150188 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

家曜日~うちようび~

2019.06.01
XML
昔々、僕がティーンエイジャーだった頃の、とある時期、
僕は、「自由の人」だった。
僕は、毎日意気揚々と、完全なる「自由」を謳歌していた。
先ず、僕の家には門限が無かった。
夜中に何処をほっつき歩いていようが、僕の自由。
友人の家で、そこらの路上で、何泊しようが、僕の自由。
学校へ行くも行かぬも、僕の自由。
行きたくない日は学校へ行かない、ただし行きたくなったら日曜日でも学校へ行く。
テストを受けるも受けないも、僕の自由。
やる気がない日は家で寝ている、ただしテストで高得点が欲しい時は高得点を取る。
人を殴る。
すると、殴られた相手や、まわりの大人たちは、
「何故殴った?」「腹が立ったのか?」「ムシャクシャしていたのか?」
どいつもこいつも「殴った理由」を欲しがった。
理由なんてない。僕の自由だ。ただ、何となくだ。
物を盗む。
すると、同じくどいつもこいつも、
「何故盗んだ?」「興味本位か?」「生活に困っているのか?」
と、執拗に「盗む意味」を欲しがった。
だからぁ~、意味なんてないっての。自由、自由。ただ、そうしたかったから。
嘘をつく。ただ、そうしたかったから。
物を壊す。ただ、そうしたかったから。
人を傷つける。ただ、そうしたかったから。
遊ぶ、喰う、寝る、やりたい事を、やりたい時に、やりたいようにやる。
理由も意味もありはしない。ただ、ただ、そうしたかったから。
「君、大丈夫か?」「君、ヤバいんじゃないか?」「君、いい病院を紹介してやろうか?」
どいつもこいつも、深刻な表情で僕を心配した。
心配ご無用、ほっといて下さい。
僕は自由。ただ、自由に生きているだけ。

そんな毎日を続けるうちに、僕は、自分が日増しに「けだもの」に成り果てて行くのを感じていた。
喰いたい時に喰い、眠りたい時に眠り、犯したい時に犯し、
糞尿は、垂れ流したい時に、垂れ流したい場所で垂れ流す。
森や草原で生きる、野生動物って感じ? 
いやいや、それは「けだもの」に失礼だな。彼らは、厳しい「自然の掟」のなかで必死で生きている。
僕は、「けだもの」以下だった。
おそらく「地獄の餓鬼」って呼び名が、最もふさわしい。

そんなこんなで、当然の報いであるが、

おのずと僕のまわりには、誰もいなくなった。

僕は、孤立した。

実に奇妙な感覚だった。

群衆の中にいながら、無人島生活をしているような・・・。

やったぞ! 

どいつもこいつも見ろ!

オンリーワンだ!

俺様は自由だ! 

僕は、虚空に向かって自慢した。

叫べども、叫べども、返事はない。

だってそこは、群衆の海に浮かぶ、無人島。

・・・で、いつの頃からだったろうか?
僕は、自ら望んで手に入れた「自由」を、嫌というほど吟味した「自由」を、豚のように過食した「自由」を、
ゲロゲロと嘔吐したい衝動に駆られている自分に気づいた。
僕が手にした自由の正体とは、利己的で、醜悪で、卑猥で、狂気で、そして、だたもう孤独なだけの代物だった。
もう、「自由」なんて、うんざりだった。


自由だ!

自由だ!

自由だ!

自由だ!

夜中に悪夢で目が覚める。

こ、怖い。

枕元からガバッと身を起こし、汗だくになって、

いつか読んだ、寺山修司の散文の一節を叫ぶ。

自由だ!助けてくれ!




・・・時は流れ、・・・頭は禿げ、肉は垂れ、腰は傷み。

間もなく四十五歳になろうとする今日の僕に、「自由」なんてない。

今日の僕は、家庭で、会社で、社会で、自ら進んで、

自分が守るべき「大切なもの」を守り、

自分が背負うべき「荷物」を背負い、

自分が引きずるべき「足かせ」を引きずりながら、毎日を過ごしている。

大変だけれど、あの頃に比べ、僕はとても充実している。

あの頃に比べ、僕は何百倍も幸せだ。

僕は、もう自由なんていらない。

でさ、

なんか、最近「不登校の自由」だの「自由な生き方」だの「自由業」だのと、
やたら「自由」という言葉を、特にSNS界隈で見聞きするじゃんか。
僕なんか、全て過去の自業自得ながら、「自由」ってのがすっかりトラウマになっちゃってるからさ。
今この時代に、じゆー、じゆー、なんつっておっしゃられている「地獄の住人」が気になるわけです。
最近の「地獄の餓鬼」ってのは、どんな姿で、何を喰い、何を考えているのだろうかと思うわけです。

んで、ざっと拝聴、拝読。

んで、まあ、逆に安心しましたよ。

彼等のおっしゃっている「自由」と、かつて僕が手にした「自由」とは全く別物ですね。
彼等のそれは、言ってみりゃ「自由風」。
心配する必要はありません、とても安全な代物です。

例えば、不登校の少年革命家。
僕は彼のことを知った時「今時こんな不自由な子供がいるのかしら」と、とりあえず彼に同情しました。
思想を刷り込まれ、演じることを強いられ、「親の保護下で革命」という理不尽な活動を行い、
有名人に仕立て上げられ、あげく世間からバッシングされ、もう後には引けない立場にいる。
まったく嘆かわしい。
宿題しないのは確かに子供の自由。であるならば、ある日突然何の脈絡もなく宿題をしたくなった時、
これまでの自分の発言を全てチャラにして、アホみたいに宿題を始めちゃうのも子供の自由。
万に一つ、あの子にそんな心境の変化が訪れたとして、
あの子、自由に宿題するかねえ? てか、まわりがそれを許すかねえ?
革命やーめたぁぁ!ちょー宿題してえ!ちょー学校行きてえ!ちょーロボットになりてえ!
とか、ある日突然言い出したら、うわぁ~この子めっちゃ自由じゃん、なんて僕は心から思うのだが・・・。
僕には、あの子が「自由風」な何かに捕らわれ、がんじがらめになっているようにしか見えない。

例えば、フリーランス。(もちろん一部の可哀想な)
幼き頃から、保護者のしつけに従順で、保護者の指示に忠実で、
保護者の選んだ書物を読み、保護者の許可する食品を食べ、
保護者の望む塾へ行き、保護者が喜ぶ進路を選び、保護者が安心する会社に就職する。
そんな「保護者の作品」としての役割から、やっと解放された人間が、入社2・3年を過ぎた頃、はたと思う。
「あれ? 自分って何? 自分、このままでいーの?」
思春期。遅い遅い思春期を迎える。
んで、夜な夜な自分探しの手慰みにSNSで自分を発信していたら、思いのほか人気が出た。収益もあった。
んで、中坊が家出するみたいに、会社を辞めた。んで、中坊がバンド始めるみたいに、独立した。
フリーランスは、サラリーマンと違って、時間に制約がない、だから自由。
フリーランスは、サラリーマンと違って、組織に抑圧されない、だから自由。
フリーランスは、サラリーマンと違って、自己責任だけ取ってりゃいい、だから自由。
彼等の自由の定義には、いつも「サラリーマンと違って」が漏れなくついてくる。
他者と比べることでかろうじて成立する、ほんのり「自由風」なメッセージを、
サラリーマンが管理する電力会社のコンセントに、サラリーマンが開発したPCやモバイルを差し込み、
サラリーマンが運営するインターネット網を駆使して、全世界に向けに発信している。
近頃は、ああいった「いい歳こいた大人の遅い思春期」のことを「自由業」と言うらしい。

繰り返し言いますが、僕は過去の経験から「自由」とは、
「利己的で、醜悪で、卑猥で、狂気で、孤独」であると考えています。
だから僕は、簡単に、じゆー、じゆー、と謳う人が大嫌いだし、何より、一瞬怖いのです。
この文章を読んで、「あなたは自由をはき違えている」「あなたの自由観は間違っている」
と言ってくれる方々は、逆に安心です。
だって「自由を論ずる」という行為ほど、不自由な行為はないでしょう?
そういう人は元来「自由の人」ではない、だから安心、というか・・・。
自由の真っ只中にいる人は、「自由とは何か?」なんて考えてませんからねえ。
とにかく「自由」は取扱いに注意しないと、人を「くるくるぱー」にすると僕は思いますよ。

さて、今回こんな記事を長々と書いたのには、実は個人的な理由がありまして。
僕、今年でサラリーマン生活20年目に突入するんですけどね、
僕としては、今の水道設備業を70歳まで現役バリバリで続けるつもりなので、
残りの25年、このままサラリーマンを全うするのも良いのだけれど、
仮に独立開業を考えるのなら、この四十五歳から向こう一・二年がリミットかなと。
どちらに転んでも、ものすごく自信があるので、どうしたもんかなと。

現在、僕は、社畜です。

自己を会社で教育され、自己を会社で管理され、自己の意思と良心を会社に捧げ、
自己の人生を会社に託し、自己をすっかり会社に飼いならされている、筋金入りの誇り高き社畜。

まあ、そんな僕が社畜を辞めて、仮に独立したところで、

自分が「自由」になったなんて、勘違いはしませんよ。

独立したら「会社」が「自己」にすり替わるだけのことです。

自己を自己で教育し、自己を自己で管理し、自己の意思と良心を自己に捧げ、
自己の人生を自己に託し、自己をすっかり自己で飼いならす。

そうなったら僕は、自分のことを、

「自己の家畜」。

「自畜」とでも呼ぼうかな、なんて。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2019.06.09 08:11:37
コメント(0) | コメントを書く
[Q輔。「家」とは「ホーム」のこと。] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.