315995 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

全140件 (140件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

趣味・楽曲・休日

2022.08.07
XML
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
【YouTube】クレイジーバックダンサーズ 30分耐久
…リズミカルな曲調が延々と続く感じだな。忙しくしている時に脳内で再生される。その間はテンポ良く作業が捗っている気分になる。この原曲のキャラは2人組。一人は生命力を高め、もう一人は精神力を高めるようだ。その手段は対象の背後で踊ること。なるほど、だからバックダンサーズなんだな。対象の潜在能力を高めてクレイジーにするバックダンサー達なんだな。これは面白い設定だ。ステータス向上要因というイメージだな。生命力と精神力。両方満ち溢れていたら快活な気分になるのだろう。ここ最近は疲弊している気がする。生命力はフィジカルで精神力はメンタル。その両方を高めるにはどうすればいいだろう。片方ずつ高めるでもいいや。フィジカルとメンタルは密接に関わる。おそらくフィジカルの方がコントロールは容易いだろう。健康なフィジカルがあれば生命力が溢れてメンタルにも良い影響を与えられる。メンタルのコントロールは思った以上に大変だ。たとえ思い込みで抑え込もうとしても無理は長続きしない。一時的な覚醒状態になったとしてもエネルギーが途切れれば反動が大きいことになる。だったらフィジカルを整えて生命力を高めてからメンタルを安定させるのがいい。話が逸れた。この原曲を聴いていると活動的になっている気がする。急ぐ必要があるときに脳内で曲が流れてくる。ループして聴いていてもなかなか飽きない。面白い曲だ。活動的になりたいときに聴こう。

【キャラクターの元ネタ】

闇の摩多羅神 変幻する異神の謎を追う [ 川村 湊 ]






Last updated  2022.08.07 00:00:18
コメント(1) | コメントを書く


2022.08.06
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
…久々にゲームをしてみた。チュートリアルは情報過多だった。PS2で止まっている世代だ。ここ十数年のゲーム機能の進歩は目覚ましい。追い付くのに一苦労だ。挑戦してみたのはソシャゲだ。今までは麻雀ゲームしかソシャゲ経験は無かったが、今回は様々なキャラクターが出てくるソシャゲをやってみた。重い腰を上げてソシャゲしてみたのは、そのプレーでいくつか狙いと目的があったからである。
_______________________
【狙いや目的】
・脳の活性化。
…人は初めての挑戦の際に脳をフル稼働させていくようだ。特に前頭葉を十分に稼働させる。些細な情報入出力により脳は活性化する。
・社会システムへの適応。
…近年のIT化により情報のデジタル化が進んだ。紙ベースの情報だった時代と比べると今はゲームをしているように見えるかもしれない。PCなどデジタル機器を扱えるとその分だけシステムに順応出来る。
・ゲーム好きの処理能力の高さ。
…実際、今までに関わってきたゲーム好きは処理能力が高かった人が多かった気がする。ただ漠然とゲームをするのではなく考え工夫して目的達成の為に集中する人は特に処理能力が高い気がする。
・思考回路の構築。
…ソシャゲに挑戦する目的は思考回路の構築だ。これが狙いの一つだ。思考回路が出来れば様々な考え事に適応出来る。思考回路については別途記事にして書いてみることにしよう。
・アウトプットの手法の一つ。
…興味ある情報を様々な方面からインプットしたら自分なりにアウトプットしたくなる。これは自己表現の一つだ。ソシャゲという媒体を通じて自分自身の現在の姿を映し出す。現在の趣向や思考が見えてくる。その上で何をやりたいか欲求も見えてくる。
・コミュニケーションツール。
…そしてコミュニケーションツールとして活用出来る。共通話題や趣味があれば楽しめる。一人で楽しむのも良いが、複数人や大人数で楽しめる趣味もあるとより楽しめる。コミュニケーションツールとして幅広い趣味を持っていると話題も広がる。今後出会う人々も変わってくるだろう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
…以上、ソシャゲ挑戦のメリットについて思い付く限り書いてみた。しばらくは思考回路の構築と現在の趣向を知るために用いるだろう。そして、ソシャゲに慣れてきたらコミュニケーションツールとして活用していく。ただ漠然とやるだけじゃない。狙いと目的をもって取り組んでいく。純粋に楽しめていないのかもしれない。だが、意図や思惑をもって取り組む事も面白そうではある。自分なりの理論として持っておく。そうすればハマり過ぎを防げる。節度をもって最大限に楽しめるだろう。実際、ソシャゲをやってみたら時間がすっ飛んだ。夢中になっていれば時間の流れを忘れられる。ゲームはブログと同じく精神統一の手段として活用出来そうだ。ソシャゲについてまた記事にしていこう。

【"ソーシャルゲーム"電子書籍】

ソーシャルゲーム業界最新事情【電子書籍】[ 徳岡 正肇 ]


ソーシャルゲームのビジネスモデル フリーミアムの経済分析【電子書籍】[ 田中辰雄 ]


ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足【電子書籍】[ 深田 浩嗣 ]






Last updated  2022.08.06 00:00:19
コメント(1) | コメントを書く
2022.07.31
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
…音のない空間で漫画を一気読みする。時間の流れを感じる。集中力が高まっている感覚がする。寛いでいる。暇、という感覚を取り戻せるか。音というのは思っている以上にストレスを与えているものだな。いま聞こえてくるのは電車の音のみ。遠くから電車の車輪の音と発車音が時々聞こえてくる程度。それ以外は生活音だけだ。静寂に等しい。音を求めていない。ただ静寂に浸っている。そして漫画を楽しむ。こんな休日の過ごし方も良いね。物語に没頭できる。読み終えたときの事は考えない。ただ没頭するだけだ。日常はストレスが多すぎる。視覚や聴覚をよく使う。精神はフル稼働だ。社会に適応する為に思考や意識を使い続ける。空気を読むのも一苦労だ。そんな日常から解放される休日は貴重だ。休日のために働くのも過言じゃない。ストレスが無さすぎると萎えてくる。適度にストレスは与えないといけない。だが、ストレスが常態化すれば疲弊する。だからどこかのタイミングでリセットしないといけない。その目的のために休日は設けられた。予定がないなら無闇に動かない。思うがままに動いて動かなければいい。今回はたまたま静寂のなかでの読書を選んだ。ケンガンアシュラのアニメが面白かった。続きが見たくて漫画をスマホで読んでいる。久々に夢中になれる物語だ。第一部が一旦完結しているのも好評価に値する。あともう少しで読み終わる。読み終えたときの気持ちに合わせて休み方を再調整していこう。

【"ケンガンアシュラ"電子書籍】

ケンガンアシュラ(1)【電子書籍】[ サンドロビッチ・ヤバ子 ]






Last updated  2022.07.31 00:00:22
コメント(1) | コメントを書く
2022.07.30
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
「手加減してあげるから本気で掛かって来なさい」
【東方原曲】妖怪の山 ~Mysterious Mountain~
…射命丸文のテーマ曲。風神少女が新聞記者をイメージした曲であり、こちらは鴉天狗をイメージして作られた妖怪社会の一員としての曲だそうだ。
『妖怪の山 ~Mysterious Mountain~』とは?
…風神少女が軽快でスピード感がある曲に対して、妖怪の山は鴉天狗としての威厳と矜持をイメージさせる曲調となっている。冒頭の台詞はゲーム内で主人公たちに放つ言葉だ。戦うことに乗り気ではなく、むしろ主人公たちを素通りさせたかった。それでも、組織の一員として仕方なく主人公たちの前に立ちはだかった。そこで戦うフリをすることにした射命丸文は冒頭の言葉を放った。本当は強大な力を持っているが、それをあえて見せびらかすことはしない。これは鴉天狗の特性のようだ。本当の強者は力を見せびらかさない。妖怪の山を聴いているとそんなことを思い起こさせるような曲調だ。強者としての威厳と矜持。格好良いね。他にもサブタイトルのMysterious Mountain っぽい壮大で不思議な山をイメージさせるような曲調でもある。威厳と矜持。本当の強者が自然と持つものだな。強大な力を持っていてもコントロールするのは良いね。何となく格好良いから聴いている。

【"射命丸文"関連商品】

【中古】ねんどろいどぷらす ぬいぐるみシリーズ16 射命丸 文






Last updated  2022.07.30 00:00:26
コメント(0) | コメントを書く
2022.07.24
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
「好きなものに一直線」
…好きなものになりたい女子高生と美しいものを作る男子高生の物語。コスプレに憧れる女子高生と雛人形の頭士を目指す男子高生の話だな。好きなものに夢中になれるっていいね。感情が昂って興奮が抑えられない描写もいい。目指すものの為に一直線になる様は観ていて面白い。喜怒哀楽で言うなら喜の物語だ。好きなものに向き合う点ではブルーピリオドに似ている。着せ恋はそれをもっとフランクにコメディを交えて展開している。好奇心旺盛なギャルJK(海夢)をメインにしているから裏表なく観やすい。視点は引っ込み思案な男子高生(五条)で、心象描写が細かく描かれているからこちらも観やすい。お互いに好きなものの為に利害が一致してお互いに楽しんでいる。そういう物語は好きだな。観ていて笑いが止まらなかったよ。感情移入できる物語は好きだ。一気に観れるとは思うが、この物語が気分転換したい時に観るとしよう。気分が晴れやかになる。好きなものに一直線になる物語は観ていて清々しいね。観ていて思い付いたことがあったらブログで書いていこう。

【"その着せ替え人形は恋をする"関連商品】

【楽天ブックス限定全巻購入特典+全巻購入特典】その着せ替え人形は恋をする 1【完全生産限定版】【Blu-ray】(B2布ポスター&アクリルキーホルダー+卓上キャラファイングラフ) [ 直田姫奈 ]


その着せ替え人形は恋をする 1巻【電子書籍】[ 福田晋一 ]






Last updated  2022.07.24 10:02:16
コメント(1) | コメントを書く
2022.07.16
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
…介護職の人が介護を受けている人から話を聞き、その話を参考に物語を描く。なんとなく、そんなことが出来たら面白そうだなと思った。メリットはある。介護師は定職に就いている。生活は安定している。その上で、主に老人から昔話を聞くんだ。様々な経験をしてきているから話は面白いだろうな。老人も話し相手がほしいだろう。その話を元ネタにして物語を描く。メモは取らない。その物語にフィクション性をもたせるためだ。もし、ノンフィクションを描くなら、綿密な取材が必要だ。趣味でそこまでの労力はかけられない。趣味として創作をするなら、気軽にフィクション物語を描くのがいい。そのフィクション物語の元ネタが、経験豊富な人から聞いた話であればリアリティが生じる。現実は小説より奇なりとは聞くが、実際に起こったことは奇妙な出来事も結構多い。綺麗事では済まされない。生きるために生々しい経験を積み重ねて生きていける。そういった意味で、生きた話を聞くのは興味深い。それが出来る機会が多そうなのは介護師だと思った。単なる身勝手な妄想。実際はそうじゃないだろう。話を聞ける余裕があるとは思えない。業務が激務だとも聞く。話を聞く余裕はほとんどないだろう。ならば、幅広く経験豊富な老人から話を聞ける人はどんな人なのだろうか?なんとなく、ボランティアという言葉が浮かんだ。ボランティアとして老人の話し相手になる。それであれば可能性がありそうだな。もし、経験談を元に物語を描きたくなったら、話し相手になるボランティアを探してみるのも面白そうだ。ま、俺の場合はそもそも物語を完成させるところから開始だな。自力で物語を描けない人が人の話から物語を描けるとは思えない。まず経験を積むことだな。物語を描く経験を積む。俺は絵を描けない。だったら、文字や文章で物語を描こう。要は小説として表現するということだ。小説として物語を描くにしても、物語の設定がないと何も進まない。設定を考えるのは好きだな。好きなだけ詰め込む。設定を組み立てる。登場人物の設定を作る。キャラクターを生み出す。まずなキャラクターの設定を練り込んでいく。きめ細かく決めていく。キャラクターありきで物語を描く。物語の舞台や背景は後回し。キャラクターさえいれば物語を組み立てられる。人の話から生きた物語を描きたいなら、まずは自分自身が物語を描く経験を積んでノウハウを身に付ければいい。そこからでも遅くはない。なんせ単なる趣味なのだから。趣味は直ぐやっても後回しでも構わない。趣味は好きなだけ楽しめばいい。

【"ストーリー"電子書籍】

超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方【電子書籍】[ 沼田やすひろ ]


どんなストーリーでも書けてしまう本 すべてのエンターテインメントの基礎になる創作システム【電子書籍】[ 仲村 みなみ ]


経験ゼロでも作れるフリーホラーゲーム。制作の流れ・ストーリーの構成・ギミックに必要な3要素。【電子書籍】[ 茶天 ]


ストーリーのある資料作成術。レポート、論文、プレゼン資料の作成時間が短くなって質が良くなる。【電子書籍】[ だだんだ ]


ラノベの書き方。ライトノベルの執筆と最初の心得。何人称で書くか、キャラクター、ストーリーの作り方。【電子書籍】[ 白草景 ]






Last updated  2022.07.16 00:00:22
コメント(1) | コメントを書く
2022.07.10
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
・ゲーセンで音ゲーにより身体を動かす
・カラオケで腹から声出しストレス発散
・好きな音楽を聴いて精神の安静化
…音楽とは、文字の通り音を楽しむことである。そしてふと思った。リズミカルな趣味を増やしたら運動不足解消になるのではないかと。最近のゲーセンは音ゲーが多い。幸い、近所にあまり人が多くはないゲーセンがある。朝早くだったら混み合ってないだろう。楽しく身体を動かせるなら十分運動になるのではないか。気が向いたときにゲーセン行ってみよう。カラオケでは立ち上がって腹から声を出すよう心掛ける。声量があって歌が上手い人は腹から声を出すのが普通になっている。座っていると腹筋を使いづらい。カラオケで腹から声を出す練習をしてみよう。幸い、少し歩いたところにカラオケ店がある。思い立ったらカラオケ行ってみよう。音楽鑑賞は精神に作用する。素早くガンガン作業したいと思ったら速いテンポの激しい曲を脳内再生して、家でゆったりしたいときは落ち着いた曲を聞く。オススメは東方projectの原曲だ。歌は無用。落ち着きたいときは声が邪魔になる。ただ単にBGMとして流しておく。スマホからYouTubeで流すときもあれば、TVに接続して音楽を流すときもある。スマホを操作したいときはTV、特にスマホを操作しないならスマホから流す。精神疲労が一番やっかいだ。精神のMPが回復するまでは家でゆったりする。退屈感が生じたら回復した証だ。暇だなと思ったときに初めてゲーセンやカラオケに行く。一人の時間は大切。人と関わる仕事をしているなら尚更だ。一人の時間では音楽を最大限に楽しむ。精神をコントロールする。そうやって、自分自身を支配下に置くんだ。

《"東方原曲"関連商品》

【新品】同人音楽CDソフト 幺樂団の歴史4 -Akyu’s Untouched Score vol.4- / 上海アリス幻樂団


【新品】同人音楽CDソフト 幺樂団の歴史3 -Akyu’s Untouched Score vol.3- / 上海アリス幻樂団


幺樂団の歴史2〜Akyu's Untouched Score vol.2 / 上海アリス幻樂団


幺樂団の歴史1〜Akyu's Untouched Score vol.1 / 上海アリス幻樂団


幺樂団の歴史5〜Akyu's Untouched Score vol.5 / 上海アリス幻樂団






Last updated  2022.07.10 00:00:24
コメント(1) | コメントを書く
2022.07.09
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
【YouTube】無間の鐘(ダブルスポイラー) 作業用
…ストレス無く作業に没頭したいとき、俺は東方の無間の鐘を聴くようにしている。この曲の由来は『無限地獄』である。罪重き者が延々と落ち続ける地獄を想定した曲であるとのこと。また、同人ゲームの東方projectシリーズのダブルスポイラーの中でも難易度の高いステージで採用されていることでも話題に挙がる曲だ。あまりにも難易度が高いから、ゲーム中はずっと聴き続けられるようなストレスが少ない曲調にしたそうだ。鬼畜ステージ故の配慮がこの曲に込められている。たしかに、この曲はずっと聴いていられる。何となくリラックスする気分にもなれる。部屋が無音で殺風景だなと思ったら、取りあえずこの曲を流すようにしている。

【"無間の鐘"ゲーム中のイメージ画像】

…これは、東方projectのダブルスポイラーに出てくるゲームプレイ画像の一部だ。テーマは胎児の夢。奇書として有名なドクラマグラに出てくる論文を参考にしたと言われている。この画像は恐竜時代か植物をイメージしているのではないかと言われている。胎児の夢の弾幕はお気に入りの一つだ。ゲームプレイ動画はYouTubeに上がってる。興味があるなら一度視聴をオススメする。胎児の夢で出てくる。

【東方project ダブルスポイラー】

【上海アリス幻樂団】東方プロジェクトダブルスポイラー 東方文花帖






Last updated  2022.07.09 00:00:25
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.28
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
…脚本とは物語を組み立てること。表現方法は無数に存在する。漫画を描くもよし、小説にするのもよしだ。演劇にする場合もある。現実で実現させるとよし。メガホンを取るも良しだ。脚本は趣味でやること。プロにはなれない。趣味で十分楽しめる。気軽にやる。気付けばやっている。そうなれば趣味となっている。脚本媒体はブログでいい。言いたい放題の延長線上だ。書くのが面倒なら書かない。書きたくなったら書く。設定だけでも面白そうだ。延々と書いていく。打ち込むだけ打ち込んでノートに書き写すのも良さそうだ。アイデアは頭に浮かぶ。だが、それを見える化するのが面倒だ。だから気軽に書いていく。思い付いたら書く程度でいい。投稿するかしないかは内容次第。つまらないなら投稿しない。内容がまとまっていないなら投稿しない。納得出来る内容なら投稿する。あくまでも趣味だ。夏目漱石は神経衰弱の治療の一貫として小説を書き始めた。キッカケはなんだっていい。俺の場合は気分転換とストレス発散と自己表現が目的だ。自分らしさはここに置いていく。無用に個人を表現しない。傍観的で社会の都合がいい立ち振舞いをする。モブに徹するということだ。社会で主役になる必要はない。狂言回しのような立ち位置でいい。個人的主張はここに置いていく。そうやって自分を取り戻すんだ。個人と社会を明確に分ける。精神的健康に良いだろう。個人と社会を明確に分けながらも適合させていく。分別と適合のバランスが大事なんだ。自分の人生の主人公は自分自身だ。だが、社会の主人公は時と場合により異なる。社会情勢により主役は変わっていくんだ。社会的主役とは注目度が突出して高い人物を指す。それは良くも悪くもだ。それがどんな物語なのか。物語しだいで主役は変わる。フィクションの場合は物語の設定が必要だ。どんな時代背景か。どんな人物が出てくるか。どんなことが起きるのか。何を目指すのか。物語とは、その人物やキャラの身の回りで起きた出来事を一部切り取って成り立つものだ。誕生から最期までを描く物語は少ない。何かを成し遂げた。何かを乗り越えた。状況を打開した。そんな物語が多い。始めと終わりがある。切り取った出来事で展開するのが物語だ。後日談のような物語も面白いね。結末から始めて回想から展開する物語だ。脚本とは物語の構想や組み立てを指す。いつか、気が向いたらやりたいね。

【脚本関連の書籍】

定本 映画術改訂版 [ フランソワ・トリュフォー ]






Last updated  2022.05.28 00:00:21
コメント(1) | コメントを書く
2022.05.20
カテゴリ:趣味・楽曲・休日
【筋が通っていて人気が高い物語】
…人気が出る作品の要素は何か。感動すること。発見がある。物語作品なら筋が通っていること。そんなところかな。感動するから夢中になる。日常から離れて作品に浸る。リフレッシュ方法の一つだ。作品を通じて新たな発見があるときもある。作品とは自己主張の一つだ。人それぞれに考え方や思想は異なる。作品を見て違う思想や考え方に出会うのも愉快だね。新しい自己主張に出会って影響を受ける。それも作品を楽しむ要素の一つだな。そして、物語作品なら筋が通っているかがカギとなる。筋が通っていると爽快だ。だからのめり込める。あとは分かりやすさだな。難解だとのめり込みにくい。だが、あまりにも分かりやす過ぎると滑稽に見える。バランスが大事だね。共感や発見があると人気が出る。あとは、その時代にあっているかも人気の要因の一つだ。発見が多い物語は好きだよ。また、自分への励みになる物語も役に立つ。見るも良し。そして、自ら物語を描けるようになったら作品にするのも良しだな。物語は、鑑賞も創作も面白い。自ら脚本出来るようになれば、なお面白くなりそうだな。精神整頓する必要性があれば物語化して精神を整えるんだ。金にならない限りは進んでやろうとは思わない。それをやること自体に価値があるならやろう。

【長く生きた人の話を物語化する】
…じいさんばあさんの話を聞くのは好きだ。長く生きた分だけ経験がある。たとえどんな生き方であっても、長く生きれるだけで逞しいと言える。その人生が良いものかどうかは聞き手の所感にもよるけどね。そのじいさんばあさんの話を物語化してみるのは面白そうだ。ただの聞き手におさまらない。話を参考に物語化するのが面白そうだ。100%反映させるのは現実的じゃない。実際に見た情報ではないからね。出来て4~5割くらいかな。あとは想像で繋ぎ合わせる。あくまでも参考だ。ノンフィクション作品なら綿密に聞かなければならないが、そこまでやる気力はない。金になる事業でなければ労力を使う必要はない。脚本者として趣味で出来る余裕があればやる程度だ。金は仕事で得る。時間は節約する。時間と金に余裕があるなら趣味として脚本する。物語を描くノウハウが身に付いたらやってみるか。

【"物語"電子書籍】

人生をひらく不思議な100物語【電子書籍】[ 大島ケンスケ ]


人生の目的に気づく24の物語【電子書籍】[ 中山和義 ]


大切なことに気づく24の物語【電子書籍】[ 中山和義 ]


物語が教えてくれる 7つの習慣【電子書籍】[ 中山和義 ]


ゆうべ不思議な夢を見た 百五夜物語【電子書籍】[ 谷川直子 ]






Last updated  2022.05.20 00:00:38
コメント(1) | コメントを書く

全140件 (140件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


© Rakuten Group, Inc.