304498 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 指針に応じた立ち振舞い New! ・人間が社会的な生き物である以上、状況…
小二津健葉@ 発言者次第で変わる捉えられ方 ・誰が発言するかで印象は大きく変わる。 …
小二津健葉@ 意思決定者は委託力を養う。部下は貪欲に。 ・意志決定者はサボっていてもいい。いざ…
小二津健葉@ 大まかに枠組みを作ってから細かく微調整する ・こんな金にならない趣味にわざわざ時間…
小二津健葉@ 思考の見える化と整理整頓 ・脱線上等で書きたい放題に書く。タイト…

Headline News

2022.04.30
XML
テーマ:NBA(1414)
カテゴリ:・NBA観賞
…リーグ下位に沈みながらも育成に専念して将来への準備を整えているデトロイトPistons 。彼らの今シーズンはどんなものだったか。早速見てみよう。

参考:NBA.com

【3/2時点の成績とロスター】
15勝46敗(東14位)

…ここしばらくのデトロイトの主役はCade Cunningham となるだろう。ドラフト1位指名からNBAに適応していき、将来はリーグ屈指のオールラウンドGとなれる素質を持っている。1年を通して見極めた結果、彼の周りにどのような選手を揃えるかが次のステップとなるだろう。

【4/30時点の成績とロスター】
24勝58敗(東14位)


…この一年で、Cade Cunningham の周辺を固める選手は見つかった気がする。Saddiq Bey は爆発力を秘めたスコアラーであり、Isaiah Stewart は縁の下の力持ちとして貢献するだろう。Marvin Bagley もトレード加入後はそこそこの活躍を見せた。あとはトレード価値が高まっているJerami Grant の処遇をどうするかだ。頼れるベテランを連れてくるか、ドラフト指名権を獲得するか、それとも両方か。再建の選択肢は様々ある。来季以降の再建計画はどのようになるのか。しばらく見守っていよう。






Last updated  2022.04.30 00:00:20
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.