314647 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

Profile

小二津健葉

小二津健葉

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

小二津健葉@ 目標ゴールとルールルーティンの設定でゲーム感覚で楽しむ New! ・何事も楽しむことが大切。ゲーム感覚で…
小二津健葉@ 公私の切り替え。社会では公平に。 ・個々の特性を知ること。相手の望みを察…
小二津健葉@ ソシャゲ挑戦の狙いや目的 【狙いや目的】 ・脳の活性化。 …人は初め…
小二津健葉@ 動ける間に健康習慣を身に付ける ・健康であれば何とかなる。日頃の行いに…

Headline News

2022.05.29
XML
…感情と思考の整理。精神の健康を保つために頭の中を整える。頭の中を整理するのに精神統一が効果的と聞く。イメージとしては瞑想を思い浮かべるが、俺の場合は風呂場とブログが精神統一の場になっている。風呂場を暗くして湯船に浸かると、頭の中で様々な思考や感情が駆け巡る。夢にいるみたいな気分になる。もちろん、そのまま眠らないように気を付けている。暗闇湯船は早朝にやっている。夜だと疲れて入る気にならない。目覚めの少し眠い状態で目を覚ますためにやっている。気が済むまで浸かったら出る。追い焚きはせずに湯が冷めたあたりで出るようにしている。所要時間は20~30分。丁度良い時間だ。その頃には心身共にある程度スッキリしている。気は拡散と集約を繰り返している。拡散しているときに活動し、集約したいときは心身を休める。その繰り返しで自分自身が形作られている。拡散が続くと気が散り散りになり、集約が続くと気が縮こまる。易経にそんなことが書かれていたな。拡散と集約を繰り返す。そうやって健康は保たれる。集約は風呂場と布団でやる。身体を温めて、気が済むまで眠る。集約が出来ていれば遠慮なく拡散出来る。活発的になれる。スムーズに活動できる。休む手段を自分なりに見出だす。俺の場合は風呂と睡眠だ。また、精神統一にはブログも有効だ。自分の思考が見えるようになる。何を考えていたのか分かるようになる。これも一つの精神統一だ。思考や感情が分かれば、あとは何をやるか決める指標になる。道標の一つだ。道標さえあれば前に進める。迷うことなく堂々と歩める。無闇に不安になる必要もない。自分を知り、自分を信じて前に進んでいられる。自分はどんな奴で、何をしたい奴なのか。それが明確なら物事に集中出来る。堂々とした立ち振舞いでリーダーシップを発揮すればいい。ブログで思考の見える化は、思っている以上に精神衛生上に良い。書きたいように書くのがいい。脳内で思っていることと実際に書いていることが異なる場合もある。それはそれで興味深い。たとえ感情と違ったことを書いていても、それが一つの発見のキッカケになる場合だってある。知らない自分の発見だ。そうやって自分が何者なのか知る。自分を知って、初めて外に顔を向けられるようになるんだ。世の中に興味を持つようになる。確固たる自己概念を持つためにも、ブログは有効な手段の一つだ。ずっと自己紹介をしているようなもの。ちゃんと自己紹介できる人は案外少ない。自分に自信を持っていないと自己紹介は覚束なくなるものだ。自信さえあれば自信もって紹介できる。それは何事に対しても言える。だからブログで自己概念を堅固にしていくんだ。心身は暗闇湯船で温めて思念を落ち着かせ、感情や思考はブログに書いて整える。これが俺の休息ルーティンだ。心身を健全にして社会に臨もう。

【"精神統一"関連商品】

遊戯王カード 精神統一 エキスパート・エディション Vol.1 EE1- YuGiOh! | 遊戯王 カード 通常魔法


おもしろtシャツ 和柄 元祖豊天商店 精神統一果敢に挑む 柔道 Tシャツ 半袖 美豚 B01 ※ 無地Tシャツ 子ども 子供服 訳あり商品 ビトン ヴィトン ではありません。


セール特価 33%OFFSALE 抜刀娘/バットウムスメ【送料無料】凛 精神統一 桜 総刺繍 和柄アメカジ 長袖ZIPジップアップパーカー 白/黒 M/L/XL【smtb-k】【ky】父の日【YDKG-k】メンズ【ky】ギフト【RCP】294044


【彫刻ビーズ】水晶 10mm (金彫り) 「梵字」バン [1粒売り(バラ売り)] ※5の付く日セール※ 【パワーストーン 天然石 アクセサリー】






Last updated  2022.05.29 00:00:21
コメント(1) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.