212569 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

X

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

こもろう@ 一つの物事に集中する 仕事に集中する。仕事関連の情報を集めて…
こもろう@ 楽しむだけ楽しむ 人生楽しんだ者勝ち。今一時に真剣に取り…
びずぼう@ 労力 と 時間 の使いかた ・労力と時間を巧く使おう ・無駄なことは…
健葉Kojitsu@ 楽しむことはできる。知れば楽しくなる。 やりがいなんて存在しない。チャンスを待…

Headline News

2021.02.18
XML
カテゴリ:日常日記
~~~~~~~~2020.11.09 22:24~~~~~~~~
【知らない楽しみは無限に】
・俺が知らない楽しみは無数にある
・過去に閉じ籠っても、楽しみを発見できん
・未知なる楽しみ。それが、俺の可能性を広げる
・良いと思ったら挑んでいくんだ
~~~~~~~~2020.11.09 22:24~~~~~~~~
…楽しみは無限。知らないことも無限にある。選択肢が無限にあることを認識している人は、どのくらいいるのだろうか。
 良いと思ったら飛び込む。その心意気が、楽しむフィールドを広げていくんだ。そして、その深みを知ったら、更に深みを目指して継続させていくんだ。学ぶことは、本来は楽しいものなんだ。愉快な活動なんだ。もし、苦しいと感じるならば、それは本意ではない証拠。その場合は、かんたんに逃げるのではなく、納得するまで"楽しんでみる"ことだ。やり方は無限にある。まだまだ、工夫の余地はあるはずだ。それを、先手先手で挑んでいくんだ。苦しみが長ければ長いほど、選択肢も絞られていくんだ。視野が狭くなっていくんだ。そうなる前に、早め早めに挑んでいく。先手必勝。逃げ切りでいいじゃないか。あとから挽回なんて、期待するもんじゃない。
 早め早めにスタートを切った人が、結局は一番"楽しめている"んだ。ま、それも、油断して堕落しなければの話だが。継続が大事。たとえ頭ひとつ抜けた存在になったとしても、まだまだ突き進む心意気が大切だ。もう、誰も追い付けないと思わせるほどに、ただ一人突っ走るんだ。突っ走りつつ、周りをも巻き込んでいくんだ。そうすれば、大きな事業を成し遂げられる。それは、大きな経験として、価値が高い"財産"となるだろう。
 知らないことは無限にあるんだ。たとえ、周りより少し知識と知恵があるからと言って、それにあぐらをかいていても何も得られない。世間に置いていかれるだけだ。世界は広い。世間も、思った以上に広いんだ。まだまだいける。誰かが言った。「頑張ることは、楽しむことだ」と。ならば、それを信じて、突っ走って巻き込んでいこう。

【"無知"電子書籍】


知ってるつもり 無知の科学【電子書籍】[ スティーブン スローマン┴フィリップ ファーンバック ]

問題解決のジレンマイグノランスマネジメント:無知の力【電子書籍】[ 細谷功 ]

ペトラルカ 無知について【電子書籍】[ ペトラルカ ]

無知なままだと損をする!ゼロから学ぶお金の話【電子書籍】[ ゼロから覚えるお金入門 ]






Last updated  2021.02.18 06:47:51
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


知れば知るほど楽しめる   健葉Kojitsu さん
・物事を知れば知るほど、分かることが増えて楽しくなる
・物事を知らないと、ただ漫然と不安感が増えるだけ
・人生は楽しんだもん勝ち。楽しみたいなら、物事を広く知るんだ。
・もし、興味が湧いたら、深く追究してみるとより楽しめる (2021.02.18 06:50:55)

家は休むところ   びずぼう さん
・外で働いたなら、家は休むところだ
・一人暮らしなら、その考えでいい
・二人以上なら、協同生活となる
・しばらく一人暮らしが続きそうだ。ならば、しばらくは「外で働いて、家で休む」でいいや (2021.03.30 07:42:16)

楽しむだけ楽しむ   こもろう さん
人生楽しんだ者勝ち。今一時に真剣に取り組む。一つ一つの瞬間を楽しむ。楽しんだ分だけ経験になる。苦楽は共に。たとえ苦しんでいても、その苦しみを乗り越えれば貴重な経験となって糧となる。それもまた楽しめる。苦労でひがむよりも、苦難のなかにも楽しみを見つける。鬱々ととどまっても何も始まらない。今一時を楽しむ。未来予定を楽しみに頑張る。頑張るとは楽しむことだ。楽しむことで知恵が出る。真剣にやれば楽しくなる。好循環か悪循環、2つに一つ。どちらかに転ぶ。悪循環の方が重力は強い。悪循環には陥りやすい。好循環は、意識して習慣化して常識となって生じてくる。自分自身をコントロールする。要点要点で自分をコントロールする。それ以外は習慣に準じる。習慣に準じれば気楽。心身共に負荷が少ない。意識のコントロールは要点だけでいい。一瞬でいい。あとはオートマチックだ。オートマチックでいられる時間を増やす。計画は大事。計画が苦手だ。目的が無いから、計画の知恵が湧かないのだ。向かう場所を明確にする。深く深く考える。書いて見て思い付いて書いて考える。自分自身に向き合う。自分自身の精神的欲求を探り当てたなら、計画を立てて動いて実現させてやる。精神的欲求に気付けば1割完成。計画を立てれば8割達成。最後の仕上げに実行で実現させる。人生それの繰り返し。怠ければ怠けたまま。怠けは無限沼だ。安全安心安楽の居場所にとどまれるなら怠けもかまわない。だが、安全安心安楽な場所など簡単には見つからない。それに、怠け極まれば欲望が生じる。ストレスフリーに過ぎれば冒険心が湧いてくる。ストレスフリーを目指してちゃんと休む時間も必要。休み中は怠けてしまえ。やるべきことを成したらサボってしまえ。そうやって精神状態を安定させる。頑張るときは頑張る。頑張るとは「全力で楽しむこと」だ。苦しんで無理矢理やることではない。真剣に向き合って全力で楽しむんだ。真剣に続けるのか?休みなく働けるか?楽しんで気楽に挑めば、熱中して疲れを感じない。ますます楽しくなる。そのスパイラルに入りたい。それには、自分なりの目標を掲げるのが大事。それが信念となる。揺るぎない信念は、人生を楽しむために必要な精神的要素だ。他人など気にしない。他人の意向なんて無視してしまえ。自分は自分。自分なりの楽しみ方、人生の楽しみ方を見出す。自分の人生の楽しみ方を知るのに、他人の目を気にしても仕方がない。傲慢になっていい。自分の人生に真剣に向き合いたいなら、もっと我儘に、もっと傲慢になっても良い。計画の段階なら、どんなに傲慢になってもいいんだ。自分本位、自分勝手、計画段階なら自由に考えればいい。そうやって、奥底に眠っている欲求欲望に気付ける。楽しそうならやってみろ。これからどんどん楽しんでいこう。 (2021.05.29 05:38:46)

一つの物事に集中する   こもろう さん
仕事に集中する。仕事関連の情報を集めて、仕事に活かす。そして実力を蓄えてますます頑張る。そんな理想を漠然と思い描いているが、未だ実現させようという気にはならない。真剣に向き合おうとしてない。休日はどっぷり休んでいる。何も考えず、ただボーッとして過ごしている。休むときは休む。それは大事。だが、仕事のやり残しなどでモヤモヤしてたら休むに休めない。落ち着きがない。だったら、短時間決着でちゃちゃっと終わらせて憂いを解消すればいい。時間かけようとするから動きたくないんだよ。5分でちゃちゃっと終わらせればいいんだ。そして、優雅な休みを送るんだ。気が済むまで休むんだ。といっても、怠けは無限沼だから、無期限に休むことが出来るんだな。休みたいなら休め。モヤモヤするなら動け。メリハリはっきりさせる。タスクは短時間で済ます。ダラダラやっても終わらない。期限決めてサクッと終わらせる。あとは趣味の時間に浸ればいい。趣味は多い方がいい。ストレスフリーになれる手段は多い方がいい。山登り・キャンプ・チャリ旅。最近はアウトドア系の趣味が多いな。ストレッチと筋トレで身体作りもしたいね。趣味に使命感は要らない。趣味はとことん楽しむことだ。ストレスフリーになれればいい。童心にかえる。趣味とはそんなものだ。童心にかえれる場所があれば、どんなストレスにも耐久がもてる。趣味に逃げる場所さえあれば、いくらでも頑張れる気がする。一つの物事に集中出来たら凄いな。俺は無理だ。使命感なんてない。生活費を稼ぐために最低限を済ませるだけ。最大限なんて自己満足。趣味の時間としない限り、単なる苦痛で続かないな。求められても簡単には動かない。俺の都合じゃない。他人の都合に振り回されるのはゴメンだ。もし、他人の要求と自分の欲求が合致するのなら、俺は一層頑張れるんだろうな。ま、今は合致していないから、程々に取り組む程度なんだけどな。頑張るのは楽しいこと。そう思うことはあるが、闇雲に頑張っても疲れるだけ。方向性が明確ならスマートに頑張れる。信じる道があるなら一層頑張れる。それを見出すまでは、趣味に逃げながら最低限をきっちり済ませることだ。凡夫でいい。俺は、凡夫にすらなれていないから。世間一般の普通は、俺にとっては普通じゃない。ちゃんとした大人だ。だが、ちゃんとした大人は、世の中にどのくらいいるのだろうか?俺が大したことないから、そういう巡り合わせがないだけか。同じ人格は引かれ合うとも言うしな。高みを目指そうとは思わないが、俺もまだまだだな。ま、一つのことに突出した存在になれれば、少しは一目置かれる存在になるのだろう。だからこそ、一つの物事に集中したいんだ。スペシャリストになる。世間一般的なスペシャリストになるんだ。特定分野で存在感があれば、仕事なんて無数にあるのだから、いくらでも食い扶持をつなげられる。一つの物事に集中。一つの物事に真剣に向き合う。そしてスペシャリストになる。これが良い。休むときは休む。気が済むまで休む。ストレスフリーになったら、再び一つの物事に集中すればいい。 (2021.05.29 06:42:05)


© Rakuten Group, Inc.