261177 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

黒霧呑兵衛@ 高スペックだが空っぽな存在 New! ・自らの力で生き残って怒りを吐き出すよ…
黒霧呑兵衛@ 相手の立場や解釈を想定して伝える New! ・細かく情報を把握。皆に伝わるよう要点…
黒霧呑兵衛@ 素の姿で好き放題できる関係 New! ・欲浅き者は基本受け身だ。 ・滅多に自ら…
黒霧呑兵衛@ 12分ストレッチ/情報蓄積/8分ボクササイズ ・ストレッチ欠かさずやる。習慣化する。…
黒霧呑兵衛@ スマートな報連相は気分が良い ・話題は無闇に出さずに状況を察して適切…

Headline News

2021.01.26
XML
カテゴリ:・運営選手論
______BASKET COUNT_____
「俺がいなきゃ勝てないだろ」発言の真相
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄【2018/12/12】 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
…J.Butler がまだミネソタTimber Wolves に所属していた頃の逸話である。当時、チームメイトとの関係が上手くいかず、球団にトレードの要求をしていた。球団側も、J.Butler の要求に応えるため、トレード先を探していた。そんな時に起きた出来事だ。要約すると、以下の通りとなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・トレードされるのが分かっていたため、チームには帯同せず、一人で自主練をしていた
・すると、ミネソタのある人物が、チーム練習に参加するよう迫ってきた。始めは冷静に答えていたが、何度も迫るため火が点き、サードチームの一員として練習に参加する
「大人から大人に何かをしろなんて言われたら、そこで問題が生じる」
「周りには、絶対に良い考えだとは思わないと伝えたんだ。コートに立てば、自分の主張が正しいことを証明しようとするからね」
「その人物が自分に火を点けなければ、何事も起こらなかったんだ」
・反復練習に参加し、練習の最後に実戦形式になった
・J.Butler がいる3rdチームが、先発組を圧倒した
・その練習試合の最中、J.Butlerはシュートを1本しか打たなかった。アシスト・スティール・ブロックなどで3rdチームを勝たせた
・練習中、J.Butler はものを言い続ける。それはいつも通りのことで、「誰も自分には勝てない」とか「誰もガードできない」と普段から言っている。だが、今回はオーナーやマネジャーも見ていたから、騒ぎが大きくなってしまった
・その時、しばらくJ.Butler はバスケットボールをプレイしていなかった。それで感情的になってしまった
「決して正しい行動だったとは思っていない。だが、競いあっている時に自分を抑制することはできない。それが、ありのままの自分なんだ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…普段は冷静なJ.Butler も、一旦コートに出れば豹変したかのように激情を表に出してプレイする。その激情は、コートに立てば抑えることはできない。全身全霊をあげて挑むからだ。
 この記事では「彼の言動にも問題がなかったわけではないが、良くも悪くも、自分に正直な人間なのだろう。それが、バトラーの魅力でもある」と締めくくっている。
 ミネソタTimber Wolves ではうまくいかなかったが、マイアミHeat ではチームカルチャーにピタリとはまり、強力なリーダーシップを発揮していく。当時は『自分勝手な選手』と批判されていたが、今では『貪欲で強烈なリーダー』と絶賛されている。環境によって変わるものだね、評価も人も。
 もう一つ、この記事で気になったのが、練習試合では「シュートを1本しか打たず、アシスト・スティール・ブロックを決めた」ということだ。自らスコアリングをしなくても、試合をコントロールする術を知っているのだろう。チームメイトを生かし、ディフェンスでボールを奪い、再び状況に応じたアシストをしていく。それが出来るJ.Butler は、バスケットボールIQも相当高いのだろう。熱心に、真剣に取り組みながらも、どこか知性をも感じるのだ。ただガムシャラにやっているわけではない。優勝をするためにとうするか、それを考え、実践する力が、J.Butler にはあるのだ。
 個人的に思うのは、昨季にJ.Butler が成功した分、ミネソタTimber Wolves も負けていられない、ということ。この一件で、選手も球団もプライドをボコボコにされた。このままドアマットに沈んでいては面目丸潰れだ。当時、所属していた選手は何名かいる。その中には、オールスターにまで成長したKarl-Anthony Towns もいる。しばらくの間は、J.Butler とミネソタTimber Wolves の因縁にも注目したい。

Jimmy Butler (マイアミHeat)

Karl-Anthony Towns (ミネソタTimber Wolves)


【R3 .1 .26 時点の成績 by NBA.com 】
マイアミHeat

ミネソタTimberWolves

…今のところ、両チームともに調子は良くない。マイアミは東13位で、ミネソタは西15位で最下位だ。マイアミはまだ勝率に差がほとんどないからすぐ追い付けそうだが、ミネソタは徐々に離されている印象だ。両チームとも、まだ挽回の余地はある。今後の奮起に期待したい。


【送料無料+感謝祭★楽天P最大28倍】nike ナイキ 【メンズサイズ】 NBA Swingman Jersey (Miami Heat/Jimmy Butler/Red) スウィングマンジャージ ユニフォーム ジミー・バトラー



ナイキ Nike メンズ バスケットボール ドライフィット トップス【Jordan Minnesota Timberwolves Karl-Anthony Towns #32 Green 2020-21 Dri-FIT Statement Swingman Jersey】






Last updated  2021.08.27 23:16:27
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.