375315 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

衝動買いなんてしません

PR

Freepage List

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.01.13
XML
テーマ:DVD映画鑑賞(9792)
カテゴリ:PC関連
​​​​​​​​​​​​​最近よく見るKODAK DVD-Rですが、

コダックのライセンスにもとづいて、

(株)磁気研究所が中国(香港)の

AVIC UmeDisc製を輸入し、

販売しているものです。







2015 AVIC UmeDisc(HK)Limitedの表記があります。

香港の新興商工地帯で作っているようです。


webで調べると、UmeDiscのオフィスと

AVICの事業所は別の場所にあり、

地図を見てみると、同じ道路沿いで約2Kmほど

離れたところにあります。






KODAKのアンダーライセンスに加え、

磁気研究所が輸入しているので今のところは

問題ないと思います。







価格はかなり安いのですが、

媒体品質が非常に安定しており、

これまで何十枚と焼きましたが、

書き込みエラーが発生したことはありません。







「磁気研究所」とは、いかにも変わった名前で、

トレードマークもずいぶん日本離れしていますが、

100%日本の会社です。


1979年に創業し、30年近く記録媒体の企画販売、

輸出入を手掛けており、自他ともに認める

記録メディアの雄です。


太陽誘電などの国内メーカが撤退する中、

記録メディアでは国内ナンバーワン

年商80億円にものぼる企業になっています。



さっきたまたま秋葉原の店舗前を通ったので

この記事を書こうと思い立ちましたスマイル





秋葉原駅の昭和通り口を出て

すぐ右側の秋葉原公園に面しています。

Googleマップ


前よりこぎれいになっています。

前は看板に「ジ キ ケ ン」などと

書かれており、秋葉原感がずいぶん漂っていましたあっかんべー


プチ改装をしたのでしょうかウィンク



店頭にはノベルティと思われるグッズや

磁気研究所の社長に関する本が並んでいました。







DVDの耐久性についてですが、これはどうやっても

限界があります。


一般的なDVDは記録層に色素を使ってレーザーの

反射を表現し、データを記録します。

この色素は酸化で劣化し、再生できなくなります。


そこで記録層にAZO色素のダインアゾを採用し、

熱や光、繰り返し再生に強い特性を持たせたものが

三菱バーベイタムなどから発売されていますが、

市販品には到底かないません。


映画のDVDなど市販品はスタンパー型を使って

DVDをプレスし、物理的に穴(ピット)を刻むため、

経年劣化しません目がハート


実は、これと同じくピットを刻めるDVDメディアと

プレイヤーも普通にPC周辺機器として売っています。


M-DISCと呼ばれるものですが、

過去ブログに詳しく説明しましたのでご覧ください。

(過去ログ)M-DISC 1,000年耐久!!


ただ、M-DISCメディアの値段はちょっと高いので

10年程度持てば十分な情報の記録には

このKODAKがちょうどよいです。



◇ Kodak コダック データ用 DVD-R 4.7GB 16倍速対応 50枚 スピンドル ホワイトプリンタブル(ワイド対応) KDDR47JNP50 ◆宅







​​​​​​​​​​






Last updated  2018.03.11 17:11:34
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.