1896479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

衝動買いなんてしません

PR

Freepage List

Calendar

Recent Posts

Comments

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

水中ウォーキングに… New! りぃー子さん

「ポテサラ論争に対… New! 天地 はるなさん

6店舗目とカウント外… ブジェチスラフさん

2018年3月 シ… pgion14さん

自宅でかき氷 yukirin6227さん

2020.07.05
XML
カテゴリ:
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​4年ほど前まで仕事でジュネーブに行っていました。

職場はジュネーブでしたが治安が良くない為、

ローザンヌやモントルーから電車通勤してました。

(スイスがシェンゲン協定に加入してから、

ジュネーブの治安は悪くなる一方ですショック)


することの無い休日は電車やトロリーバスを

使って周辺を散歩して過ごしましたひよこ

仕事をしない休日はほとんど無かったですが・・。


最近、昔の画像データの整理を始めたところ、

ちょっと面白そうな画像データと記憶が蘇って

来たので、せっかくですからブログで記録に

残すことにしました星


世界遺産のラヴォー白ワインに興味がある方には

ちょっとおススメの内容かもしれません。

もし、よろしかったら読み進めてみてください。

ただ、自分はワインに詳しくないので、その点は

ご了承ください。




ここでの画像データはブログを書いて誰かに紹介

する前提で写真を撮っておらず、

なんとなく気になった景色や造形をどんどん撮って

いるだけなので、訴求力の弱い写真が多いですショック


当時、自分が食べるものを写真に撮る、ということは

考えたことも無かったので、食事に関する写真は

かなり少ないです・・。


お店を探す際、ほとんどの場合は地元の人に

「あのお店が良いよ」と聞いて、それならば

散歩がてらに・・・と行くことが多かったので、

恐らく旅行本などには載らないローカル達の人気店

に行ったのだと思います。


今回ご紹介するのは、ラヴォー白ワイン

レマン湖産パーチが食べられるレストラン

​”DU PORT"​です星

発音はデュポーー(巻き舌にしない)、

という感じで「デュ」に強いイントネーションが

来ていました。




↑こちらは湖側です。

後でトイレを借りるときに分かったのですが、

お店の入り口は反対側でした・・・ショック


考えれば分かりそうなものですが、自分は

そういうところが抜けていることが多いです。

奥に行くとちゃんと屋根付きのレストランで、

大きな船が天井から吊られていました。

(写真は撮っていませんが)


なお、湖側からふらっと入っても店員さんは

フレンドリーなので、快く接客をしてくれますスマイル

スイスのフランス語圏では、けっこう素っ気ない

接客をされることが多くて、ちょっと嫌な感じを

受けることも多いのですが、ここの店員さん達は

朗らかですスマイル



行き方ですが、2つご紹介します。


ひとつめVevey駅から歩いていくパターンです。

電車での移動+徒歩なので手堅いです星

ジュネーブやローザンヌから行く場合は、

この方法が一番無難です。



Googleマップでこのルートを開く


赤い四角枠は「フォークが湖に刺さっている」所です。




目の前にあるフードミュージアム(Alimentarium

Museum)のオブジェです。

ネスレ本社がローザンヌにありますが、その関係も

あってかネスレが運営している博物館です。

昆虫食などにも触れられており、かなり志が高く、

興味深いです。

ただ、さすがはスイス、入場料が高いです。

13CHF(約1,560円)もしますショック



ふたつめの方法はモントルー方面から

徒歩+トロリーで行く方法です。

自分はこちらのルートの方が好きですスマイル

基本的な目的に「散歩」が入っている為ですウィンク



Googleマップでこのルートを開く


初めは湖沿いをのんびり歩き、一般道に出て

疲れたらトロリーに乗ります。

元気で天候が良ければそのまま歩きますひよこ

実際は1時間もかからずに着きます。




このコースがお気に入りの理由は、

なんといっても景色が良く気持ち良いからですスマイル




実に雄大ですスマイル




たまに白鳥が現れることもあります星




途中、バレーコートと銅像があります。

女子バレーボールの国際大会がモントルーで

開かれており、2011年に日本も優勝しています。




目線を遠くに向けますと、アルプスの山々が

神々しく輝いています。

散歩道としては最高に良いと思います星




湖沿いの散歩道は約1.5Kmほどで終わってしまい、

それ以降は一般道のわきを歩くことになります。




歩道があるので危ないことは無いですが、

退屈な景色が続きます。

飽きたら、トロリーに乗ればOKです。




なお、地図の類は道路にちょこちょこと

インフォメーションがあるので、これを見ても

良いと思います。

全てフランス語ですが・・。




Veveyの街中ですが、この写真を撮ったところが

まさしくDu Portの前でしたショック

時計台があったので見とれていたようで、

お店の存在に気づきませんでしたショック

時計は6:46を指していますが、夜の6時です。

確かこれは6月か7月だったはずなので、

この辺りの日の入りは夜の9時過ぎです。




レストランの周辺は、湖岸の遊歩道になっており、

湖とフレンチアルプスを見ながら歩いているだけで

気持ちが良いです。




レストランの向かい側は港(Vevey La Tour)です。




なんというか、とにかくのどかですスマイル

あくせくと働かなきゃならない現実を

すっかり忘れ去るほどです。

ローザンヌからモントルーまでは街全体が

とにかく、この上なくのどかです。




ここで写真のストックが尽きてしまいました。

なんということでしょう。

肝心な料理やワインの画像が無いですショック

それではあまりにリアリティが無いので、

世界中の人から写真をヘルプいただきます・・・


こちらが自分が食べたDu Portの看板メニュー

”Assiette de filets de perche”です。

レマン湖産パーチの素揚げです星


(出典:https://www.guidegastronomique.ch)


欧州や北欧で食べるパーチは旨味がしっかり

していて美味しいです。

湖に住む白身魚なので脂身は少ないですが、

淡白な味かと思いきや食べ応えがあります目がハート


ただ、この辺りはフランス語圏なので、料理も

フランス料理系の美味しさが日々、味わえます。

そんな環境に於いてパーチの素揚げがフランス

料理を凌駕できるかというと、そんなことは

無いです。

そこまででは無いです。

ちなみにお値段は記憶に定かでは無いのですが、

30CHF程度だったと思います。

当時はCHF円が123円なので、3,690円と

ローカル店にしては、かなり高いですショック


ジュネーブにいる間、物価については

もう諦めるしかない、というのは理解して

いましたが・・・30ユーロならジュネーブで

チーズフォンデュ食べられます。

個人的にはチーズフォンデュの方が好きです星


パーチはレマン湖産なので、この周辺では

いわゆる名物料理として振舞われることが

多いのですが、この白身魚に合わせると

格別に美味しいのがラヴォーの白ワインです目がハート


恐らくパーチの素揚げはラヴォー白ワインを

美味しく飲むための名物料理だと思われます星



ラヴォー地区とはローザンヌ~モントルー手前

までの間を言い、実に1000年以上もの間、

ブドウの栽培とワインづくりを行っており、

2007年ユネスコの世界遺産に認定されています星

(レマン湖北岸でのワインづくりは、

ラ・コート地区、ラヴォー地区、シャブレー地区

の3地区あります)


狭い地域と急斜面での栽培という点から生産量が

少なく、スイス国内で消費されてしまうので、

国外にはほとんど輸出されません。


その反面、このあたりの地元の人は

どんどん飲みますスマイル


ラヴォーには8つの銘柄があり、それらは全て

生産村の名前そのままとなっています。

ローザンヌから東に向かって

・リュットリー(Lutry)

・ヴィレット (Villette)

・エペッス (Epesses)

・カラマン (Calamin)

・デザレー (Dézaley)

・サン・サフォラン (St-Saphorin)

・シャルドンヌ (Chardonne)

・ヴヴェイ・モントルー (Vevey-Montreux)

となっています。


白ワインを飲むべき、とは聞いていたので

知っていましたが、もの凄い量のワインが

メニューに並んでいて選びきれません失敗


自分は醸造酒があまり得意では無く、ワインも

然りなのですが、横に座っていた英語のしゃべれる

おじいさんからおすすめを教わったところ、

デザレーサン・サフォランだと強くおすすめ

いただいたので、これらのハーフボトルを

ひとつずつ飲みましたスマイル


合わせて40CHFくらいだったと思います。

4,920円ですね。

ワインの値段があまり分かりませんが、

世界遺産にしては、さほど高くない印象です星


赤ワインはたまにヘヴィを飲むことがあるものの

白ワインはほとんど飲んだことが無かったのですが、

素晴らしい香りでしたスマイル


25年以上の超熟シングルモルトに匹敵する

ほど奥行きのある香りで、白ブドウを原料に

醸造したとは思えない深みがありました。

複雑さや巻き返してくる余韻はアルコール度数が

低いのでさほど無いですが、逆に体に染み込んで

いくような新しい感じです。


基本的には散歩メインでしたが、ここに来て

良かったなあとつくづく思った記憶がありますスマイル


隣のおじいさんにもちょっとあげつつ、

話を聞くと、この品種はフランスやドイツでも

栽培されているが、ラヴォーの水や気候で育てる

から、この味になるんだよ、ということでした。


なるほど、醸造酒が故にブドウ本体の味や雑味

などがそのまま口に届くんですね。

そのため、その土壌に依存した美味しさが

醸し出される・・・と半分自己流ですが、

大変納得がいきました


アントレでサラダ(8CHF位)を頼んでいたので、

パーチの素揚げとラヴォー白ワインで結局

10,000円近くになってしまいました。

(Masterは使えましたがJCBは使えませんでした)


随分高いディナーでしたが、

ここでしか楽しめない湖畔で飲む現地ワインと

釣れたて(恐らく)のパーチに大変満足でした星


おすすめです!



【スイス ヴォー州 世界文化遺産】メディネッテ ラヴォー デザレー グラン クリュ【Vaud World Heritage】Médinette AOC Lavaux Dézaley Grand 白ワイン プレゼント 誕生日 記念日 お祝い 贈り物 飲み会 オンライン 幻のワイン 初めて


2019楽天年間ランキング1位!ななつのしあわせミックスナッツ選べる 無添加 or 塩 300g 送料無料|おやつ おつまみ 食品 ミックスナッツ 無塩 素焼き 送料無料 アーモンド・クルミ・マカデミアナッツ・ピスタチオ・ヘーゼルナッツ・カシューナッツ・ピーカンナッツ


万年筆 名入れ ペリカン 万年筆 新品 スーベレーン400 M400 緑縞/ホワイトトータス/ブルー縞/ボルドー/黒 【ギフト化粧箱入りボトルインク付】 PELIKAN 名入り 名前入り 1本から プレゼント 高級万年筆 高級筆記具 高級 ギフト 誕生日


リンツ Lindt チョコレート リンドール 9種類50個入り ギフト ボックス【チョコ ギフト かわいい 詰め合わせ おしゃれ お菓子 個包装 プチギフト スイーツ プレゼントお返し スイス 父の日 お中元 ミルクチョコレート ミルクチョコ リンツチョコ 海外】
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

お手軽! チーズフォンデュ5点セット(色 ニューレッド) +今なら固形燃料5個おまけ付き! ※デザインが若干変更となる場合があります【楽ギフ_包装】【RCP】








Last updated  2020.07.05 21:02:47
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.