104786 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

聖歌は生歌

PR

Calendar

Rakuten Profile

設定されていません

Freepage List

オルガン(略歴)


オルガン(楽器編)


オルガン(伴奏1)


オルガン(伴奏2)


葬儀


結婚式


典礼音楽講座のご案内


基礎講座


実技実習編


共同祈願


祈りを歌う


先唱者


聖週間と復活節


受難の主日


主の晩さんの夕べのミサ


主の受難の祭儀


復活の主日 復活の聖なる徹夜祭 光の祭儀


復活の聖なる徹夜祭 ことばの典礼


日中のミサ 復活節第二主日のミサ


主の昇天と聖霊降臨の答唱詩編


ミサ賛歌 歴史


ミサ曲1


詩編を祈る


続唱


季節賛歌


聖母賛歌


主の降誕 入祭の歌と答唱詩編


降誕節、祝祭日の答唱詩編


聖家族の祝日の答唱詩編


神の母聖マリアと主の公現の祭日の答唱詩編


主の洗礼の祝日の答唱詩編


教会の祈り


答唱詩編(季節と祝祭日)


待降節第1主日


待降節第2主日


待降節第3主日の答唱詩編


待降節第4主日


灰の水曜日


四旬節第1主日


四旬節第2主日


四旬節第3主日


四旬節第4主日


四旬節第5主日


復活節第3主日


復活節第4主日


復活節第5主日


復活節第6主日


三位一体


キリストの聖体


王であるキリスト


洗礼者聖ヨハネの誕生


聖ペトロ 聖パウロ 使徒


主の変容


聖母の被昇天


十字架称賛


諸聖人


死者の日


ラテラン教会の献堂


パウロ年記念


年間主日の答唱詩編


年間第2主日


年間第3主日


年間第4主日


年間第5主日


年間第6主日


年間第7主日


年間第8主日


年間第9主日


年間第10主日


年間第11主日


年間第12主日


年間第13主日


年間第14主日


年間第15主日


年間第16主日


年間第17主日


年間第18主日


年間第19主日


年間第20主日


年間第21主日


年間第22主日


年間第23主日


年間第24主日


年間第25主日


年間第26主日


年間第27主日


年間第28主日


年間第29主日


年間第30主日


年間第31主日


年間第32主日


年間第33主日


典礼聖歌


典礼聖歌の成立


Category

Archives

2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

 omasico@ Re:持ち物の聖歌集は?(11/16) かねみきさん >+主の平和! >持ち物…
 かねみき@ 持ち物の聖歌集は? +主の平和! 持ち物として書かれている…
 育児・子育て きらり@ **こんにちは** 今日は そーですか。 又、拝見…
 代役@ Re:復活節アレルヤ唱(04/11)  しつこい質問に、丁寧にお答えいただき…
 omasico@ Re:復活後の主の祝祭日アレルヤ唱(266)(04/11) 代役さんへ! > キリストの聖体(6月10…
 代役@ 復活後の主の祝祭日アレルヤ唱(266)  キリストの聖体(6月10日)、この日の『…
 Clara@ ありがとうございました omasicoさん お返事いただき、大変うれ…

Favorite Blog

お受験マインド New! Happy Norikoさん

ニット帽に裏地を いう0402さん

こころのお散歩 さるすべり123さん
しんがくほうろうき 伊望さん
青い花 veronica2005さん
ひっそりと咲く名も… NK3737さん
たこりんの★気まぐれ… たこりん0906さん

Recent Posts

お知らせ
アトリエおおましこ
典礼聖歌工房アトリエおおましこ 公式聖歌解説ブログ
今日の聖歌
年間第20主日の答唱詩編
2016.08.08
XML
カテゴリ:答唱詩編
《C年》

 54 神のみ旨を行うことは

【解説】
 この答唱句の元となった詩編40(答唱句は9節を元に作られています)は、元来、二つの異なる部分からできています。前半は2-11節で、病気から回復したことへの感謝の祈り、後半は12-18節で、そのうち14-18節は詩編70とほぼ同じもので、個人的な嘆願の祈りです。聖書《七十人訳》では、6節の「人々の集い」を「エクレシア」=「教会」の原語、10節の「告げ知らせ」を「福音を伝える」=後の「福音」の原語、と訳しています。これらは新約聖書をはじめ、教会ではなくてはならない、重要なことばとなっています。
 答唱句の前半、従属文の部分は、「おこなう」が最高音(B=シ♭)を用いてことばを強調しています。続く「うことは」では、一時的に属調のF-Dur(ヘ長調)に転調することで、丁寧にことばを語り、行う決意を呼び起こします。後半は、すぐにB-Dur(変ロ長調)に戻り、まず、「わたし」が最低音のCから始まり、謙遜のこころを表します。「こころの」は、付点八分音符と十六分音符で、最後の「よ」は音価が拡大され(付点四分音符と八分音符)斜体の部分は最高音B(シ♭)によって、こころ(魂)が喜びおどる様子と答唱句全体の信仰告白の決意を力強く表しています。
 詩編唱は終止音と同じ音から始まり、1小節1音の音階進行で下降して開始音Fに戻り、作曲者の手法「雅楽的な響き」の和音で終止します。バスのEs(ミ♭)は答唱句のバス(D=レ)とテノール(F=ファ)のオブリガートとなっています。

【祈りの注意】
 答唱句全体の信仰告白は教会の母である聖母マリアが歌った「マリアの歌」(マグニフィカト ルカ1:46~)に通じるものです。いつも、この信仰告白の決意を持ち、神の み旨をわきまえることができるように祈りましょう。「神の」を心持ち早めに歌うことが、この信仰告白の決意のことばを生き生きとさせます。メトロノームのように歌うと逆にだらだらしますし、上行の旋律も活気がなくなります。「みむねをおこなう」は、現代の発音では同じ母音Oが続きます。どの声部も同じ音で続くので「み旨をーこなう」とならないようにはっきり言い直しますが、やりすぎにも気をつけましょう。
「こと」の後で息継ぎをしますが、この息継ぎは「は」の八分音符の中から少し音を取って、瞬時に行います。ここをテンポのままで行くと、しゃっくりをしたようになります。この前から少し rit.すると、息継ぎも余裕を持ってできますし、何よりも祈りが深まります。
 後半はすぐにテンポを元に戻しますが「こころ」あたりから rit. に入り、付点のリズムを生き生きと、また、力強く歌って締めくくりましょう。この時、先にも書きましたが、聖母マリアの心と同じこころで歌うことができればすばらしいと思います。なお、これらの rit. は、いつ始めたのかわからないように、自然に行えるようになると祈りの深さもましてきます。
 第一朗読ではエレミヤの苦難の様子が語られます。エレミヤは神から告げられたことを正直に伝えたことで、かえって、役人たちの反感を買い、囚われの身となりました。神のみ旨を行うことは、あるときには、多くの人々の好むこととは反対のこと、人々にとって都合の悪いことを言ったり、行なったりしなればならないこともあるのです。その、最たる例が、主キリストだったのではないでしょうか。神から遣わされたひとり子は、父のみ旨を行ったがために、十字架に付けられました。しかし、神は、その人(主のしもべ)の祈りを必ず聞きいれ、いつも守ってくださるのです。今日の答唱句を歌いながら、わたしたちも、恐れることなく神のみ旨を行うことができるように、神からの助けと力を願いたいと思います。

【オルガン】
 答唱句は、答唱詩編としての本来の役目である黙想と、窮地から救われたエレミヤの感謝、また、み旨を行う喜びを表すようなストップが用いられるとよいと思います。神の母聖マリアの祭日には、やや、明るめのストップをお勧めしましたが、今日の場合はフルート系のストップで統一してみたほうがよいかもしれません。とはいえ、み旨を行う喜びを表すために、4’は明るい音色のものを選んでもよいでしょう。会衆の人数が多いようでしたら、フルート系の2’を入れるのもひとつの方法です。人数とオルガンの規模に応じて、工夫をしてみてください。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2016.08.08 16:54:47
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.