317163 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

【節操】ハビット&アジャスト ~NBA・古典~日常・情報~

PR

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

【My HABIT!】

2022.08.14
XML
カテゴリ:【My HABIT!】
…今やることは3つ。節約、身体ケア、部屋の整頓だ。冒険はしない。内を固めるときだ。正しい習慣を身に付ける時期だ。無闇に筋トレや勉強をしても長続きしない。今は基盤を整える時期。地盤固まれば安定して長続きする。この3つには順序がある。
 まずは部屋の整頓だな。寛ぐスペースを作る。休む環境が良好なら疲労回復効果が上がる。部屋の各役割は3つ。備品エリア・準備場・休息スペースだ。備品エリアには外で使う道具を置く。備品は玄関近くに設置する。休息スペースは寝る場所だ。また、ストレッチなど身体のケアを行う場所である。場所は玄関から一番遠いところにする。そして準備場だ。場所は備品エリアと休息スペースの間だ。主に衣と食のスペースだ。そして書籍と机も置く。活動するための準備場所だ。休息スペースで疲労回復に努め、準備場にて社会で活躍するために力を蓄えて、備品エリアから必要な物を持って出発する。
 環境を整えつつ身体のケアも行う。疲れにくい身体作りだ。また、筋力を増強させて代謝を上げて痩せやすい体質も目指す。身体は資本だ。心身共に健康であれば何とかなる。脂肪より筋肉の方が良質なエネルギー源だ。筋肉を蓄える。ただ、その前に筋肉をほぐして良質な状態にする。筋肉が柔らかいと疲労が溜まりにくい。疲れが取れやすい体質になっていく。身体が固いと疲労が溜まりやすい。まずは体操やストレッチで柔らかくする。また、血流が悪いと代謝も悪くなる。リンパマッサージで血流を良くする。そうするとストレッチの効果が高まる。柔軟な筋肉としてから筋トレを始める。身体をほぐした後に持続性の筋トレをしよう。最初はプランクをやろう。姿勢を良くする。体幹を鍛える。腹筋・臀筋・胸筋だ。大きな筋肉を鍛えてパワーアップを図る。瞬発力よりも持続力だ。短距離走ではなくマラソン型の筋力増強を目指す。リンパマッサージしてストレッチをしてから持続型の筋トレだ。身体の代謝を上げて疲れにくい引き締まった筋肉を目指す。
 そして節約・節制だ。金遣いと自分自身をコントロールする。金遣いは習慣だ。社会活動中は低燃費でも抑えられそうだ。ルーティンさえ決めてしまえばそこまで費用はかからない。問題は、ストレスによる浪費に気を付けることだ。金を使う行為はストレス解消に一役買うと言われている。逆に、好きに金を使えないとストレスが溜まるそうだ。使える金と使わない金は別々に用意しておく。財布や口座を分けるのも良いだろう。引き落とすのが面倒なら自然と使わなくなる。使う金だけで月々遣り繰りすればいい。使わない金の存在を忘れることだ。そうすれば無理なく節約と貯金が出来る。とは言っても、使わない金の存在を完全に忘れることは難しい。思い出して使い始めるかもしれない。それでも、使わない金を引き出す手間をあえて作れば使う気が薄れる。それだけでも効果はある。もし、本当に使いたければ手間など言っている場合じゃなくなる。そんな時は財布のひもをゆるめればいい。使いたいときに使えるようにする。無駄な浪費を抑える。それだけでも随分と変わるだろう。節度ある金遣いをしていれば自ずと自律心も芽生えてくる。自分自身の欲求をコントロール出来る。衝動的な浪費を抑えられれば金は貯まる。生活費で一番多いのは食費。無計画に金を使って食べていたら太るし金が無くなる。今の生活だと金と食は密接な関係がある。使える金が限られていたら自ずと食も抑えるだろう。少なくとも、無闇に食べたい放題はしなくなる。腹が減ったら飯を食う程度でいい。体に蓄えたエネルギーを使えばいい。そうなる体質を目指して食べるものを決めればいい。そして自然と理想的な体型とする。
 節制・身体ケア・部屋整頓の3つに注力する。身の回りが整えば気分も変わる。貯金・疲れにくい身体・機能性ある環境。この3つがあればもっと快適に日々過ごしていけるだろう。具体的なイメージ像はまだない。今思う欲求を形にしていく。理想像に縛られない。習慣化のルールは決めておく。ルールはこれから考える。まず指針を掲げる。そうすることで目指す方向性が定まる。節制・身体ケア・部屋整頓について少しずつ考えながら行動していこう。

【"習慣"電子書籍】

自分を動かし続ける力 元ヤンだった僕がカリフォルニア大学バークレー校で身につけた「最大限に成長する」習慣【電子書籍】[ 鈴木琢也 ]


最大化の超習慣 「堀江式」完全無欠の仕事術【電子書籍】[ 堀江貴文 ]


良い習慣、悪い習慣 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法【電子書籍】[ ジェレミー・ディーン ]






Last updated  2022.08.14 00:00:25
コメント(1) | コメントを書く


2022.07.18
カテゴリ:【My HABIT!】
…正しい習慣を身に付けること。そして、調整を行って適切に対処すること。ハビット&アジャスト。この2つを巧みに使い分ける。ハビット(習慣)とは謂わば準備である。備えあれば憂い無し。日頃の習慣で自分自身は構築されていく。どのような行動を起こしているか。どのような言葉を使っているか。どんな思考を繰り広げているのか。そして、どのような判断や選択をしているのか。その判断や選択を行う原理原則は何か。人は習慣の奴隷とも言われている。無意識のうちに行う言動や思考のクセを知っておく。そうすれば簡単な未来予知は出来るだろうな。その習慣が何かを知っておけば、その言動や思考の向かう先がどこなのかをある程度推察出来る。その推察が良い方向性なら問題ない。そのまま続けていけばいい。問題は、不幸な方向へ舵を切っていると推察した場合だ。習慣というのはなかなか変えられない。長年続いた無意識な言動や思考を変えるのは容易じゃない。そこで必要になるのがアジャスト(調整)である。適応とも言う。アジャストして方向性を修正する。全てを変えるのは無理がある。だが、一部変更であれば抵抗感は少ない。軌道修正である。その程度であれば問題なく出来るだろう。一部を直しただけでも軌道は大きく変わる。アジャストはアクションである。意図を含めた言動で調整していく。物事が順当に進んでいるならハビットに従って突き進めばいい。ハビットの構築には時間がかかる。行動は3週間、思考は6ヶ月と言われてる。ほとんど無意識な行動だから制御が難しい。無理に変えようとしても長続きしない。スムーズに新しい習慣を身に付けるには、過去の習慣と融合させるようなイメージで導入させてみることだ。過去習慣とセットで導入するといいそうだ。そうすると、今までやっていたことに加えてそれをやるようになる。それを3週間続ければ習慣化する。新しい習慣を身に付けるには先ず3週間だ。そして調整していく。その習慣を長続きさせるために出来ることはやる。身の回りを整えたり手順を決めたりと調整する。そうすればよりスムーズに新習慣を導入出来る。あとは自分の感情次第だ。面倒臭いと思えば定着しない。目的意識が薄い新習慣が定着しない原因はそこにある。何かしら目的があって導入しようと考えているなら行動も変わるはずだ。何故その習慣を導入するのか?これが一番重要な要素だ。嫌々やっても定着しない。それが出来るのは会社内にいるときだけだ。その時は自分らしく居なくていいからな。だが、プライベートでは自分らしく居る空間であり時間だ。解き放たれている間は感情が最優先となる。仕事など社会活動により活動時間の大半は損なわれているんだ。自分の時間くらいは感情最優先でいよう。そうなると、習慣化には自分が納得出来て感情的にも楽しかったり嬉しかったりするものが良いだろう。苦しい事は習慣化しづらい。よほどの目的意識が無いと長続きしない。動機付けが大切なんだ。そもそものファーストステップだ。新しく何かを始めるなら、まず動機を明確にして目的意識を強め、ハビット&アジャストで目的を達成させよう。

【"習慣"電子書籍】

働く人の養生訓 あなたの体と心を軽やかにする習慣【電子書籍】[ 若林理砂 ]


最幸の健康習慣 真の健康は「食・心・運動」のバランスで決まる!【電子書籍】[ 真輝 ヴェリテ ]


習慣の哲学【電子書籍】[ 稲垣良典 ]






Last updated  2022.07.18 00:33:16
コメント(1) | コメントを書く
2022.05.20
カテゴリ:【My HABIT!】
…こうなりたいと望んでいる習慣は定着せず、思いもよらなかったことが気が付けば習慣化されているケースが多い。なぜ望外の出来事が習慣化されるのだろうか。おそらくそれは気軽に出来ることだからだと思う。朝に湯船に浸かる習慣が身に付くとは思わなかった。習慣化された理由は、湯船の予約設定があるからだろう。自動化されたものは習慣化しやすい。選択のストレスが無いからだ。予約設定で自動化は良いね。やることが予め決まっていれば無理なくスムーズに行動に移せる。選択のストレスは思った以上に厄介だ。だったら、先にやることを決めてしまえばいい。毎日やることを固定化すればいい。いつも通りが快適なのだろう。スティーブ・ジョブズも着る服を固定化していたしな。余計なストレスをかけない。情報飽和のストレス社会では、ストレス要因をいかに減らすかも精神の健康に役立つだろう。最近はスケジュール帳を見るクセがついたが、それに加えて予定を組み込むクセもつけよう。先々の予定も入れてしまえばいい。あくまでも仮だ。予定は変えられる。予定を確定させたら変えるのは難しいが、仮であれば修正も容易い。それでも、仮の予定も全て終わらす意気込みで臨むことだ。予定を終わらすクセも付ける。それでいい。予定が決まれば漠然と従うだけ。漠然はノーストレス。阿呆な状態でいられるのは負担が少ない。未来が阿呆でも問題ないよう先に組み込んでやる。未来の自分に期待しても先延ばしになるだけだ。信用ならない。だったら先に段取りを組んでおく。過去からの指示に従うだけでいい状態にしておく。予定を組んで遂行するのもお気軽ルーティンの一つだ。そして、何度もやる業務があればルーティン化する。やる時間を決める。やる曜日を決める。日時を指定してやるんだ。習慣化すればやらないと気が済まなくなる。朝に湯船に浸かる習慣と同じだ。もしあればタイマー設定するのが楽だが、あまり多くやりすぎると習慣化されなくなる。大事なことを一つだけ。一つ一つ習慣化する。いま重要視しているのは情報の整理整頓だ。ずっと前からやらないととは思っているがなかなか習慣化しない。スマホでタイマーセットしているが受け流している。日時を変えるか。習慣化されるまで意識するか。とにかく情報整理のクセをつける。整頓は後回し。不要な情報を捨てて役立つ情報をピックアップする。それだけだ。それが今一番重要だ。情報整理整頓期間とでもしておくか。習慣化はおおよそ3週間で成ると言われている。3週間意識しよう。1日1回必ずやる。5分でいい。必ずやる。まずそこからだな。

【"習慣化"電子書籍】

理想の人生をつくる習慣化大全【電子書籍】[ 古川武士 ]


努力の習慣化【電子書籍】[ 柳田 将洋 ]


ADHDの集中力は思考と熱量と習慣化で高まる!ADHDの特殊能力「過集中」を発動せよ!【電子書籍】[ 三五八政希 ]


習慣化は自己肯定感が10割【電子書籍】[ 中島輝 ]


完璧主義の捨て方 仕事、家事、育児、健康、すべてがうまく回りだす現実主義を習慣化して身につける本【電子書籍】[ 通道小平 ]






Last updated  2022.05.20 00:00:39
コメント(1) | コメントを書く
2022.05.19
カテゴリ:【My HABIT!】
…身の回りを整える。自分の現在地を知る。目標を定めて道標を作る。何を目指すのか。今はどんな状況か。どうすればもっと良い生活を送れるのか。どんなものを獲得したのか。家に何があるのか。どんな物や情報があるか。自分はどんな存在なんだ。現在地を知るための情報は身の回りにある。自分の現在地を知る。その延長線上には何があるか。どんなキャリアを見込めるか。その延長線上の道は自分の望みか。そのキャリアに興味はあるか。自分自身に選択肢を提示してやる。そうすれば具体的に何をすればいいか分かる。今やるべきことが見えてくる。備えをするかどうかは自分で決める。漠然と日々を過ごすより、今後を見据えて目標を持って準備をするのも楽しそうだ。どんな存在になるか目標を明確にする。目標設定のために現実的な選択肢を自分自身に提示してやるんだ。年齢を重ねれば重ねるほど、社会の窓口の幅が狭まってくる。年齢を重ねれば、受け入れられる選択肢もなくなっていく。受け入れのピークは新卒で、そこから徐々に窓口が狭まってくる。40代でガクッと下がり、50代になると更にガクッと下がる。だから選択や決断は早いほうがいい。あとは信頼しだいだな。信頼される存在であれば、選択肢を確保することが出来る。見ず知らずの中年期を採用するほどの余裕は組織にはない。信頼できる中年期なら話は別だけどね。働き盛りの壮年期は33~40歳と厚生労働省のデータから言われている。壮年期の間には、生きる方向性を見出だしておきたいね。自分は社会でどんな存在になりたいか。身の回りのローカル社会と広いオフィシャル社会の両面を考えていきたい。方向性が定まったなら、あとは計画と準備と実践のみだ。方向性を定めて継続させる。趣味で息抜きをしながら社会活動にも精を出す。それでいい。方向性を決めることが大切なんだ。方向性を定めて具体的な目標設定をすれば地図は完成だ。その地図を頼りに日々を過ごせばいい。目的と目標をもって過ごす日々は面白いぞ。一歩一歩近づいていく感覚が良い。ワクワクする。これも冒険の一種だ。自分がどこまでいけるか。試しに挑むのも一興だな。

【"目標管理"電子書籍】

自治体職員の評価力を高める 人事評価&目標管理の基礎【電子書籍】[ 桜井義男 ]


目標管理の教科書【電子書籍】[ 五十嵐英憲 ]


目標管理実践マニュアル【電子書籍】[ 菅野篤二 ]


新版 目標管理の本質 個人の充足感と組織の成果を高める【電子書籍】[ 五十嵐英憲 ]


図解入門ビジネス 最新 目標管理フレームワークOKRの基本と実践がよ〜くわかる本【電子書籍】[ Resily株式会社 ]






Last updated  2022.05.19 00:00:34
コメント(1) | コメントを書く
2022.03.16
カテゴリ:【My HABIT!】
…朝目覚めれば身体の機能が回復している。疲労感が抜けて身体が整う。気力も充実して良い気分だ。だが、頭は半ばスリープモードだ。半分寝てる状態である。それを無理に起こそうとはしない。いつも通りの身支度をしながら少しずつ起こしていく。半分寝ているから時間が経つのが速い。"いつも通り"をサクッと済ませて出発する。朝はいつも通りが一番だ。そうやって少しずつ頭を目覚めさせるのだ。夜は頭が冴え渡っている。1日起きていたからな。動けば動くほど頭は冴える。逆に身体は疲弊している。ずっと動いているからな。だから集中力も欠けていって何も進められない。無理に進めたとしても進捗や生産性は頗(すこぶ)る悪い。だけど頭は冴えている。様々な考えや気付き、アイデアなどが頭のなかをグルグル巡っていく。取りあえず頭に浮かんだことを書いていく。スマホでもノートでも何でもいい。思考記録を残しておく。書くくらいなら慣れていれば容易い。スマホだと情報を引っ張り出せる工夫が必要。カレンダーでタイマー設定するなどして思い出すよう工夫する。そして朝目覚めたときに読み直してロード完了とする。セーブ&ロードだ。夜はセーブ(保存)し、朝はロード(読み込み)を行う。時間帯により時間を有効活用するんだ。時間を活用する習慣が身に付けば、限られた時間内で内容が濃い活動が出来る。時間活用習慣が身に付くまで、タイマー機能など使って時間管理を行う。思い出せれば動ける。習慣化とは無意識の行動である。習慣付けるには先ず意識すること。思い出させること。道具も活用して良い時間習慣を身に付ける。

【"タイマー"関連商品】

【正規品】 TIME TIMER タイムタイマー 19cm 60分 TT08B-W 時間管理






Last updated  2022.03.16 00:00:20
コメント(1) | コメントを書く
2022.03.05
カテゴリ:【My HABIT!】
…本気出せるよう事前準備しよう。どんな事前準備が必要か。また、具体的にどんな本気を出すのか。詳細を考えてみる。事前準備は主に整理整頓だな。どこにどんな物や情報を保管するか。システムを構築する。あとはタイムスケジュールを決めておく。平日の時間管理だ。休日も予定無しで暇なら何をやるか決めておく。整理整頓と時間管理だ。平日は決めた通りに動く。取り急ぎ必要なのは整理整頓だ。物は大まかに置き場所を決めたが、情報が飽和状態になっている。おそらく要らない情報が8~9割ありそうだ。要らない情報は処分せねば。本棚が物理的に飽和状態になっている。これは即刻解消しなければならない。物の細かい整理は後回し。まずは情報の選別を優先しよう。情報の整理整頓が出来て初めてタイムスケジュールを組むことが出来る。平日の時間管理はどうするか。業務拘束時間は9H。それ以外はフリーダムタイムだ。9Hの限られた時間で最高のパフォーマンスを発揮するために段取りを行う。考えるのは自由。メモを見直して詳細を調べてから具体策を練るも良し。現在の指針から目標達成の策を練るも良し。今現在必要とされる知識や情報を蓄積させて思い出せるよう編集するも良しだ。業務外は何をやっても自由だ。頭の整理を兼ねて考え事をするのも良いだろう。ただ、考え事をすると身体を動かさないから節々が凝って仕方がない。ストレッチとボクササイズも行う。身体をほぐしたら考え事をする。運動中に頭の中を整理する。運動と脳内整理を繰り返す。身脳を鍛えるとでも言おう。本気出すには鍛えておく。日頃から当たり前のようにやる。そうすれば8H中に最高のパフォーマンスを出せる。スポーツ選手と同じだ。限られた時間内で最高のパフォーマンスを発揮するために長時間かけて事前準備をする。その姿勢は同じだ。プロ選手の事前準備についての情報を見るのが好きだな。その姿勢や習慣を記者のコラムなどから参考にしてみよう。競技の時間は種類にも寄るが長くても四時間くらいかな。就労は8H+1H休憩だ。その時間内に最高の働きを行う。身脳ともに鍛える。ボーッと休んでいても何も変わらない。一点集中してみよう。期間を決めて一点集中だ。おおよそ1ヶ月だけ頑張ってみる。そこで何が変わるか。習慣化するのか試してみる。今出来ることは今しか出来ない。先延ばししていたら延々と先延ばし続ける。楽なようで楽じゃない。不安感を抱えているからな。不安感解消のためにも今出来ることは今やる。気が乗らなくても取りあえずアクションを起こす。3分だ。3分続ければ気分も乗ってくる。始めてしまえばいい。始めてしまえば気付けば続いているんだ。ずっと一心集中していた方が気持ちは楽ではないか。延々と続く終わりが見えないものであればキツくなってくるが、期限を決めてここまで頑張ると決めてしまえば気持ちが楽だ。いかにストレスを抱えないか。ストレス社会では気力の維持も大切だ。気力さえあれば頑張れる。気力はMPとも呼べる。MPさえあれば続く気力が湧いてくる。気力さえあれば前進しようと踏ん張れる。極力ストレスの要因を消して、いざというときに頑張れるようMPの節約を日頃からやるんだ。MPをコントロールするために習慣化は大切だ。いつも通りなら気力を消耗する必要もない。いかにルーティン化するかが大事だ。

【"本気"電子書籍】

中小企業経営者のための 本気で使える経営計画の立て方・見直し方【電子書籍】[ 岡本吏郎 ]


トレイルブレイザー 企業が本気で社会を変える10の思考【電子書籍】[ マーク・ベニオフ ]






Last updated  2022.03.05 00:00:21
コメント(1) | コメントを書く
2022.01.24
カテゴリ:【My HABIT!】
【YouTube】12分ストレッチ / Marina Takewaki
毎晩ストレッチを欠かさずやる。そして習慣化する。出来れば寝起きもやる。朝晩の2回。身体の柔軟性を高めて代謝を上げる。1回やるだけでスッキリする。これを続ければ疲れにくい身体を手に入れられそう。継続してどんな効果が出るか試す。首、腰、足を意識する。リンパ周りの筋肉を柔らかくする。血流を良くする。水分補給を前と後に行う。血流を良くして代謝を上げる。体幹に近い筋肉がスムーズに動かせるなら末端の筋肉も動かしやすくなる。背中や臀筋だな。体幹のストレッチも意識。身体の柔軟性が高まり動かしやすくなってから少しずつ筋トレも行う。筋肉量が多ければ代謝も高まる。質の良いエネルギー源にもなる。脂肪よりも筋肉を蓄える。脂質は控え目に。身体の柔軟性を高めてから筋肉増強にも努める。代謝が高い身体を目指す。
経済ニュースを観る。日経を読む。社会情勢を知る。カテゴリに情報メモとして投稿する。情報の蓄積。情報の編集力の強化。短時間で分かりやすく編集する。見て即座に思い出せるようにする。情報は思い出せて価値が生じる。記憶の連鎖が始まる。情報を蓄積させて社会情勢を読む。予測出来るようにする。大局を読む。その上でどうしていくか決める。韓非子曰く情勢を読むのは容易いようだ。問題は「これからどうするか」である。その為に比較的"容易い"社会情勢の情報収集を習慣化する。そして今後の策を打つ。いま所属している組織に関連する情報も必要。だが、これはもっと世の中を知ることが目的だ。社会情勢を読むのは自己都合のためと思っておく。組織のためだけではない、自分自身の為と考えておく。広く広く社会を知れば自分の為になる。それは仕事ではない。個人的な興味でいい。極論"趣味"でもいい。習慣化して社会情勢を知れれば動機は問わない。動機は大して重要ではない。今の社会情勢を知っているか否かが問題なんだ。個人的興味でいい。個人的な関心でいい。浅くてもいい。関わりがある情報を広く広く蓄積させていく。
平日は社会活動を重視する。へたに休もうとしても休めない。ならばスタンバイだ。より良い社会活動を営むための事前準備だ。ストレッチにより万全な身体と健康状態を維持する。他にも食事だな。健康的な食生活を意識する。摂取する食事にも気を配る。日々の食べ物が身体を作っていく。重視せざるを得ない。平日は身体作りと情報蓄積を重視する。

【追加】
8分ボクササイズ / アゲトレ
…身体の柔軟性を高める他に、関節の動きを良くするとより身体が解(ほぐ)れるようだ。そこでボクササイズも取り入れるようにした。8分だがこれがなかなかキツい。継続させて体力も向上させよう。

【"情勢"電子書籍】

増補改訂版 最新 世界情勢地図【電子書籍】[ パスカル・ボニファス ]






Last updated  2022.02.14 22:23:00
コメント(2) | コメントを書く
2022.01.01
テーマ:元旦(33)
カテゴリ:【My HABIT!】

…2022年は初日の出を見てスタート。海の小波(さざなみ)の音が聴き心地良かった。年明けの瞬間は年が明けたように感じなかったが、燃えるような初日の出を見たら気持ちが切り替わったよ。ということで皆さん、明けましておめでとう御座います!今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!!!
 さて2022年、今年はどんな年にしようかな。仕事面だと正念場だな。基盤固めの最終段階とでも言おうかな。本来の役割を果たしつつ必要業務を遂行するのが良い。仕事の幅を広げて基盤固めだな。グラビティから解放されて浮き足立っている場合じゃない。気を鎮めて地に足をつけて着実に歩んでいこう。プライベートではもっと楽しもう。ストレスフリーを目指して欲望を解放させる。思いっきり休日を満喫出来たら仕事の励みになる。だから1人でも集団でも充実した休日を過ごすようにしよう。そして健康面だ。身体を柔軟にしつつスムーズに動かせるよう鍛え始めよう。最近はボクササイズが気になっている。参考書を探し当ててやってみよう。食事面にも気を配る。野菜や魚を中心にした食生活を心掛けよう。NBAではビーガンによって健康維持に成功している選手が多い。一つ参考にしてみよう。他にも金銭面だな。家計簿を付ける習慣を取り戻そう。日経を読む習慣も取り戻して世間を広く知ることもやっていこう。テーマを掲げるのが良いんだ。
 さてさて、今年の年末に「充実した一年だった」と言えるように、スケジューリング習慣を当たり前に行いながら2022年を過ごしていくとしよう。






Last updated  2022.01.01 22:41:30
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:【My HABIT!】
…お調子者の俺は、地に足を着けて歩むべきだ。その為に、気を鎮めて冷静沈着に事に挑むんだ。もちろん、我が儘身勝手に立ち振る舞えるのが一番気分が良い。だが、社会生活を営むなら、周囲の人々も尊重すべきなんだ。社会生活で必要なのは協調性だ。そして共感力。空気を察して、一人一人相手を理解しながら事を進めていくんだ。無私の領域に達するのが理想かもしれない。だが、無私ではどんどん無関心になっていくんだ。興味が薄まればやる気が失せる。それが俺だ。興味を絶えず持ち続けるなら、ある程度のエゴは必要だ。余裕や遊びを持つ、ということだ。自分なりの楽しみ方を見出だす。それが、興味を持ち続けるコツであり、仕事を楽しむ方法だ。常に限界ギリギリでは遊びが無くなる。ストレスMAXで事に励んでも成果が出なければ水泡と化す。ストレスMAXで挑んで成果無しなんて哀しすぎる。そうじゃない。成果を得るために何に集中すべきか。取捨選択だ。"遂行"も仕事だが"削除"も仕事だ。業務と呼ぶべきかもしれないが、業務にどう当たるか考えるのは仕事と呼べる。マネジメントだ。工夫して事に挑む。成果を出して余力がある状態が望ましい。別に全力全身限界ギリギリを出す必要は無い。成果が出ていれば良い。心身の限界ギリギリに挑むのは単なる自己満足。全身全霊のアピールでしかない。工夫が足りない。努力の方向音痴だ。力を入れるべきところ、集中すべきことを取捨選択するんだ。成果や目標に集中するんだ。そして逆算して考えて行動計画を立てる。それが正しい順序だ。地に足を着けて頑張るとは、一つ一つ着実に丁寧に対応し、最大限の成果を引き出すことだ。信頼は積み重ねで作られる。一つ一つ積み重ねるんだ。それが経験となって糧となり、自分自身のステータス(ブランド)になっていくんだ。それが"社会の自分"となっていく。個人ブランドというものだ。その人であれば信頼に足る。そう思わせるくらいにならないと。信頼される人のイメージは『フォーマルでスマートな常識人』という感じだ。正式で賢いオフィシャルな人、とでも言い換えられるのかな。世間一般的な王道を歩む、ということだ。既に個性はある。個性丸出しだ。自己概念は問題ない。「俺はこんなやつ」という自己概念は既にもっている。その自己概念を社会に適応させるんだ。そうすれば、その自己概念はオフィシャルなものに変化していく。目指す人物像を明らかにするんだ。人間は常々変化し続ける。それは当たり前なことだ。どのように変化していきたいのか。それを明らかにする。テーマが決まれば後は肉付けだ。肉付けは日々の活動で試しながら行うんだ。実際にやってみて気が付くことは多々ある。やってみないと気が付かないことだらけだ。まずは骨組みを作る。フレームを作る。どのような形にするのか、どのようなテーマを持つか、はじめに骨組みを作ってから肉付けだ。目標や目的を決めて計画を立ててから具体的に行動するのだ。そして糧にして再び骨組みを行う。試すたびに賢くなるんだ。俺がイメージする『フォーマルでスマートな常識人』になるんだ。世間一般がイメージする人物になれるかは、やってみなければ分からない。まずはその人物像を表現しよう。日々の活動で意識しよう。イメージを抱えて表現しよう。何事も挑戦だ。人生は未知なる挑戦の連続なんだ。挑戦するなら、楽しんでトライしてみるとしよう。

【"常識人"電子書籍】

常識人の作法【電子書籍】[ 加藤秀俊 ]


1か月で常識人になる ことわざ151【電子書籍】[ 江藤 蓮 ]






Last updated  2022.01.01 00:10:14
コメント(3) | コメントを書く
2021.12.31
カテゴリ:【My HABIT!】
「まだ何者にもなっていない」
…俺は何者になっているのだろうか。まだまだ何者にもなっていない。まだ名は知られていない。井の中の蛙だな。まだまだ知らないことだらけだ。相変わらずの世間知らず、常識知らずだ。何者にもなっていない。それを認めることだ。
 来年は正念場だ。何者かになっていなければ取り残されるだけだ。成果で証明する。どんなに偉そうなことをいっていても実績が伴っていなければ単なる机上の空論だ。単なる妄想話だ。そんなもの無意味だ。ただのストレス発散だ。それだけでもブログをやっている意義はあるが、お陰様でストレスはだいぶ解消された。頭の整理が捗った。問題はそこからどうするかだ。具体的に何をすべきなのか。具体的に行動で示して試行錯誤していくのだ。まだ失うものは何もない。思いきって挑めばいい。まだ自由に動けるのだ。今のうちだ。自由に試行錯誤が出来るのは今のうちだ。やるべきことを見える化する。すなわちスケジューリングだ。スケジューリングには具体的な目的を明らかにすること。テーマをもって来年に挑むのだ。目標を設定するには目的を決めてからだ。目標を定めれば具体的に専念すべきことが見えてくる。集中すべきことが分かるのだ。段階を踏んでスケジューリングする。
 何者にもなっていないのに偉そうにしていても仕方がない。傲慢は成長を止める原因となる。傲慢になるのは立場を得てからでも遅くはない。偉そうにしたい欲求は誰にでもあるよ。だが、それはやるべきことを当たり前のように出来る人の特権だ。努力不足な愚か者にはまだまだ早い。努力の方向音痴のままでは何も進まない。単なる自己だけ満足。誰のためにもなってはいない。無意味な努力は虚しいだけだ。目標を見定めてやるべきことをやる。役割外だと思われても俺の役割だと錯覚させるだけの説得力をもとう。必要業務をやるべし。その必要業務を俺本来の役割に繋げる。サポート的なものである。必要業務をやることはサポート的な意味である。必要だからやる。誰もやらないなら俺がやる。それでいい。本来の役割を全うしながら必要業務をも進める。そうやって幅を広げる。業務は少なければ少ない方がいいに決まっている。だが、誰もやらないなら誰かがやるしかないんだ。だから俺がやる。説得して俺がやる。本来の役割を全うしながらやる。全体像を見る。それさえも業務の一つでしかない。見える範囲はまだまだ狭い。世間知らず常識知らずと言われる所以だ。だから全体像を見る。全体像を把握した上でやるべきことを完遂させる。そうやって業務の運用はスムーズに進むんだ。凝り固まってはつまらない。やるべきことが分かったなら挑戦する。未知数なことへの挑戦には勇気がいる。勇気を養うために準備する。シミュレーションを積み重ねる。そうすれば不安は解消される。不安感は放置していても自然と浮かび上がるもの。だから準備してやる。徹底的に準備してやる。石橋をオラオラ殴りながら前に進む。その心意気と実践が大事。役割外のことをやるのには勇気がいる。それでも、来年はやるチャンスがある。やれる状況でやれる環境は整った。グラビティから解放されてジャンピンジャックフラッシュ状態だ。浮き足立ってはいけない。地に足をつけて歩むんだ。やることは絞るんだ。誰もが楽したがるから無限業務篇に陥ることを避けるんだ。だからやることを絞るんだ。手伝えるのはここまで。それを予め決めておくんだ。そうすれば全体的に円滑に進める。無限業務に陥れば迷子になる。目的や意義を見失いがちになる。そうなっては仕方がない。それを防ぐ手立ては事前にやる。役割分担は便利な反面、固定概念の硬直化にもつながりがちだ。皆が皆、一人前の仕事をやるならポジションレスでもいい。だが、一部のことなら出来る特化型が多いのもまた事実。だから役割分担が大切なんだ。だが、俺に関してはそうは言い切れないだろう。俺が一人前になるにはポジションレスにも対応しないといけない。オールラウンダーは重宝される。特定の役割に縛られずに"やることやる状態"であれば目的達成に向けて自由に行動できる。ボリスディーオみたいな立ち位置が居心地良い。空気みたいな存在に見えて、皆が気が付かない内に組織に貢献している。目的達成のためのアクションを起こしている。端から見れば「なにやっているんだあいつ」状態だが、数字を追いかける上層陣からは黙認される状態になる。そしてポジションレスな人材を増やしていく。そうすれば個人プレイでありながらも連携もとれる強い組織が形成される。その手本に俺がなる。皆がポジションレスで必要業務をやる組織が強いんだ。柔軟かつ素早い対応が出来るからだ。皆が理解者なのが理想だ。そうなるためには取っ掛かりが必要。手本が必要。ならばそれを俺がやる。一人一人が自主性をもって参画する。そうなれば強い。そうなれば皆が楽しめる。純粋に組織目標に向けて一致団結するからだ。個人プレイの連携体制が出来れば強い。その取っ掛かりを作る。そんな簡単に出来るものではない。マニュアルなんて存在しない。刻一刻と状況が変わるからだ。業務のマニュアルは作るべきだ。全体像を見える化すればいい。イメージが湧けば出来るようになる。他の人が出来るなら俺にも出来る。だって人間だもの。やれることをやる。素晴らしいと思ったならパクればいい。そうやって吸収していく。パクっても結局は自分流になっていく。ひねくれ者が真似したところで同じになるわけがない。目的完遂が出来れば手段は問題ない。成果を残せれば誰も文句は言わない。常識外れな迷惑行為をやる勇気は俺には無い。そんな勇気は必要無い。当たり前のことを当たり前にやる。常識的な基準に照らし合わせて物事を進めていく。ルールを守って完遂させる。マナーはある程度必要。稀にマナーを度外視した奇策を許容する。それでも基本は正攻法だ。王道を歩む。無難に正攻法が一番楽な道だ。正攻法や王道が通じないときだけ、俺が好きな奇策を披露すればいい。ま、滅多に起きないけどね。正攻法や王道でゴリ押せばいい。それが間違いない道だ。間違いない手段だ。それを当たり前のように遂行すればいいんだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【やること宿題リスト】
・易経の理解深化(古典)
・読書の強化(日常)
・仕事のクオリティ向上(仕事)
・日経を読んだ記事(日常・仕事)
・肝臓の良好化(健康)
・健康的な体型を得る(健康)
・人間力の向上(精神論)
・世の中を知る。常識を知る(日常・仕事)
・ベストコンディションに導く生活習慣(健康)
・頼れる存在になる(精神論・仕事・日常)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
…これは、2021年に大して出来なかったこと一覧だ。易経は物事の流れを理解するのに役に立ちそうだ。気になる言葉があれば新しい記事で考察して投稿しよう。コメント欄には何も書かない。あくまでも原本だ。新しい記事にして気になる言葉について考えていこう。読書の強化とは、日常生活で役立つ知識や知恵の吸収だ。現実に即している事柄のみ吸収する。それ以外は不要。テーマは健康/世間/手法かな。そのテーマに当てはまるものを優先して読む。書籍は使い古す。徹底的に使う。書き足すのがいい。頭が働く。思い出せる。一つ一つ理解する。そして実践して自分なりに吸収する。それでいこう。仕事のクオリティ向上は日々のトライ&エラーを繰り返し行って日々上達させればいい。日経は最近読んでなかったな。情報過多で混乱を避けたためだ。少しずつ再び習慣化しよう。肝臓の良好化は優先順位高めだ。肝臓に良い食べ物を摂取して適度な運動を行う。そして内臓脂肪を消化して健全な身体を手に入れよう。人間力の向上はブログで考察と反省を繰り返せばいい。世の中と常識を知るには幅広くアンテナを張ればいい。気になる事はブログで記事にして情報化すればいい。ベストコンディションになるには日々の健康化習慣にかかっている。身体を柔軟にする。適切な食事を摂る。適度な筋力を付ける。この3つを意識しよう。頼れる存在になるには、日々勉強と精神力向上が大切だ。
 まだまだ目標が抽象的だ。だが、大まかな指針を立てることが具体的な目標設定につながる。段階を踏んで目標設定をすればいい。具体的な目標設定をしたのなら、進捗を確認するための目標管理を行っていく。そうすることで思った通りの自己実現が可能になる。少しずつ理想に近づいていこう。

【"目標管理"電子書籍】

正しい目標管理の進め方 成果主義人事を乗り越える職場主義のMBO【電子書籍】[ 中嶋哲夫 ]






Last updated  2021.12.31 09:33:56
コメント(3) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.