193613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】My HABIT's 備忘録

PR

X

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

健葉Kojitsu@ 完き人とは"常識人"、偉き人は"変態" New! 「完き人とは『常識人』であり、それと比…
健葉Kojitsu@ 芸術の評論家 New! ・多数が「素晴らしい」と思う事を評論す…
びずぼう@ 何とかなるし、何とかする ・無理だと思った事でも、やってみたら案…
びずぼう@ そこにある。ここにいる。やるしかない 「そこにある。ここにいる。やるしかない…
健葉Kojitsu@ まずは薬膳を知ろう ・本だけ読んでもいまいち分からない ・薬…

Headline News

2018.08.18
XML
テーマ:生き方上手(637)
カテゴリ:日常日記
もし、相手を変えたいと願うなら、先ずは自ら手本を見せる意気込みで、我が習慣を変革するが宜しい。

ワークスタイル変革価値を生み出し、生産性を高める新しい働き方【電子書籍】[ 鵜澤慎一郎 ]
 相手への不満や文句は大抵、そっくりそのまま自分へ返ってくる。相手の言動で「嫌だなぁ( ´△`)」と思う事は、だいたい自分自身もやっている(^_^;)。思い当たる節があるからこそ感情が芽生える。相手の嫌な一面が見えたならば、自分が"正しい"と思うやり方を「手本を見せ付ける」意気込みで実践するのだ。そして、もし相手が自分のやり方を真似し始めたら"しめたもの"、少しずつ伝播していき、軈(やが)て文化となって浸透していく。もし、相手や風土を変えたいならば、自ら率先して変わるべきである。それが一番、手っ取り早くて楽(ラク)な方法だ。

【百聞は一見に如かず(縦書)】書道家が書く漢字Tシャツ 本物の筆文字を使用したオリジナルプリントTシャツ書道家が書いた文字を和柄漢字Tシャツにしました☆今ならオリジナルTシャツ2枚以上で【送料無料】☆ 名入れ 誕生日プレゼント 【楽ギフ_名入れ】 pt1 ..
 だいたい、今現時点で関わりがある人達って「自分と似たり寄ったり」の人なんですよ。結局は、自分と同人格の人としか巡り会えない仕様になっているのですよ、この世の中は(; ・`ω・´)。憧れの人とか理想的な人格者に巡り会うには、自分も彼らと同人格にならないといけないんですよ( ゚ 3゚)。身の回りの奴等の文句を言っていても、それは単なる"甘え"で何の成長にも繋がらない(-""-;)。ま、その場に居座り続けたいなら話は変わるが(^o^;)。

人格力【電子書籍】[ 大川隆法 ]
 まぁでも、ずっと生きていけば年齢を重ねていき、その年齢となれば"相応"の考え方や価値観を身に付けるべきだと思うんですよ(。-ω-)。だって嫌でしょ、40代になっても自分の我が儘が通らないと駄々こねるオッサンとかいると( ;´・ω・`)。そんなみっともない姿を晒したいなら話は変わってくるが、大抵の人は恥を晒したくないと願っている筈です。時間が経過する毎に人は年齢を重ねていくのですよ(¬_¬)。それを意識せずに漠然と日々を過ごしていると、あっという間にオッサンおばさんの領域に達するのです。日々後悔せず全力で生きている人なら言うこと無しですが、もしも何も考え無しに流されて生きていくと、後で後悔しますよ( ´-ω-)。今出来る事は、今しか出来ないのです。それを1つずつ丁寧に仕上げていきたいです(-_-)

あなたの年齢は「意識」で決まる【電子書籍】[ ディーパック・チョプラ ]
 もし、身の回りの人と共により良い方向へと"本気で"変わりたいと願うならば、1度口論するのも良い手ですよ(・ω・)。それはもう、お互いがお互いを罵り合う口論です(^_^;)。一見、その場の雰囲気を最悪にする手段に見えるかもしれませんが、手っ取り早く課題点を明らかに出来ますよ(^.^)。まぁ、その口論する相手選びは慎重にすべきですが(^^;。どんな人が口論の相手に適しているか?常日頃から文句や不満を言っている人が良いですね(^^)d。とにかく「相手の揚げ足を取る」つもりでズゲズゲと罵るとドンドン問題点が出てきますよ(¬∀¬)。なんせ揚げ足は無限大に存在しますから(((^^;)。よく「喧嘩するほど仲が良い」とか「喧嘩した後は仲良くなる」とか言われていますが、それはお互いに気持ちが通い合っているからです。喧嘩は一見"悪"に見えますが、問題解決の為に争う必要がある局面って出てくると思うのです。そんな時に備えて、日頃から『喧嘩慣れ』しておくのも良いかなと思ってます(^.^)

喧嘩の勝ち方〜喧嘩に負けないための5つのルール〜【電子書籍】[ 佐高信 ]
…まぁ、喧嘩はあくまでも『劇薬』程度に考えておいた方が良いです(^-^;。やり過ぎると「メンドーな奴」と思われて相手にされなくなりますから( ´゚д゚`)アチャー
他にも「身の回りの同人格な人達」と共に成長する手段はあります。
基本的なやり方は、先ずはコチラなら心を開き、相手の本音を引き出し、その心理を読み取った上で、自分の哲学を相手にぶち込む手法です。コチラから心を開くとは「先に"自己紹介"をする」と言いましょうか、「俺はこんな奴」と先に示すことを指します。たいてい、名も顔も分からぬ見ず知らずを相手にすると、話し掛けるのを躊躇する人は多いです。ならば、先にコチラから"自己紹介"をして相手を安心させるのです。そうすると、相手も徐々に心を開いてくれます。心を開いてくれたら、段階を踏んで本音を話すようになっていきます。「これは本音かな」と思ったら、そこからその人格を考察していきます。何となく人格が分かってきたら、今度は相手の行動を予想してみます。「こういう時は、こういう心理になって、こう動く」と予想してみるのです。より具体的に相手を理解してきたら、次は"どう教えるか"考える。伝え方により相手はコチラの主張に納得します。納得すれば言動に変化が生じます。本人からすれば少しの変化だったとしても、周囲からすれば大きな変化に見えるのです。こうして少しずつ、その場の文化や雰囲気も変わっていくのです。

記憶に残る自己紹介とは?【電子書籍】[ 足立明穂 ]

本音に気づく会話術【電子書籍】[ 西任暁子 ]

本音を見抜く心理学【電子書籍】[ 齊藤勇 ]
『身の回りは自分と同人格』
相手の嫌な所は"自分への戒め"とし、相手の良い所は素直に認めて"自分なりに真似る"と宜しい。そして考え方が深まって良い人格者となれば、今後出会う人々も同等の人格者となり得ます。日々、相手を観察しながら自分を知り、嫌な点は改めて良い所を吸収していければ良いなぁと思っています( ´△`)。ここまで読んで頂き有り難う御座いました( *・ω・)ノ

作るポジティブ。口癖で人格だって変えていける。今すぐ実行できる3つの魔法の言葉とハーフフルの法則。【電子書籍】[ 村岡あさ ]

再発見 日本の哲学 和辻哲郎 人格から間柄へ【電子書籍】[ 宮川敬之 ]

道徳教育と特別活動ー豊かな人格の形成をめざして【電子書籍】[ 遠藤昭彦 ]

人格系と発達系 〈対話〉の深層心理学【電子書籍】[ 老松克博 ]






Last updated  2020.10.18 09:30:12
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.