301609 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 備品エリア・勉強場・休息スペース …部屋の機能性を明確にしよう。大まかに備…
小二津健葉@ 段階を踏んで主張を伝える ・まずは端的にこちらの主張や意見を言う…
小二津健葉@ サボったら土夜&日朝で整える …部屋の整理整頓や掃除は金夜or土朝にやる…
小二津健葉@ 金夜or土朝に整理整頓掃除を! …心地よく寛ぐには部屋を整えることだ。休…
小二津健葉@ プロは万人受けに徹する …プロとは、オフィシャルでフォーマルな存…

Headline News

2021.11.04
XML
「恥を知れば堕落しない。恥を知れば勇気となる」
…勇気とは恥を知ることである、と古典に書かれていた記憶がある。そこから、恥と勇気には密接な関係があると考えるようになった。
 恥とはなにか?「格好悪い生き方」だと俺は思っている。嘘をつく。無駄に取り繕う。無意味な正当化をする。人のせいにする。だらしない身だしなみ。頭のわるい話し方。みっともない言動。くだらない自慢…。"格好悪い"の言葉で思い浮かんだことを書いてみた。まだまだ無数にあると思う。人によっても捉え方は違うと思う。要は、格好悪いとは"みっともないことをする"ことである。そんなことをしていては胸を張って生きていけないでしょう。そう思うことをやってしまうことを格好悪いと言うんだろうな。そんな格好悪いことを"格好悪い"と自覚したとき、恥じらう感情が芽生える。嫌な気持ちなんだよね。だからつい取り繕ったり正当化したりしてしまう。それが"恥の上塗り"になることに気付かずにね。格好悪いと気付いたら、繰り返さないよう違う方法を見出だすんだ。"格好良い"に切り替えるんだ。
 格好良いとは何なのか?それは人により考え方は異なる。自分で出来ることは、自分が思い描く"格好良い人物像"を具体的に明らかにして、その理想像を目指すことだ。人により格好良い人は異なるから、何か定義があるわけではない。各自で思い描く"格好良い"を目指せばいい。それが、今現在の自分の"格好良い"に対する考え方の限界値だ。実際は、もっと格好良くて高尚な存在は無数にいる。だけども、そんな高尚な存在を始めから目指しても仕方がない。今出来るところから積み重ねていき、今思い描ける"格好良い存在"を目指して日々頑張ればいい。

【"カッコいい"電子書籍】

きれいカッコいいシニアになろう!【電子書籍】[ 南雲吉則 ]

「カッコいい」とは何か【電子書籍】[ 平野啓一郎 ]

カッコいいほとけ【電子書籍】[ 早川いくを ]

手に入れたのはカッコいい体と●●だった【電子書籍】[ 森俊憲 ]

カッコいい資格図鑑【電子書籍】[ 鈴木 秀明(シカクロード) ]






Last updated  2021.11.04 04:16:04
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.