188067 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】My HABIT's 備忘録

PR

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

健葉Kojitsu@ リフレッシュ方法を見出だす New! ・自分なりのリフレッシュ方法を見出だす…
びずぼう@ 【精神論】労働と休憩(平日) New! ・油断して、嘗めてかかって手を抜いてい…
びずぼう@ 未熟は過去へ、未来は力強く! ・未熟だった己とは"おさらば"…
こもろう@ 具体的に起きた後の行動を決めておく ・起きた後の行動を具体的に決めておく ・…
こもろう@ "常識人"を目指す異端児 ・常識人を目指す異端児。響きが良い ・極…

Headline News

2020.11.22
XML
カテゴリ:・NBA
…11月16日の選手補強の解禁日以降、様々なトレードが成立した。それらをまとめてみた↓。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NBA 2020オフシーズンまとめ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔サンズ⇔サンダー〕
■サンズ獲得
(狙い:リーダーの獲得)
・クリス・ポール
 G 35歳 185cm/79kg
・アブドゥル・ネイダー
 F 27歳 196cm/102kg
■サンダー獲得
(狙い:若返り化)
・リッキー・ルビオ→ミネソタ
 G 30歳 190cm/86kg
・ケリー・ウーブレイJr.
 F 25歳 201cm/92kg
・ジェイレン・レック
 G 20歳 193cm/83kg
・2022年のドラフト1巡目指名権
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…1年通じてリーダーシップを発揮したクリポーは、今度はフェニックスSunsでその力を使うことになった。
 オクラホマシティThunderは、有望な若手を増やして、本格的な再建に移る…が、昨年も同じことを言われて予想外のプレーオフ進出を果たしたチームだ。若返りを図りつつも、チームの土台を磐石にしようとしている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔バックス⇔ペリカンズ〕
■バックス獲得
(狙い:戦力増強)
・ドリュー・ホリデー
 G 30歳 190cm/93kg
■ペリカンズ獲得
(狙い:ドラフト指名権)
・エリック・ブレッドソー
 G 31歳 185cm/97kg
・ジョージ・ヒル
 G 34歳 190cm/85kg
・将来のドラフト指名権×3
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…プレーオフ二回戦敗退のミルウォーキーBucksは、大黒柱のGiannis Antetokounmpoを助けられるベテランを獲得。エースの負担を軽減させ、今度こそファイナル進出を果たせるか注目だ。
 ニューオーリンズPelicansは、着々とロスター整理を進めている。若手を中心に基盤を作り、長年の強豪化に向けて歩み出している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〔バックス⇔キングス〕
■バックス獲得
(狙い:戦力増強)
・ボグダン・ボグダノビッチ
 F 28歳 198cm/99kg
■キングス獲得
(狙い:若手獲得)
・ドンテ・ディビンチェンゾ
 G 23歳 193cm/92kg
・アーサン・イリャソワ
 F 33歳 206cm/106kg
・DJ・ウィルソン
 F 24歳 208cm/104kg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…ミルウォーキーBucksは更に、シューターとして活躍したBogdan Bogdanovicを獲得。攻撃オプションが広がり、チームのオフェンス力が高まった。
 サクラメントKingsはおそらく、Bogdan Bogdanovicが無償に出ていかれるのを防ぐために、最低限若手を獲得したかったのだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レイカーズ⇔サンダー
■レイカーズ獲得
(狙い:戦力増強と若返り)
・デニス・シュルーダー
 G 27歳 185cm/78kg
■サンダー獲得
(狙い:ドラフト指名権)
・ダニー・グリーン→76ersへ
 G 33歳 198cm/97kg
・2020年のドラフト1巡目指名権
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…ファイナル制覇を成しとげたロサンゼルスLakersは、攻撃型ポイントガードのDennis Schroderを獲得。Danny Greenとは別タイプの選手ではあるが、チームの戦術とピッタリはまれば、数年間はAnthony Davisとともにチームの中核を担えるだろう。
 オクラホマシティThunderが獲得したDanny Greenは、その後再びトレードに出されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブレイザーズ⇔ロケッツ
■ブレイザーズ獲得
(狙い:戦力増強)
・ロバート・コビントン
 F 30歳 201cm/94kg
■ロケッツ獲得
(狙い:ドラフト指名権)
・トレバー・アリーザ
 F 35歳 203cm/97kg
・2020、21年のドラフト1巡目指名権
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…プレイオフ進出を果たしたポートランドTrail Blazersは、エースガードコンビを支える選手としてRobert Covingtonを獲得。3&Dスタイルは、ガードコンビとの相性は良いだろう。
 チーム解体の危機に立たされているヒューストンRocketsは、ドラフト指名権を獲得して戦力の無償放出を防いだ印象を受ける。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シクサーズ⇔サンダー
■シクサーズ獲得
(狙い:シューター獲得)
・ダニー・グリーン
 G 33歳 198cm/97kg
・テレンス・ファーガソン
 G 22歳 198cm/86kg
■サンダー獲得
(狙い:ドラフト指名権)
・アル・ホーフォード
 C 34歳 206cm/108kg
・今年のドラフト二巡指名権(バシリイェ・ミチッチ)
・将来のドラフト一巡指名権
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…二人のエースを助ける選手を狙ったフィラデルフィア76ersは、Lakersの優勝に貢献したDanny Greenを獲得。だいぶ年齢はいっているが、その3&Dスタイルは二大エースを大いに助けるだろう。
 オクラホマシティThunderは、再びドラフト指名権を獲得。自前の指名でチーム作りをするスモールマーケットは、将来に向けて着々と準備を進めている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シクサーズ⇔マーベリックス
■シクサーズ
(狙い:シューター獲得)
・セス・カリー
■マーベリックス
(狙い:戦力増強)
・ジョシュ・リチャードソン
・今年のドラフト2巡指名権
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…76ersは更に、高精度のシュート力をもつSeth Curryを獲得。Ben SimmonsとJoel Embiidを中心としたチーム作りは順調に進んでいる。
 もし、Josh Richardsonが2年前に見せた活躍をするならば、ダラスMavericksはこのトレードの勝者となるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ホークス⇔ピストンズ
■ホークス
(狙い:ベテラン獲得)
・トニー・スネル
■ピストンズ
(狙い:センター獲得)
・ドウェイン・デッドモン
・カイリー・トーマス→解雇
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…若手が多くて将来が楽しみなアトランタHawksは、控えでもスタメンでも対応できるTony Snellを獲得。ロッカールームで頼りになるベテランの需要は近年高まっている。
 デトロイトPistonsは、Blake Griffinの相棒候補としてベテランセンターを獲得した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ウルブズ⇔サンダー⇔ニックス
■ウルブズ獲得
・リッキー・ルビオ
・ジェイデン・マクダニエルズ(ドラフト28位)
■サンダー獲得
・ジェームズ・ジョンソン
・アレクセイ・ポクシェフスキー(ドラフト17位)
■ニックス獲得
・レアンドロ・ボルマロ(ドラフト23位)
・イマニュエル・クイックリー(ドラフト25位)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…低迷から脱却したいミネソタTimber Wolvesは、3年前まで在籍していたRicky Rubioを連れ戻すことに成功。様々な経験を通じてたくましくなったPGのリーダーシップに期待がかかる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ネッツ⇔クリッパーズ⇔ピストンズ
■ネッツ獲得
・ランドリー・シャメット
・2020年ドラフト2巡目57位指名
・ブルース・ブラウン
■クリッパーズ獲得
・ルーク・ケナード
・ジャスティン・パットン
・2020年ドラフト2巡目55位指名
・2023年ドラフト2巡目指名権
・2024年ドラフト2巡目指名権
・2025年ドラフト2巡目指名権
・2026年ドラフト2巡目指名権
■ピストンズ獲得
・ジャナン・ムサ
・ロドニー・マグルーダー
・2020年ドラフト1巡目19位指名
・2019年ドラフト2巡目56位指名
 ジェイレン・ハンズの交渉権
・2021年ドラフト2巡目指名権
・金銭
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…ドラフト指名権が多く絡んだトレード。戦力増強は、ブルックリンNetsに移籍したLandry Shametと、ロサンゼルスClippersに移籍したLuke Kennardくらいかな。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…今回のところは以上。また移籍情報が出てきたら、随時投稿の予定だ。



バスケットボール 7号球 試合球(屋内用) オフィシャルNBAゲームボール NBA公認 オレンジ バスケ バスケット 74-569Z






Last updated  2020.11.23 06:12:13
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.