000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

衝動買いなんてしません

PR

Freepage List

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2017.04.21
XML
カテゴリ:
​革に於いて、​コバはけっこう大事​だと思います。


重厚な革の姿が見えつつ

しっかり仕上げられたコバは美しいですし、

銀面とのギャップが印象的で

嬉しくなるポイントです。


特にブライドルレザーのような革そのものの

価値が高いものは、コバとの対比でより

美しさが増すと思います。


ということでコバに盛られた塗料を剥がし、

自分好みのコバになるよう

再仕上げをやってみることにしました。





まずは・・・恐る恐るサンドペーパーで削ってみますショック


サンドは#180→#320→#400として

毛羽立ちをおさえ、

滑らかに仕上がるように
しました。


あまり激しくすると熱を帯びてしまいますので、

一定のリズムでゆっくりと

やすりがけします。


慣れてきたら、ひたすら削るだけです。

まっすぐ削れるように最新の注意を払いながら進めます・・






なんとか削り終えました。

ここまでで約2時間ですあっかんべー

指先がジンジンします。






本当はこの状態が一番美しい
と思うのですが、

このまま使っていたら

湿気を吸ったり、

毛羽立ってきたりして

駄目になってしまいますショック



昔ですと「ふのり」

なんて仕上げ方もありましたが、


ここでは簡単な​トコノール​で仕上げます。


なお、トコノール前の最終仕上げには

レジン用のやすりが良いです。


とても細かい目で削れるので滑らかになります。





トコノールは基本、で塗り込みます。


そして生乾きの頃合いを見て

スリッカーで少し熱を持たせながら擦り、

定着させます。

※完全に乾ききってからでは駄目です。





完成です目がハート


もともとの素材が良いキーケースなので

コバも美しく仕上がりました。


ただ、ちょっと手抜きしたところや

うまく仕上げられなかったところは、


毛羽がトコノールで固められてしまったり、

銀面の塗料が混じったりと


雑な仕事になってしまいましたわからん


でも、自分仕上げにできたことも

補正材料になって、すごく​満足​です目がハート


たぶん世界でこれだけですしあっかんべー



     

   


ひよこ
にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキング






Last updated  2017.09.24 10:03:57
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.