる」ことで、順調に無理なくコツコツと成長させていけると考えています。それを、いますぐにでも実践していきます( ゚Д゚)ゞ
ここまで読んで頂き有り難う御座いました( ・ω・)ノ

【"全力"電子書籍】

ひとりぼっちを全力で楽しむリア充に負けない22の人生戦略【電子書籍】[ 地主恵亮 ]

全力委員長 1【電子書籍】[ のしお ]

全力中年 遅咲きの花が咲き続ける理由【電子書籍】[ 藤田寛之 ]

女性として今どう生きたらよいかー元日航国際線スチュワーデスの体験記 夢、仕事、結婚、家事、子育て…何にでも全力投球【電子書籍】[ 大坪志保枝 ]

2018.12.16
 その時の目的を達成させる為にアクションを起こすか否か。それだけで、今後の人生に大きく影響を与える。単純に、何も動かなければ"0(ゼロ)"である。では、アクションを起こせば"1"となるのか?そうとは限らない。思い通りの結果が出なければ、それは"0.5"なのかもしれないし、場合によっては"0.1"でしかないかもしれない。それでも、動けばプラスにはなる。何も動かずに後悔するよりはマシである。問題は、それを続けられるかどうかである。もし、何かしら目標を期限付きで設けていたとしたら、何もアクションを起こさなかった場合は次の日以降に負担をかける事となる。もし、期限が2日だとしたら、初日にサボれば2日目に2倍の量を終わらせなければならない。そうなった場合、そりゃもう憂鬱だ。続けたくなくなるだろう。まぁ、たとえ初日にある程度終わらせたとしても、それはあくまでも「計画通り」であって大した事ではないと思ってしまうだろう。人が変わる時ってのは、何かしら感動や衝撃があった場合に限る。その切っ掛けも、やはり動かなければ出会えない。サボるのは簡単、いつでも出来る。その場で必要と感じる物事を終わらせるのは、その場限りにチャンスがある。必要と感じた時にすぐ動けるか?それが、自分の将来に大きく影響を与える。

2018.12.17
一言「疲れ」と言っても、その疲れが取れる事などあるのだろうか?「疲れ」と言っても、それはその人の捉え方次第なのではないかと思う時がある。
じっとしてても埒が明かない。休んでても時間が過ぎるだけ。完全回復を期待しても無意味。気が済むまで休もうとしていたら、ずっと休む事となる。休むにしても、時間は決めるべき。

2018.12.18「向き不向きは思い込み」
苦手意識は歩みを止める。たとえ不向きと思っていても、それに対して敢えて踏み込む意気込みは必要。人間、やれば出来る。やってみたら案外出来る事が多い。苦手意識が歩みを止めるのだ。0(ゼロ)と1は大違い。1は偉大だ、本人にとって。1を積み重ねる習慣さえ身に付けば、成長は普遍的なモノと認識していけるようになる。

2018.12.22「日進月歩」「自分事に興味を持つ」
日々の積み重ねが将来を形作る。日々怠けていれば、それ相応の未来を迎える。何も成長しなければ、歳を重ねる毎に社会から取り残される。世間は冷たい。誰もが自分や自分達の事で精一杯。赤の他人に構う訳がない、利益が生じない限りは。だからこそ、自分の事は自分で処理すべし。自分事を処理する習慣は日々培っていくべし。自分事にもっと興味をもとう。今の生活がどの様に成り立っているのか、最低限知っておくべきだ。案外、今の生活が成り立っている仕組みを完全に把握している人は少ないのではないか?全てを知るとなると、きめ細かく幅広く知識が無ければ把握出来ないだろう。何となく生活が成り立っている状態は不安だ。その生活が瓦解したとき、その後生きていくのに苦労するだろう。楽するには知る事だ。知識を増やして理解するのだ。理解力を高める為には、やはり勉強する習慣を身に付けるべきだ。ほら、荀子も言っているじゃないか、「学ぶ者は人間であり、学ばぬ者は禽獣である」と。勉強や学習は、何も机に突っ伏して書き事をする行為だけを指している訳では無い。自身で経験した事を振り返って次に生かすのも立派な勉強である。勉強の積み重ねが、自分自身の武器となって楽に生きる為の糧になる。積み重ねないから、何も理解出来ずにずっと路頭に迷うのだ。そうなるのも、やはり自分事に興味を持たないからである。もっと自分自身に興味を持って良いのではないか?もっと自分の人生に気を配っても良いのではないか?楽観的に環境に甘え続けていけば、その環境と共依存の関係に相成る。共依存は楽な関係だ。だが、個人にとってはその環境に適応するよう強いられ、自主性や自由を自分の手で無くしてしまうのだ。自主性のある自由な日々は、苦しくても楽しいそうだ。自由も自主性も無い日々は退屈だ。やがて苦痛を感じて逃げ出したくなるだろう。…まぁ、自主性のある自由な生活にも困難や苦しみはある。だが、一つ一つを積み重ねれば、やがて自分にとって大きな財産を築けるだろう。経験・知識・ノウハウは自分にとってのデカイ財産だ。
とにかく、いま出来る事は今しか経験出来ないんだ。一つ一つを丁寧に完璧を目指して済ませ続けていけば、自ずと境遇にも変化が生じてくる…と信じたい。

2018.12.22「準備で決まる」
さて、全力で日々を生きると決意したとしよう。だとしてもだ、何の道標も無しに全力前進しようとしても徒労に終わるだけだ。全力前進する為にも、先ずは進むべき道を明らかにする。何がしたいのか?それが分かるだけで自ずと意欲が掻き立てられていく。不安や迷いが無ければ処理も早くなる。決断や行動が早ければ短い時間で多くのタスクを処理出来る。指針は重要。目指すゴールがあって初めて前に進める。
計画や準備に時間をかける必要は無い。ただ、自分が次に動ける状態を作り上げておくのが大事。納得するまで、計画を練り上げ、準備を磐石にしよう。






Last updated  2020.10.18 09:33:00
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


プロは万人受けに徹する   小二津健葉 さん
…プロとは、オフィシャルでフォーマルな存在だ。だからこそ、模範になるような言動を心掛ける必要がある。つまりは万人受けだ。万人といっても、正しい模範生とでも言っておこうか、誰にでも受け入れられる者というわけではない。その人の言動が一つの指針になるような感じだな。人々の批評を気にして信念なく言動をコロコロ変えるのではない。信念を持った言動で人々の模範になれる者がプロなんだ。数十億も人がいたら善人も悪人も無数にいる。無闇に万人受けを狙っても意味がない。人々には好き嫌いがある。好き嫌いも表裏一体なところがある。全員に好まれようとしても無茶である。だからこそ信念が要る。模範となる言動を意識すること。それがプロである。プロは徹するんだ。皆の模範になれるような、それこそ万人受けするような模範生に徹するのがプロなんだ。 (2022.06.18 05:02:12)


© Rakuten Group, Inc.