000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】My HABIT's 備忘録

PR

X

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

びずぼう@ 労力 と 時間 の使いかた ・労力と時間を巧く使おう ・無駄なことは…
健葉Kojitsu@ 楽しむことはできる。知れば楽しくなる。 やりがいなんて存在しない。チャンスを待…
びずぼう@ 覚悟・努力・工夫、そして習慣 …覚悟を決める。年齢は関係ない。覚悟を決…
びずぼう@ 覚悟を決め、一新させる …生まれ変わらないとな。気持ちも心も精神…

Headline News

2018.06.01
XML
お早ぅー御座います。結局は『発信力』がある人が、その場を支配するのだろうと考えているO・D・Oです( ・ε・)。たとえ、幅広い見識を持ち、博学だったとしても、それを"活用"しなければ宝の持ち腐れです。必要な時に「蓄えた知識」を披露しなければ、それは"知識が無い"と同義です。何故なら、「発信」していないからです(-_-)。発信し、実際に具現化されて初めて「理解している者」と認識されるのです( ̄^ ̄)

「発信力」の磨き方 現状理解編上場企業、外資企業のトップを務めた経営者が説く【電子書籍】[ 上田昌孝 ]
 たとえ、知識が豊富でなくとも、堂々と発言していると、何だか「いろいろ知っている人」と相手は認識します。逆に、知識が豊富にあっても、自信無さげにボソボソと言っていると「あまり知らないのかな」と相手は認識してしまいます。

雄弁術ーー堂々と説得しながら相手に心服される話し方【電子書籍】[ 箱田忠昭 ]
 発言の仕方は人それぞれです。性格も出ます。そして、発言方法は何度もやらなければ身に付きません。発言する機会が何度もあれば良いのですが、環境によっては機会が少ない、限られたケースも多いです。その場合、どうするか?やり方は幾(いく)つかあります。

任せる技術【電子書籍】[ 小倉広 ]
 一つは誰かに任せる方法です。上司とか「発言力がある人」に言ってもらう方法です。それが出来れば、自身の案を相手に伝え易くなります。しかし、その方法が出来るのも『今』だけです。いつかは、自ら発言しなければならない時期が来ますので、その時に備えて常日頃から準備しておく必要があります。

NHK 趣味どきっ!(火曜) あなたもカラオケマスター 心をふるわせる8つのボーカルレッスン 2017年12月〜2018年1月[雑誌]【電子書籍】
 発言の表現力を鍛えるのであれば、カラオケで歌唱力を養うのも一つの手です。「声を出す」点では共通していますので、歌唱力が鍛えられれば自ずと発言力も養われるのではないでしょうか。…まぁ、効果が有る無い関係なく「声を出す習慣」はあった方が良いです。声帯も筋肉なので、使っていないと衰えてしまいます。適度に「声を出す」習慣付けはあった方が良いです。

シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える【電子書籍】[ Robin Williams ]
 あとは、資料を作成して相手に見てもらう手段もあります。資料として読んでもらえば、話の大筋を相手に理解してもらえます。そして足りない所だけ口頭で伝えれば良いのです。
 資料を作成して渡す方法は、口下手な人や、頭の中を整理するのが苦手な人にお勧めです(^^)d。実際、僕も口下手で頭の中の整理が苦手なモノでして_(^^;)ゞ
 そして資料として残しておくと『記録』になります。人は、口頭だけだと忘れ易いのです。資料として残しておけば、記憶を思い出すキッカケとなります。それに、「百聞は一見に如かず」。一目で何を伝えたいか判れば、伝達がスムーズにいきます。ですので、資料を活用した伝達方法はお勧めです(^^)d

プレゼン資料作成のツボとコツがゼッタイにわかる本【電子書籍】[ 奥秋和歌子 ]
…ここまで書いた事を纏(まと)めると、相手にコチラの主張を発信する手段は主に3つです↙️
・委託→誰かに代わりに伝えてもらう
・発言力を鍛える→話す表現力を鍛える
・資料を渡す→分かり易く纏め読んでもらう
 相手に発信する方法は、他にも様々あります。
発信する目的は、あくまでも「相手にコチラの意図を伝えること」です。伝わって初めて、次のアクションが起こせます。

自分の意図したほうへ、人を動かす心理テクニック!【電子書籍】[ 束矢 宇吉 ]
 相手に伝える表現方法は無限大に存在します。日々、工夫と研究を行い、相手に伝わる発信方法を養っていきたいです(^o^)

 今回の記事は以上で締めます。ここまで読んで頂き有り難う御座いました(*゚∀゚)ゞ

【"発信"電子書籍】

閉塞感のある君へ。こっちへおいでよ。 人とつながって情報発信するコミュニティ型生き方の秘訣【電子書籍】[ 湯川 鶴章 ]


かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール【電子書籍】[ 仲島 ちひろ(箱庭) ]


ソーシャル時代の ブランドコミュニティ戦略つながる、発信する、共に創るためのプラットフォーム構築法【電子書籍】[ 小西圭介 ]


SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方【電子書籍】[ ゆうこす ]


コメントする力情報を編集×発信する技術【電子書籍】[ 竹田圭吾 ]






Last updated  2018.06.01 08:01:06
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.