2186192 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

衝動買いなんてしません

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

モルト

2017.05.30
XML
カテゴリ:モルト
『青鹿毛(あおかげ)』

です。





少し前、まだ塚田農場が元気あったころに

店で飲ませてもらい、感動的に美味かったので

すぐにネットで買いました。


宮崎県柳田酒造の麦焼酎 青鹿毛です。

芋焼酎ブームは少し前からありますが、

麦焼酎は淡白でいまだに地味な印象です。


しかし、青鹿毛はガツンとした

大麦の個性的な香ばしさがほとばしります。


飲んだ人は口を揃えて、

個性的だな!

と唸ります。


また、嫌みの無い甘く柔らかな香りと

余韻がとても長く、

味わいが濃厚に残ります。

甘味は芋のあれとは全然違い、

コクが無くドライです。

また、麦焼酎で余韻が長いのは珍しいです。



二条大麦(佐賀県産)を原料に、

霧島山系の天然地下水で仕込まれます。


麦の香りを芳醇に引き出す常圧蒸留で作られ、

3年長期貯蔵したものをベースにしています。


モルトと同じく加水によって、

香りが引き立ちますので、

気分でトワイスアップなどにすると

爽やかにどんどん飲めます目がハート



自分はアイラ系のシングルモルトが

とても好きで、カリラやアードベッグ、

ボウモアを好みます。

(過去ブログ)カリラ12年オフィシャル飲んでます


また、アイラではなくとも、

スプリングバンクやクライゲラヒといった

スモーキー(ピーティ)さが際立つもの好みます。

(過去ブログ)バンク35年 超熟の極み



しかし、やはりモルトは高いです。


そこでお手頃価格で香りの良い癖のある

焼酎がお気に入りです。



愛媛県西予市の媛囃子で

はだか麦​を精麦し、はだか麦麹で仕込みますスマイル

はだか麦(全農 愛媛県本部公式)



とてもスモーキーで美味しいです



   








Last updated  2018.11.25 15:43:40
コメント(0) | コメントを書く


2017.04.26
カテゴリ:モルト
​​​​​​​久しぶりに美味いシングルモルトを買いました。


人生で初のビール券使用です。

謎のビール券ひよこ






オフィシャルボトルで流通しているシングルモルトでは

アイラのモルトが大好きです。


Ardbegと迷ったのですが、ビール券が3,500円も

補助してくれるのでカリラにしました。

(最近のArdbegは何故か安いです)



ビール券っていくらで使えるかが

券面に書いてあります。


お店の人に聞いて初めて知りました。





この数字をそのまま日本円で読み、

706円になります。



モルト話に戻りますが、スコッチの中でも

アイラ島産はとてもスモーキーです。


燻香は麦芽を乾燥させる際、ピートという泥炭

(主にヒースという草が泥状になり時を経て炭化した)

を燃料に燻し、そのときの香りが移ったものです。


なのでスモーキーな香りをピーティと言ったりします。



非常に特徴的な香りですが、他では間違いなく

味わえないものでもあります。


ピーティ、ピート香の中でも海岸近くのピートは

潮や海藻が含まれ、ヨード香とも呼ばれる香りになります。


これは、そのものすばりヨードチンキの香りです。

薬臭いという人も多いですね。


初めはえっ・・?

と思いますが、奥行きのある味と香りの複雑さに

魅せられると、癖になり、あっという間に病みつきです。


BOWMOREあたりなら、最初に飲んでもいけると思います。


LAPHROAIGあたりは際物です。

薬臭さが前面に出ています。


Ardbegも曲者ですね。


歴代のロイヤル・ファミリーはスコッチと言ったら

アイラだろうと好んでいたようです。



個人的にはピーティさがありつつも、

前面に出すぎず、複雑で奥行きのある味わいを

感じ取れるモルトが好きです。


疲れた日に心身ともに癒すにちょうどよいです。

ゆったりできますひよこ


お気に入りはバンクです。


スプリングバンク 10年 ハーフボトル 350ml 46度 正規 ウィスキー



オフィシャルで買える中で一番好きなモルトは

クライゲラヒです。


ここ7年くらいでオフィシャルボトルが様変わりし、

値段も高止まりしています・・・ショック

熟成年数も13年となっています。

(前のオフィシャルは14年)



たかがアルコールですが、良くこんなものが作れたな、

大したものだな、と感服します。





​​​​​​​






Last updated  2018.10.28 21:33:00
コメント(0) | コメントを書く
2017.04.08
カテゴリ:モルト
​スーパーでスーパードライ

試飲缶をもらいましたスマイル




その名も「エクストラハード 超刺激」


スーパードライの生誕30周年企画として

特別限定醸造したものだそうです。


このビール、

デビューから累計37億箱を販売した

モンスターヒット商品です。

※ひと箱は大瓶633ml×20本


製造所は

茨城工場、吹田工場、四国工場

の3か所で醸造され、


2017/3/14 - 5/31の期間限定

で発売するようです。




自分がもらったのは、




U/1234C

とあり、”U”は製造所コードで

『吹田工場』を示します。


”B”は茨城工場(守谷市)で

”Y”は神奈川工場(南足柄市)です。


アサヒビール クオリティ アクセス

どこ製か調べられます。



なお、2017年2月下G

は”下”(下旬)が21日- を示し、

”G”は7です。

A=1,B=2,C=3,D=4,E=5,F=6,G=7,H=8・・・

という規則性です。


なので2017年2月27日製造

ということになります。



心なの方ですが、

醸造工程に於ける発酵管理技術の向上で

最高の発酵度を実現した、

とアサヒビールが胸を張るだけあって、


重厚で香り高い麦の風味が味わえます。

そして、とても古典的な香りです。

言い換えると伝統的な日本ビールの

懐かしく
安心な香り
です。


自分は大好きです目がハート


夏の夕暮れ時に

畳の上であぐらをかいて

瓶とコップで飲みたい味です



B231 【ふるさと納税】 アサヒスーパードライ 市制70周年記念缶 350ml×1ケース(24本)ビール



アサヒ スーパードライ ドライプレミアム 豊醸  350ml×24本 【ご注文は2ケースまで1個口配送可能】​​






Last updated  2019.12.13 15:01:16
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.21
カテゴリ:モルト
​​​​​​​​もう10年も前になりますが、有楽町の狭いバー

『キャンベルタウン ロッホ』

で月に一回ほどモルトを飲んでいました。


今は、仕事の大半が海外になってしまった

ため、仕事帰りに寄ることが出来なくなり

あっという間に10年経ちました・・・


超熟のレアモルトが大量に置いてあります。

メニューも値段もなんにもないです星


場所も見つけにくく、信じられないくらい

階段が急で狭い為、初めはちょっと入り

にくいのですが、そんなに長居もしなければ、

世間話もしないので、ただただ美味しいモルトを

紹介してもらっては、少しずつ飲むだけです星


他の常連さんも飲みたいものを飲んでは、

1時間程度で帰ってゆきます。

椅子が痛くて10分と座っていられないので、

ほぼ立ち飲みです。


また、凄く狭いのでカウンターに横並びで

6人ていどしか入れません。

満席状態で新しいお客さんが来ると、

何人かの常連が「じゃ、自分らが帰っておきますか・・」

という雰囲気で切り上げて帰っていきますひよこ

実に潔良く、気持ちのいいお客さんが多かった

と思いますスマイル



普段、自分はアイラ系モルトのオフィシャルが

無難に美味しいので好きですが、アイラだけは

超熟させても香りが立たず、自分の好みの味に

ならないので、超熟モルトに関してだけは

アイラをオススメしませんわからん



また、自分は味覚を言語化するのが

不得意なので、上手く書けていませんショック

ただ単に飲んで美味しかったのを拙く書くことに

なります、ご了承ください。



▼ロイヤルロッホナガー32年
ロイヤルワラントなので英国王室御用達です。

ヴィクトリア女王が心酔したそうです。


超熟モルトもこのクラスになってくると

奇跡の味がします。


フルーティと言われますが、その通りだと思います。

数種類の南国フルーツの芳香です。






▼ベンリアック34年

これも強烈に美味しかったです。


柑橘系フルーティに加え、

超熟の分だけナッツのドライでオイリーな舌触りが

またいいです。


誰かと一緒に来たときは、必ずこれを飲ませて

驚いてもらいます。






▼スプリングバンク35年​​
69年の蒸留です。


シェリーカスクに樽詰めされたこともあって、

華やかでフルーティですが、

木香が感じられ、深く落ち着けるモルトです。


バンクだけあって、オイリーさはピート由来を

感じさせます。


冒頭でアイラの超熟は美味くないと言いましたが、

バンクのようなピートを潜ませている場合は例外です。





こういう特殊なモルトは、

常備酒にして毎晩飲む訳にはいきませんし、

それはむしろもったいないように思います。


特別なときや特別な人と飲む

というスタイルが良いかと思います。


本当に美味しい酒を本当に大事な人に飲ませたい、

と思う時がたまにあります。




▼ミルトンダフ35年

バランタインのキー・モルトと言われていますが、

シングルで飲むべきです。


奇跡的な芳香です。

バニラやアプリコット・・超熟フルーティ系であり、

ナッツ系オイリーであります。




ミルトンダフ自体が市場にあまり出回らないので

このヴィンテージになるとけっこうレアです。

しかし画像が悪すぎますね。

当時はガラケーで撮っていましたくもり



▼クライゲラヒ32年

市場流通品の中ではクライゲラヒ

(クライゲラキと言う人も)が

一番好きです目がハート目がハート目がハート


しかし、超熟のクライゲラヒは

さほど感動の芳香にはなっていませんでした。


所謂アイラ系では無いにしても、

やはりピーティなモルトは熟成が進んでも

ピート香が強く、フルーツの香りと

喧嘩するのか、少し残念でした。





▼ローズバンク12年

言わずと知れた超レアモルトです。

もう20年以上前に閉鎖した蒸留所です。


12年ですが、ふくよかな芳香です。

深みや複雑さはあまりなく淡いですね。

若者ですが、アルコールが尖っていることは

ありませんでした。





キャンベルタウンの場所を貼ります。


入り口は狭く、階段はすさまじく急ですので

ご注意ください。

自分は19:00とか早い時間で必ず一軒目に行きます。

その際、味が分からなくならないように

なるべく空腹で行くようにしてます。





最近のことは知りませんが、以前は神田

サンディマクドナルドの店長さんがヘルプで

来ていたこともありました。

明るい人で、この方も凄くモルト好きでした・・。

(”超熟モルト”といういい方は、この人と

会話しているうちに身についた言葉だったように

思います)

そちらのお店も貼っておきます。





蒸留所は時代の流れで淘汰されますし、

ドイツ、中国の需要も伸び続けており、

国内でのレアモルトの入手は困難さを

増しています。

また、そもそも近年のモルティングは

分業化か進み、昔ながらに蒸留所内で

フロアモルティングして製麦・蒸留した

ものには、なかなか出会えません。


なので買えるときに友達何人かを集めて

割り勘にして買ってます。

こんなヴィンテージのも探せばあるんですね。




ローズバンクも予想外に流通量があります。

シルバーシールというイタリアの

ボトラーズらしいですが、自分はあまり良く

知りません。

ただ、カスクで買っているようなので本気の

ボトラーズなのは間違いないです。

蒸留年も閉鎖直前です。

  

​​​​
ベンリアック オフィシャルの34年です。

13万円以上しますが、これは貴重です。




なんと30年バンクのオフィシャルです。


スプリングバンク30年 オフィシャル リミテッド・エディション46%700ml Springbank30y LIMITED EDITION【クレジット決済・銀行振り込み決済に対応】【代引き決済不可】​​​​​


調べるときのキーワードは

シングルモルト レア




​​​​






Last updated  2019.01.03 10:24:03
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.