235045 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

X

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

黒霧呑兵衛@ 【メモ】俺なりの若者への接し方 ・若者と関わる機会が増え、よく「この歳…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】"やりました"なら使ってもいい 「"やる"と心の中で思ったとき…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】智恵/情愛/意思=常識三要素 【常識とは】 物事に対し奇矯に馳せず頑固…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】過去に縛られず素晴らしい未来へ歩む ・感謝する人物と尊敬する人物は別。 ・感…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】いかに楽しんで頼りにされるか ・いかに楽しんで頼りにされるか。 ・信頼…

Headline News

2020.12.20
XML
【"ビジネス"という言葉】
・ビジネスという単語は"魔法の言葉"
・気持ちが引き締まり、馴れ合いを防ぐ
・いかに成果を出すか。ビジネスという言葉は、それを思い出させてくれる。
・良い意味で壁を作れる。適度な距離感を保てる。ビジネスという言葉は、それを可能にする。

【オールタイムはどうか?】
 困った。何も成果が無い。途中で集中力が切れていたな。明らかに準備不足だ。いつ準備する?それもルーティン化だ。計画さえあれば右往左往しない。
 いっそのこと、オールタイムしてみるか。場所を変えれば、気分が変わって能率上がるかもね。
 考えるのは自由。職場だろうが家だろうが関係ない。ラクするために考えるんだ。局地的に集中が出来る状況にする。そのための計画なんだ
 オールタイムか。やってみるか。

【オールタイムで頑張ってみる】
・場所を変えても"一つ"に集中する
・就業中、休業中では考え方が違う
・起きている間はオフにしない
・オフにするのは、趣味の満喫中だけ
・昼間は活動、夜間は就寝。それ当たり前
・ずっと"一つ"に集中して"形"を作る
・形さえ出来れば、就業中だけで事足りる
・今年いっぱいには"形"を作る
・習慣化して"当たり前"にする

【集中して頑張れば"進化"する】
 自分で驚いた、やればできることに。集中していたから、ありったけの知識を駆使してサクッと対処できたよ。期限で区切り、集中して取り組むのが大事だな。
 何を頑張るか、それを決めるのが肝要だな。そして、何を求めているのか、それを察するのも大事だ。それでも、役割分担はしっかりやろう。
 役割を超えると、ムダな手間も増えるんだ。役割を明確に。役割外なら、声かけや後追いだけでも最低限やろう。

【仕事を"使命"といいかえてみる】
・仕事というイメージにやらされ感がある
・いっそのこと、高尚な"使命"といいかえてみるか
・言葉は"精神の糧"だ。言葉を変えてみれば、気持ちも変わるかもしれないな
・とりあえず、内心、仕事を"使命"と言い換える

【書く習慣、情報の集約化】
・オールタイムで励みたい。だが、ボーっとする
・頭の中が飽和状態だ。書いて整理しよう
・書く習慣(クセ)を身に付けよう
・情報は集約する。絞り込む
・情報は散乱させてはならない

【"やりがい搾取"に注意】
・ATBでは、やりがい搾取に注意だ
・残念ながら、ラクして良いとこ取りする輩(クズ)は、確かに実在する
・クロージングも、自らしっかりやろう
・代わりがきかない"人"になれば良い
・代わりがきかない仕事は、代わりがきくようにする

《オールタイムの条件》
・到達させる目標を明確にする
・ベストコンディションで挑む
・道のりを楽しみながら進める

【到達させる目標を明確に】
・何者になりたいんだ?その一点だ
・その目標次第で行動予定を決める
・自分の境遇や欲求に応じた目標設定を
・もし、ATBである必要があるなら、期限を決め、集中して取り組んでいく

【ベストなコンディションを維持】
・ベストなコンディションを維持しよう
・日々、最高なパフォーマンスを発揮する
・体調不良を言い訳の材料にしない

【道のりを楽しむ】
・目標達成までの工夫を楽しむ
・試行錯誤を楽しむ
・やり方は無限にある。時間は有限だ
・限られた時間で、テキパキ動くんだ


【"オールタイムビジネス"で検索して出た商品】

Lee Cooper リークーパー ロンドン発 ジーンズメンズ 腕時計 デュアルタイム ALLシルバー LC6295.330 ビジネス 男性 誕生日 お祝い ギフト クリスマス プレゼント






Last updated  2020.12.20 03:07:46
コメント(3) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.