187320 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】My HABIT's 備忘録

PR

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

こもろう@ 具体的に起きた後の行動を決めておく New! ・起きた後の行動を具体的に決めておく ・…
こもろう@ "常識人"を目指す異端児 ・常識人を目指す異端児。響きが良い ・極…
健葉Kojitsu@ 薬膳料理を作って食す習慣 ・薬膳料理について勉強しよう ・作ってみ…
こもろう@ 自由には結果を、役割には進捗を ・自由にやらせているなら、より結果を求…
こもろう@ NBA記事ローテーション ・1日1記事、NBAの記事をUPしようかな ・…

Headline News

2020.11.18
XML
カテゴリ:・NBA
ーーーーーーー過去の記事ーーーーーーー
【NBA】クリポーの1年~食管理&コミット~
ーーーーーーー過去の記事ーーーーーーー
…NBAの2019-2020シーズンで、再建モードと思われたオクラホマシティThunderをプレイオフに導く原動力となったChris Paul。過去の記事にも書いていたが、そのコミュニケーション術を改めてまとめてみた。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
・2016年以来となるオールスターチームに選出されたとき、彼はコーチングスタッフ全員に会って、彼らの努力に直接感謝の気持ちを伝えている
・彼は、ロッカールームでも、円陣でも、コート上でも、飛行機の中でも、バスの中でも、チームメイトの近くにいるときはいつでも、彼らを盛り上げ、指導し、あるいは単にジョークを飛ばしていた
・同じポジション(PG)3人体制をうまく機能させるために、その状況を受け入れなければならなかった
・彼は、最初は1人の人間として、二人の同ポジション選手に絶えず働きかけた。そして次第に、PG3人体制は自然になっていった
・自分がボールを持つ時間が短くなるとわかっていながら、ポールは自分と同じPGたちとの絆を深め、全員の力を最大限に活かせるようにまとめあげた
『迷ったときは、話し合う』Chris Paulが従っている徹底的なコミュニケーションの信条である
・彼は、コート上でも外でも、絶えず話し、手助けし、ゲームに関わっていた
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

…とにかく、自ら積極的にコミュニケーションを図り、少しずつ全員との絆を深めていった、ということだろう。特に、同じポジションのShai Gilgeous AlexanderとDennis Schroderとは密にコミュニケーションを図り、困難だと思われたPG3人体制を上手く機能させた。
 昨シーズンのオクラホマシティThunderは若手選手が多かった。それが、チームが低迷すると評された大きな理由だ。それに、当初Chris Paulは、優勝を狙えるチームへの移籍を希望していると目されていた。しかし、Chris Paulは移籍希望を出すことなく、自身の役割を受け入れ、チームを勝利へと導いたのだ。そして再び、Chris Paulは"ポイントゴット"と呼ばれる程のリーダーシップを、一年を通じて再び証明してみせたのだ。
 マイアミHeatのJimmy Butlerも、若手中心のチームをNBAファイナルまで導いたが、そのやり方は、自ら試合や練習への取り組む姿勢を実践してみせ、それにマイアミの若手達が賛同した、という感じだった。オクラホマシティThunderのChris Paulの場合は、持ち前のコミュニケーション力とリーダーシップを発揮し、皆を導いた感じだな。どちらのケースでも、たとえ経験が浅い若手が多かったとしても、強力なリーダーがいれば化ける可能性がある、ってことだ。マイアミHeatではBam AdebayoやTyler Herroが、オクラホマシティThunderではS.G.AlexanderやLuguentz Dortなどが特に成長した。もちろん、各々の努力による成果ではあるが、彼らを導くリーダーシップに影響を受けたことも大きな要因だろう。

『チームケミストリー』
それ如何により、前評価とは全く違う結果になる。それが、NBAの面白さの一つと言える。Chris PaulやJimmy Butlerなど、彼らのリーダーシップや取り組む姿勢は、実生活でも参考になるのではないか。今後も引き続き、観ていくことにしよう。

【オクラホマシティThunderの面々】

・Chris Paul


・Shai Gilgeous Alexander


・Dennis Schroder


・Luguentz Dort


【追記】トレード成立
・Chris PaulがフェニックスSunsへトレード
・Dennis SchroderがロサンゼルスLakersへトレード
…どうやら、オクラホマシティThunderは、本格的に再建モードへ舵をきることにしたようだ。この2件のトレードにより、多くの若手とドラフト指名権を獲得する見込み。
 Chris Paulは、プレーオフ争いで大躍進したフェニックスSunsへ移籍。スターター4名を残すことに成功し、来季は注目チームへと変化しそうだ。久々のプレーオフ進出ができるか、期待が高まる。
 Dennis Schroderは、連覇を目指すロサンゼルスLakersに移籍となりそうだ。攻撃的なスタイルがLeBron JamesやAnthony Davisとマッチすれば、ロサンゼルスLakersはしばらく安泰だろう。






Last updated  2020.11.18 00:31:01
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.