2301378 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

衝動買いなんてしません

PR

Freepage List

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

「無法弁護士~最高… New! りぃー子さん

山口市:大内氏の栄… 天地 はるなさん

2018年3月 シ… pgion14さん

ミスド 夢ドレミさん

群馬 草津温泉「西の… Sakura585さん

2017.01.12
XML
カテゴリ:筆記用具
​​​​​​​​40年前に父親が使っていた

シャープペンが出てきました。


1971年~発売されていた

『ぺんてる5』

です。



知る人ぞ知る​​シャープペンシル界の重鎮​​です。


せっかく出てきたので、

大事に使っていたのですが、

使い始めて一年ほど経過したとき、

真鍮のローレット部分と

樹脂とを接続しているネジが割れてしまい、

使えなくなってしまいましたほえー



形見でもあるので、

なんとか使い続けたいと思い、

どうしたものかと考えるうち、


そのまま五か月くらい経って

しまったのですが、


KERRYという名前で、

同じ型のシャープペンが今でも

販売されていることが分かり、


部品取りに使えないかとwebで

購入してみました。


現物合わせの結果、

破損部分(赤丸)のネジは

KERRYになったとき、

径が変わっており

ネジがあいませんでした。


また、同じくペン先側(水色丸)の

ネジも径が合いません。

成形用の金型が変わったようです。




期待していただけにちょっとショック

だったのですが、


キャップをはめてみると、

​はまる​目がハートことが分かり、


キャップをオリジナルのぺんてる5、

ペン先~ローレット部分を

KERRYにすることにしました。


こうして自分にとって大事なシャープペンが

復活しました。



本当に良かったです目がハート

これでまた使えるようになりました目がハート




佇まいはまるで万年筆です。


1970年代初頭ですから、

世の中はアナログからデジタルへ

遷移していった頃です。



機械式の時計も電池式デジタルになり、

万年筆はボールペンに変わった時代

です。



やけにテンションが高く、

日々盛り上がっていた時代だと思います。


そんななか、鳴り物入りで作られた

このシャープペンは、

往時の良さを存分に残し、

メカニカルペンという先進性を付与した

名作でした。



重厚かつソリッドなボディは

筆記にがっしりとした安定性を

与えてくれます。


筆圧も程よくかかり、

これくらいの重さ(22g)がある方が

筆記は快適に捗りますスマイル



KERRYシリーズになり、現代社会に合わせた

色が拡張されています。

どれも金属的な光沢をもっており、

実に美しいです。


舶来品のシャープペンも良いですが、

元々SHARPが生み出した

シャープペンシルですから、

(早川式繰り出し鉛筆)

国産メーカも良いと思います。


入学祝などに最適です。


 ​​




そして、つい勢いで買ってしまったのが、

海外仕様0.7mm芯バージョンです。

(ドイツやスイスの文房具屋をみると

0.5mmより0.7mmの方が主流です。)




今は日本の文房具屋やcoopとかでも

0.7mmの芯は当たり前に売っている

ので芯の入手性は問題ないです目がハート


芯が太いと、とても書き味が滑らかで

優雅な筆記ができます。



自分が買ったときは黒しかなかった

と思うのですが、

今は紺色もあるんですね。



逆輸入品ですと「赤」というレアカラーもありました。

おそらくケリー史上、​一番美しい発色の軸色​です。

かなり欲しいです目がハート




また、ペンテル5は現代版でも

”どこかノスタルジー”

な素材の組み合わせで、

10年ほど前まで発売されていました。





ただ、これもグリップ部分の

樹脂とアルミの接続部分が割れて

使えなくなってしまいましたしょんぼり


これの復刻版は出てない様子で残念です。




​​​​​​​​






Last updated  2018.10.27 13:41:48
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.