294613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 拡散と集約の繰り返し New! ・感情と思考の整理。精神の健康を保つた…
小二津健葉@ 直感でタイトルは決めるもの New! ・ハビット&アジャストだ。そして節操。…
小二津健葉@ 個人と社会を明確に分けながらも適合させていく ・脚本とは物語を組み立てること。表現方…
小二津健葉@ 実力身に付け居場所作り。選択肢は無数。 【実力身に付け居場所を作る】 …無理して…

Headline News

2022.01.26
XML
「ねちっこく把握。分かりやすく伝達」
…細かく情報を把握。皆に伝わるよう要点押さえて分かりやすくまとめる。質問もしやすくする。伝える前に全てを把握する。知る限りを知る。気になるところが無くなるまで知る。調べる。そして把握する。調べるのは細かく。そこまで知る必要ある?と思われるくらいに必要な情報を執拗に調べる。そして把握する。何を聞かれても答えられるよう全てを把握する勢いで調べる。そして情報をまとめる。簡潔に分かりやすくまとめる。自分用の情報なら長くなってもいい。読み直しが容易になるよう箇条書き。気になるキーワードから検索出来るようにする。全てを把握する。執拗に調べる。記録して引き出せるよう情報を保管する。必要なときにジャストインタイムで情報を引き出す。そんなに時間はかけない。瞬時に終わらせる。長くても15分以内。5分以内が望ましい。調査は無限に出来てしまうから時間浪費の原因になる。調査は制限時間を設ける。限られた時間で大量の必要情報を仕入れる。アンテナは広く張る。薄くてもいい。広く広くアンテナを張る。情報媒体は様々だ。TVや新聞、ラジオや動画など無数にある。一番良い情報源は"現地"であることは変わらないけどね。広く情報を仕入れて、気になったら現地に行って更に調べてみる。それが、質の良い情報を仕入れる方法だ。それはまるで記者の行動だ。広く関心を持つ。気になったら現地に行って調べて記事など情報としてまとめる。その情報を"分かりやすく"伝えるのも大切だ。伝えなければ伝わらない。伝えたとしても伝わるとは限らない。伝える工夫をしてようやく伝わる可能性が増す。伝えるのは意外と大変だったりする。伝えたつもりでも、まったく違う意味で伝わっていたりする。相手の捉え方も加味して伝える。伝える相手はたいてい限定的だ。相手の解釈や関心も加味して伝え方を工夫する。俺は別に記者じゃない。プロ記者ではない。だからそこまで広義的に伝える必要はない。自分の言葉で自分が書きたいように伝える。それでも、共有として伝えるならば、伝える相手を想定して伝える。相手に応じて伝え方を工夫する。伝わらなければ伝える意味を成さない。伝わってようやく意味が生じるのだ。相手の立場に立って伝える。相手の思考を読んで伝える。自分自身の相手に対する印象は、どうしても"自分フィルター"を通じたものになる。だが、それでも構わない。俺が知る相手を想定して伝え方を工夫する。一人一人に個性がある。その個性を読み取った上で伝える。別に相手が納得するように相手を見抜く必要はない。伝えるときは「伝えること」が目的だからだ。相手の全てを知る必要はない。一部知ればいい。俺と関連することだけでも知れればいい。それだけだったらそこまで大変じゃない。問題は、いかに相手に伝えて理解してもらえるかである。理解があれば言動となって表れる。そこまで言動に影響がなければ未だ伝わっていないということだ。別に全てを伝える必要はない。必要項目だけ伝わればいい。そして言動に影響を与えればいい。修正は徐々に行う。伝わらなければ繰り返し繰り返し伝える。大事なことは執拗に伝える。聞き飽きるくらいに伝える。相手が「分かった分かった」とギブアップ宣言するまで伝える。ギブアップ宣言しても伝わっていなければ更に引き続き伝える。相手の言動に変化が生じるまで伝え続ける。そうやって良き文化を形成させるんだ。もちろん、自分自身が一番伝えた通りの言動を行うのは当然だ。逆に指摘を受けたら謙虚に受け止めよう。
「百聞は一見にしかず」
自ら手本を見せる姿勢が大切だ。手本を見せて補足を伝えるのが手っ取り早い。聴覚よりも視覚情報の方が多くインプットされる。だから"見せる"ことが大切なのだ。口先の言葉だけでは形に残らない。手軽に伝えられるのがメリットだが曖昧になるのがデメリットだ。情報の見える化は、手間はあるが形として残るので伝わりやすい。形として残っているので安心感もある。ま、形にする以前に相手に伝わればそれに越したことはない。だから手本を見せて補足を伝える方法が一番いい。分かりやすい。だから普段から"正しい方法"を自らの姿勢で見せてやるのだ。微に入り細を穿つ。細かい立ち振舞いにまで気を配る。手本を見せるとはそういうことだ。ま、手本を見せたところで伝わるとは限らないけどね。それでも、正しい方法で手本を示せるような立ち振舞いを日頃から心掛けるんだ。

【"伝える"電子書籍】

「30秒で伝える」全技術 「端的に話す」を完璧にマスターする会話の思考法【電子書籍】[ 桐生 稔 ]



自分の考えをきちんと伝える技術【電子書籍】[ 岩舩 展子 ]


フィンランド流「伝える力」が身につく本【電子書籍】[ 北川 達夫 ]






Last updated  2022.01.26 00:00:19
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


相手の立場や解釈を想定して伝える   黒霧呑兵衛 さん
・細かく情報を把握。皆に伝わるよう要点押さ分かり易くまとめる。
・質問もしやすくする。伝える前に全てを把握する。知る限りを知る。
・気になるところが無くなるまで知る。調べる。そして把握する。
・調べるのは細かく。そこまで知る必要ある?と思われるくらいに必要な情報を執拗に調べる。
・そして把握。何を聞かれても答えられるよう全てを把握する勢いで調べる。
・そして情報をまとめる。簡潔に分かりやすくまとめる。
・自分用の情報なら長くなってもいい。読み直しが容易になるよう箇条書き。気になるキーワードから検索出来るようにする。
・全てを把握する。執拗に調べる。記録して引き出せるよう情報を保管する。
・必要なときにジャストインタイムで情報を引き出す。そんなに時間はかけない。瞬時に終わらせる。
・長くても15分以内。5分以内が望ましい。調査は無限に出来てしまう。時間浪費の原因になる。
・調査は制限時間を設ける。限られた時間で大量の必要情報を仕入れる。
・アンテナは広く張る。薄くてもいい。広く広くアンテナを張る。
・情報媒体は様々だ。TVや新聞、ラジオや動画など無数にある。
・一番良い情報源は"現地"である。
・広く情報を仕入れて気になったら現地に行って更に調べてみる。
・それが質の良い情報を仕入れる方法。それはまるで記者の行動だ。
・広く関心を持つ。気になったら現地に行って調べて記事など情報としてまとめる。
・その情報を"分かり易く"伝えるのも大切。伝えなければ伝わらない。
・伝えたとしても伝わるとは限らない。伝える工夫をしてようやく伝わる可能性が増す。
・伝えるのは意外と大変。伝えたつもりでも全く違う意味で伝わる場合もある。
・相手の捉え方も加味して伝える。伝える相手はたいてい限定的だ。
・相手の解釈や関心も加味して伝え方を工夫する。
・広義的に伝える必要はない。自分の言葉で自分が書きたいように伝える。
・共有として伝えるならば伝える相手を想定して伝える。
・相手に応じて伝え方を工夫する。伝わらなければ伝える意味を成さない。伝わってようやく意味が生じる。
・相手の立場に立って伝える。相手の思考を読んで伝える。自分自身の相手に対する印象は"自分フィルター"を通じたものになる。
・俺が知る相手を想定して伝え方を工夫する。一人一人に個性がある。その個性を読み取った上で伝える。
・別に相手が納得するように相手を見抜く必要はない。伝えるときは「伝えること」が目的だ。
・相手の全てを知る必要はない。一部知ればいい。俺と関連することだけ知れればいい。
・問題はいかに相手に伝えて理解してもらえるかである。理解があれば言動となって表れる。
・そこまで言動に影響がなければ未だ伝わっていないということだ。
・別に全てを伝える必要はない。必要項目だけ伝わればいい。
・そして言動に影響を与えればいい。修正は徐々に行う。伝わらなければ繰り返し繰り返し伝える。
・大事なことは執拗に伝える。聞き飽きるくらいに伝える。相手が「分かった分かった」とギブアップ宣言するまで伝える。
・ギブアップ宣言しても伝わっていなければ更に引き続き伝える。相手の言動に変化が生じるまで伝え続ける。
・そうやって良き文化を形成させる。もちろん自分自身が一番伝えた通りの言動を行う。
・逆に指摘を受けたら謙虚に受け止めよう。
「百聞は一見にしかず」
・自ら手本を見せる姿勢が大切。
・手本を見せて補足を伝えるのが手っ取り早い。
・聴覚よりも視覚情報の方が多くインプットされる。だから"見せる"ことが大切なのだ。
・口先の言葉だけでは形に残らない。手軽に伝えられるのがメリットだが曖昧になるのがデメリットだ。
・情報の見える化。手間はあるが形として残るので伝わりやすい。
・形として残っているので安心感もある。
・手本を見せて補足を伝える方法が一番いい。普段から"正しい方法"を自らの姿勢で見せてやる。
・微に入り細を穿つ。細かい立ち振舞いにまで気を配る。手本を見せるとはそういうこと。
・正しい方法で手本を示せるような立ち振舞いを日頃から心掛ける。 (2022.01.27 20:32:26)


© Rakuten Group, Inc.