304500 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile


小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 指針に応じた立ち振舞い New! ・人間が社会的な生き物である以上、状況…
小二津健葉@ 発言者次第で変わる捉えられ方 ・誰が発言するかで印象は大きく変わる。 …
小二津健葉@ 意思決定者は委託力を養う。部下は貪欲に。 ・意志決定者はサボっていてもいい。いざ…
小二津健葉@ 大まかに枠組みを作ってから細かく微調整する ・こんな金にならない趣味にわざわざ時間…
小二津健葉@ 思考の見える化と整理整頓 ・脱線上等で書きたい放題に書く。タイト…

Headline News

2022.05.19
XML
カテゴリ:【My HABIT!】
…身の回りを整える。自分の現在地を知る。目標を定めて道標を作る。何を目指すのか。今はどんな状況か。どうすればもっと良い生活を送れるのか。どんなものを獲得したのか。家に何があるのか。どんな物や情報があるか。自分はどんな存在なんだ。現在地を知るための情報は身の回りにある。自分の現在地を知る。その延長線上には何があるか。どんなキャリアを見込めるか。その延長線上の道は自分の望みか。そのキャリアに興味はあるか。自分自身に選択肢を提示してやる。そうすれば具体的に何をすればいいか分かる。今やるべきことが見えてくる。備えをするかどうかは自分で決める。漠然と日々を過ごすより、今後を見据えて目標を持って準備をするのも楽しそうだ。どんな存在になるか目標を明確にする。目標設定のために現実的な選択肢を自分自身に提示してやるんだ。年齢を重ねれば重ねるほど、社会の窓口の幅が狭まってくる。年齢を重ねれば、受け入れられる選択肢もなくなっていく。受け入れのピークは新卒で、そこから徐々に窓口が狭まってくる。40代でガクッと下がり、50代になると更にガクッと下がる。だから選択や決断は早いほうがいい。あとは信頼しだいだな。信頼される存在であれば、選択肢を確保することが出来る。見ず知らずの中年期を採用するほどの余裕は組織にはない。信頼できる中年期なら話は別だけどね。働き盛りの壮年期は33~40歳と厚生労働省のデータから言われている。壮年期の間には、生きる方向性を見出だしておきたいね。自分は社会でどんな存在になりたいか。身の回りのローカル社会と広いオフィシャル社会の両面を考えていきたい。方向性が定まったなら、あとは計画と準備と実践のみだ。方向性を定めて継続させる。趣味で息抜きをしながら社会活動にも精を出す。それでいい。方向性を決めることが大切なんだ。方向性を定めて具体的な目標設定をすれば地図は完成だ。その地図を頼りに日々を過ごせばいい。目的と目標をもって過ごす日々は面白いぞ。一歩一歩近づいていく感覚が良い。ワクワクする。これも冒険の一種だ。自分がどこまでいけるか。試しに挑むのも一興だな。

【"目標管理"電子書籍】

自治体職員の評価力を高める 人事評価&目標管理の基礎【電子書籍】[ 桜井義男 ]


目標管理の教科書【電子書籍】[ 五十嵐英憲 ]


目標管理実践マニュアル【電子書籍】[ 菅野篤二 ]


新版 目標管理の本質 個人の充足感と組織の成果を高める【電子書籍】[ 五十嵐英憲 ]


図解入門ビジネス 最新 目標管理フレームワークOKRの基本と実践がよ〜くわかる本【電子書籍】[ Resily株式会社 ]






Last updated  2022.05.19 00:00:34
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


目標設定のため現実的な選択肢を提示する   小二津健葉 さん
・身の回りを整える。自分の現在地を知る。目標を定めて道標を作る。何を目指すのか。今はどんな状況か。
・どうすればもっと良い生活を送れるのか。どんなものを獲得したのか。家に何があるのか。どんな物や情報があるか。自分はどんな存在なんだ。
・現在地を知るための情報は身の回りにある。自分の現在地を知る。その延長線上には何があるか。どんなキャリアを見込めるか。
・その延長線上の道は自分の望みか。そのキャリアに興味はあるか。自分自身に選択肢を提示してやる。
・そうすれば具体的に何をすればいいか分かる。今やるべきことが見えてくる。備えをするかどうかは自分で決める。
・漠然と日々を過ごすより、今後を見据えて目標を持って準備をするのも楽しそうだ。どんな存在になるか目標を明確にする。
・目標設定のために現実的な選択肢を自分自身に提示してやる。
・年齢を重ねれば重ねるほど、社会の窓口の幅が狭まってくる。年齢を重ねれば、受け入れられる選択肢もなくなっていく。
・受け入れのピークは新卒で、そこから徐々に窓口が狭まってくる。40代でガクッと下がり、50代になると更にガクッと下がる。
・だから選択や決断は早いほうがいい。あとは信頼しだいだな。
・信頼される存在であれば、選択肢を確保することが出来る。
・見ず知らずの中年期を採用するほどの余裕は組織にはない。信頼できる中年期なら話は別だけどね。
・働き盛りの壮年期は33~40歳と厚生労働省のデータから言われている。壮年期の間には、生きる方向性を見出だしておきたいね。
・自分は社会でどんな存在になりたいか。身の回りのローカル社会と広いオフィシャル社会の両面を考えていきたい。
・方向性が定まったなら、あとは計画と準備と実践のみだ。方向性を定めて継続させる。
・趣味で息抜きをしながら社会活動にも精を出す。方向性を決めることが大切なんだ。
・方向性を定めて具体的な目標設定をすれば地図は完成だ。その地図を頼りに日々を過ごせばいい。
・目的と目標をもって過ごす日々は面白いぞ。一歩一歩近づいていく感覚が良い。これも冒険の一種だ。
・自分がどこまでいけるか。試しに挑むのも一興だな。 (2022.05.20 07:19:14)


© Rakuten Group, Inc.