235149 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

X

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

黒霧呑兵衛@ 【メモ】心に適応/知って方針決定/状況判断/逆鱗への対処 New! ●提案時の原則 ・十分な知識/巧みな弁舌表…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】事実・原因・要求 New! 【事実を『視る』】 ・まず視るところから…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】俺なりの若者への接し方 ・若者と関わる機会が増え、よく「この歳…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】"やりました"なら使ってもいい 「"やる"と心の中で思ったとき…
黒霧呑兵衛@ 【メモ】智恵/情愛/意思=常識三要素 【常識とは】 物事に対し奇矯に馳せず頑固…

Headline News

2021.09.19
XML
テーマ:NBA(1238)
カテゴリ:・NBA観賞
…"弱い方のLA球団"という汚名を着せられ続けていたロサンゼルスClippers だったが、ここ数年はプレイオフに進出しており、嫌な印象は薄れつつある。新たな伝統を築きたいClippers のロスターを見てみよう。

【昨季(2020-2021)の成績】
47勝25敗(西4位)
プレイオフ→西地区決勝進出
…新時代に向けて動いているチームの旗手は二人いるが、昨季は明暗が分かれた。一番手のKhaki Leonard は、二回戦途中で怪我で戦線離脱し、来季もしばらく戻れない見込みだ。二番手のPaul George は、大黒柱の離脱を受けてステップアップし、下馬評を覆してチームを史上初のカンファレンスファイナルに導いた。

【現在のロスター】


…昨季のClippers は、Paul George の奮起の他に、Reggie JacksonNicolas Batum など低調だったベテランを復活させたり、Terance Mann など若手が躍進したりと、既存選手のステップアップが目立った。これにより、ティロン ルーHCの采配や選手起用の巧みさが改めて評価されることになった。Clippers は今オフ、機会に恵まれないベテランや低調が続く若手など獲得した。パッと見たところ、選手層は悪くはない。あとは、Khaki Leonard が復帰するまでチームを持ちこたえさせられるか注目される。

【2021-2022シーズン予想】
…優勝候補を呼ばれ続けていた昨今と違い、来季はKhaki Leonard の離脱が大きく響くことになりそうだ。ティロン ルーHCの手腕に期待したいが、強豪が揃うウエスタンでは4~10位と予想する。

【追記】
ケンドリックパーキンスの予想
…元NBA選手のケンドリックパーキンスは、Khaki Leonard が8~9割の健康を取り戻せばClippers はファイナル進出は十分可能と予想した。Khaki Leonard が復帰すれば確かに脅威だ。だが、未だに復帰スケジュールは明らかになっていない。果たしてKhaki Leonard はいつ頃復帰するのだろうか。






Last updated  2021.10.05 21:40:18
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.