2020.10.24

「無印良品のタオル」僕の妻は、タオルが似合います。



妻が、無印のタオルやら何やら、大量に買い込みました。

これ、みんな来年の選手ね。



今使っているタオルたちは、今年初めの選抜メンバーで、
一年間徹底的に酷使されたあげく、もうすぐタオルとしての役目を終え、
年末の大掃除の日より、新たに誇り高き雑巾としてデビューする予定です。

当然この新品君たちも、来年末には、同じ運命を辿ります。ドナドナ。

妻は、新年を境に、粗方の生活雑貨を新調します。

年末になると大好きな無印良品の雑貨が、何かと品薄になるので、早め早めに購入しておくのだとか。

ちなみに、僕の妻は、タオルが似合います。

これは、湯上りにバスタオルを巻いた姿が、すんげー色っぽいとか、そーいうんじゃ全然ねっす。

妻は湯上りにバスタオルなんぞ巻いてくれません。

いつもおチチ放り出してます。

そーいうんじゃなくて、なんちゅーか、タオルを手にした時の、フォルムがいいんです。

ごく自然と、タオルと馴染んでいる。

風景として、とても据わりがいいんです。

なんちゅーか、イメージとして、タオルが似合う女性というのは、

良く言えば、生活感がある。

悪く言えば、所帯じみている。

って感じなのかな。

要するに、存在が嘘臭くないんです。

まあ、毎日飽きるほど見ている配偶者ですからね、生活感があるのは当たりなんすけどね。

どうやら僕は、総じてそういう女性が好きみたいですね、歴然と。


んじゃあ、男性のばやいで、僕がイメージするタオルが似合う人ってえと、

これがどういう訳か、

銭湯で湯上りにまたぐらをタオルでパコーンパコーンってやってる中年のおっさん。

しか思い浮かばないのよね。とほほ。

結局のところ僕は、そういう生活感ダダ洩れのおっさんも大っ好き。

これも、否めないんすけどね、歴然と。


てか、最近銭湯行ってねーなあ。

明日あたり、パコーンパコーンしにいこうかなあ。

んだはは。



にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村
↑ポチッと一枚!
PVアクセスランキング にほんブログ村






TWITTER

最終更新日  2020.10.25 07:31:38
コメント(0) | コメントを書く