260880 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【NBA/古典/日常】未来への過去日誌 ~My HABIT's 備忘録~

PR

Profile


健葉Kojitsu

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

黒霧呑兵衛@ 12分ストレッチ/情報蓄積/8分ボクササイズ ・ストレッチ欠かさずやる。習慣化する。…
黒霧呑兵衛@ スマートな報連相は気分が良い ・話題は無闇に出さずに状況を察して適切…
黒霧呑兵衛@ キャラを無数に抱える。使い分ける。 ・相手にどう思わせるか。 ・他人任せにし…
黒霧呑兵衛@ 記録と忘却と記憶。大図書館以上の情報量。 ・人は忘却もしなければ生きていけない。…
黒霧呑兵衛@ 公と私。それぞれの人間関係。 ・取引上の対価と感情的な対価の2種を大…

Headline News

2021.10.24
XML
カテゴリ:・運営選手論

…Derrick Rose は、栄光と挫折、そして這い上がる経験をしてきた。まさに波乱万丈な選手人生だ。そこで今回は、Derrick Rose のキャリアを振り返ってみた。
参考:WikipediaNBA.com(Derrick Rose)

【ドラフトからMVPへ】
○シカゴBulls 時代
…2008年にシカゴBulls からドラフト全体1位指名を受けてデビュー。チームを41勝41敗に導き、見事"新人王"に輝いた。その年のプレイオフには優勝候補を相手に第7戦にまで追い込み、見識者からは「史上最高の1回戦」と評された。続く2009-2010シーズンでもチームを牽引する働きを見せて、それを見た首脳陣はDerrick Rose を中心としたチーム作りを決断。長年チームを支えた選手たちを放出し、Derrick Rose を支えられる選手を獲得していった。結果、シカゴBulls は62勝20敗とリーグ首位の勝率をマークして、Derrick Rose は史上最年少でレギュラーシーズンMVPを受賞した。当時のDerrick Rose には、怖いもの知らずでありながらも精神的に成熟していた印象を受けていた。

【苦難の暗黒時代】
…シーズンMVPを受賞したプレイオフでは、東決勝でビッグスリー結成初年度のマイアミHeat に1勝4敗で敗れた。それでも、続く2011-2012シーズンでもシカゴBulls は好調を維持して再びリーグ首位の成績を残す。しかし、ここからDerrick Rose の運命が狂い始める。プレイオフ1回戦で左膝前十字靭帯断裂という重傷を負って戦線離脱。シカゴBulls も第1シードでありながら1回戦敗退という屈辱を味わうことになった。重傷を負ったことでDerrick Rose は2012-2013シーズンを全休。続く2013-2014シーズンで待望の復活を果たすが、再び怪我をしてしまい10試合のみの出場に終わった。2014-2015シーズンに再び復活して46試合の出場を果たすが、この頃からエースとしての活躍は難しいと目されていった。そして2016-2017シーズン途中の4月に、大型トレードに巻き込まれる形でニューヨークKnicks へ移籍することになった。再出発を図りたかったが、再び怪我で戦線離脱することになった。

【復活の50得点ゲーム】
…その後、再出発を図るため2017年のオフシーズンにクリーブランドCavaliers とベテランミニマム契約を結ぶ。だが、そこでも期待に応えられず、年明けにトレードに出され、トレード先のユタJazz では1試合も出ることなくウェイブ(解雇)される。その後はミネソタTimber Wolves と契約を結んだ。ミネソタTimber Wolves では主に若手選手達の指南役を期待されていた。それでも、翌2018-2019シーズンの10/31のユタ戦でキャリアハイの50得点を挙げて勝利に貢献。試合後のインタビューでは涙を見せ、感動と復活を印象付けた。

【メンターとゲームチェンジャーの役割】
…1年通してミネソタTimber Wolves に在籍したあと、Derrick Rose は2019-2020シーズンはデトロイトPistons とFA契約を結んだ。ミネソタ時代と同じくメンター役を引き受けた。だが、翌2020-2021シーズンにデトロイトは大きく低迷、チームの方針を変えざるを得なかったためDerrick Rose を舵をニューヨークKnicks へトレードした。だが、これはDerrick Rose にとって好機となった。シカゴ時代にお世話になっていたトムシボドーHCと共にニューヨークKnicks を久々のプレイオフに導いたのだ。残念ながら1回戦敗退となったが、ニューヨークはオフシーズンに有力な選手の獲得に成功する。Derrick Rose も、昨シーズンの活躍が認められて3年4300万ドルの再契約を締結した。

【現在(R3 .10 .24 時点)】


…開幕から2連勝してスタートダッシュに成功した。Derrick Rose は新体制でセカンドユニットの中心選手として活躍している。

【キャリアスタッツ】


…Derrick Rose の全盛期はキャリア前半だ。だが、近年では先発でもベンチスタートでも活躍できる"いぶし銀"なベテラン選手となっている。

【今後の展望】
…ここ数年前までは「低迷チームのメンター」であったが、再びチャンピオンシップへの挑戦が出来る状態になった。チームの主役ではないが、これからも頼りになるベテランとして奮闘してほしいところだ。

【"Derrick Rose自伝"電子書籍】

I'LL SHOW YOU デリック・ローズ自伝【電子書籍】[ デリック・ローズ ]






Last updated  2021.10.24 13:08:31
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.