000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

みんなありがとっ!

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

バイクをいじる!

2011.01.10
XML
カテゴリ:バイクをいじる!
本日はジョン吉さんとともに寒稽古のお約束をしていたので、昨日からイソイソと準備を。

クルマに乗ってるチェーンを降ろし、バイク載せて、アンダーアーマーも用意して安心してぐっすり寝たのです。

さて、朝起きるとめちゃめちゃいい天気。
こりゃ~ぬくぬくとたくさん走れそうな予感。

出かけるとき、なぜか地面もクルマも濡れているのにちょっとした違和感を感じますが、気にせずGo!なのです。
クルマで走ってると、なぜだか白い帽子をかぶったクルマがちらほら。
特に北から南下してくる車は分厚い帽子をかぶってるのだ。

なんとなく嫌な予感がしながらも、気にしないようにして走り続けますが、周りはどんどん雪景色になってきます。
雪景色
幸い気温も高く、路面には雪が残ってないので、FSWにはたどり着けそうです。

さて、FSWも近くなり、国道から脇道へ入ろうとしたところ、日陰の部分の路面が真っ白。

しっかり踏み固められてます。
ゆっくり通過すればいいや、と突入。
ところがちょうどそこで信号が赤に。
止まるには止まったものの、場所は上り坂。後ろにはクルマが並んでます。

信号が青に変わり、そろ~りとアクセルを踏んでみると、まるでギアがニュートラルに入ってるかのような勢いで吹けあがり、ずるずると後退。

仕方がないので後ろの車に先に行ってもらい、バックでそろりそろりと日向まで出ました。

他の道も入ってみたのですが、どこもまともに進めそうもなく、すっかりイジけて帰ってきました。
ちょっと待てば溶けてしまいそうな気はしますけどね~。

さあ。本日の教訓。

バイクを載せてもチェーンは降ろすな。

なんか違うな~。

さて、ビール飲みながら甘い茶碗蒸しでも作るかな~







最終更新日  2011.01.10 11:33:49
コメント(6) | コメントを書く


2010.11.28
カテゴリ:バイクをいじる!
先日の2回の転倒で、クランクケースカバーが削れました。
オイルを撒き散らすのもイヤなので、ガードをつけることにしました。

プリン

フレームスライダのように見えるかもしれませんが、総額308円、ホームセンターで買った材料で作ったパチモンです。

素材もスライダとは違ってただのゴムなので、コケた時にココ一番のグリップ力を発揮してしまい、凶とでるやもしれません。

なんといっても実験はとっても簡単なので、結果はすぐに出るでしょう。
楽しみですね~。







最終更新日  2010.11.28 23:20:19
コメント(4) | コメントを書く
2010.08.01
カテゴリ:バイクをいじる!
昨日のバッテリー充電器の件、見事にしくじっておりました。

絶縁のために被せた熱収縮チューブを加熱しすぎて半熟状態になってしまい、プラスとマイナスの銅線が直接接触していました。

本当になんのこっちゃ、という感じ。
絶縁チェックしたのにな~。

というわけで作業をやり直し、無事充電できるようになりましたとさ。






最終更新日  2010.08.01 21:00:54
コメント(6) | コメントを書く
2010.07.31
カテゴリ:バイクをいじる!
先日購入したバッテリー充電器
コンセントからバイクまでが遠いので、充電ケーブルを延長しました。

ケーブルをちょん切り、買ってきたケーブルを半田付け、熱収縮チューブで防水して完璧!
のはずだったんだけど充電できない(-_-;)

ただ単にケーブル延長するだけなのに、なにをしくじったというのか???

せめてケーブルちょん切る前に充電できることを確認しておくんだった(-_-;)






最終更新日  2010.08.01 00:17:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.11

VFR

カテゴリ:バイクをいじる!
エンジンがかかりません。
以前から冷間時はとてもかかりにくかったんですが、今日はまったくかかりません。
バッテリーもすっかりあがってしまいました。

キャブの辺りから燃料が漏れてるので、オーバーフローしたガソリンが燃焼室に入っちゃってるのかもしれません。

こりゃ入院ですな(-_-;)






最終更新日  2010.01.11 10:30:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.29
カテゴリ:バイクをいじる!
今日もカートコースを走ってきました。

今日は少し荒れた感じでしたね。
そもそも台数が多いのですが、お互いに譲り合いながら危険を避けましょう、という気のない人が何人かいるだけで全体が危険な感じになるようです。

特に今日はモタード乗りのうちの一人がそんな感じでした。
すでにコーナーに進入して倒しこんでいるのにイン側に突っ込んできたり、コーナー直前で無理やり前に割り込んで急減速したり。

おそらくそんな雰囲気も影響があったと思うのですが、転倒の多い日でした。
午後、バイクの走行時間になり、コースインした直後の1週目に目の前で転倒があり、転倒した人を後続車が轢いてしまう、という事故もありました。
轢かれた人は動けないようで、救急車の出動となりました。

自分自身もかなり注意してたのですが、夕方に転んでしまいました。
例のモタード乗りの人にいつものように1コーナーで無理やり前にねじ込まれ、追突しそうになりながら進入しました。
モタード乗りの人は進入ドリフトの練習をしているのか、いつも必要以上に減速しながらスライドさせていましたが、どうやら滑らせすぎたようで、そのまま転倒してしまいました。
鼻先で転ばれたので危うく突っ込むところでしたが、間一髪で避け、何とか巻き込まれずに通過しました。
そのまま次の周に入り、第1コーナーへくると、さっきのモタード乗りの人はバイクを起こしてコースのイン側に立っていました。
まだコース内に人がいる状況ですので、このコーナーはゆっくりとやり過ごすつもりで速度を落としてあまり寝かさずに回っていました。
ところが、急にフロントがにゅる~っと滑ってそのまま転んでしまったのです(-_-;)
起き上がって滑った辺りを見てみると、水溜りのようなものがありました。
どうやらさっきモタード乗りの人が転倒したときに、ガソリンが漏れたようです。
滑るところをわざわざ走ってしまったのが悔やまれます。
人のほうに目が行って路面を見てなかったんでしょうかね~。

さて、バイクのほうですが、レバー先端が削れた以外は無傷のようです。
まったく変わりなく走れます。
ツナギは無傷ですが、ヘルメットに傷が・・・。
さすがにコケても惜しくないバイク、心の傷はすぐに癒えました。
が、その直後、体の痛みに気がつきました。
コケた側と反対側の手の親指が痛いのです。
なんでこんなところが痛いのか、かなり謎です。
こけた瞬間のことはよく覚えているのですが、こっちの手で何かをした覚えはまったくないのです。
不思議なのです。
そんなわけで、ちょっと気分も萎え、時間も時間だったので、本日はここで終了。

今日のベストタイムは33.2秒。前回から0.8秒の更新です。
まだまだ行けそうな気がしますよ(^_^)v






最終更新日  2009.11.30 00:43:50
コメント(2) | コメントを書く
2009.10.28
カテゴリ:バイクをいじる!
VFRのブレーキ、シール径が違うため、他機種のキャリパーが付いてるものと断定し、「正しい」ものを中古で購入いたしました。
12000円でした。

さて、取り付けてみましょう、ってんでもともと付いてたキャリパーを外し、サポートにあてがってみます。
ありゃ。ありゃりゃ?

思いっきりディスクと当たってるじゃないですか。
こりゃフォークも違うバイクのものに違いないのです。

あちゃ~、というわけで、元のオーナーさんに問い合わせてみたのです。
そしたら、VFR400Kという教習車のフロントフォークに交換してあるとのことでした。
ひょっとしてディスクは元のままなんでしょうか?
聞きそびれました。
あとは現物あわせでいくしかないんでしょうかね~。

失敗しましたね~。
「買う」と「聞く」の順番を間違えちゃいました。

ん~。
キャリパー、いりませんか?
たったの1万2千円ですよ~。






最終更新日  2009.10.28 22:26:11
コメント(2) | コメントを書く
2009.10.20
カテゴリ:バイクをいじる!
先日ヤフオクVFRのブレーキのお掃除をしていたときに、どうやらキャリパーがオリジナルのものではないらしいことに気づいていたのですが、今回カートコースを走ったことでかなり明確になりました。
まず効きが、というよりタッチがおかしい。
かなり力を入れて握りこまないと効かない上、リリースの感触がすごくつかみ辛いのです。
そして、決定的なのは、パッドとディスクがずれていることです。
ディスクの内側5mm幅くらいで、まったくパッドが当たっていない部分があるのです。
どうやら一回り径の大きなディスクを持つバイク用のキャリパーっぽいです。

う~ん。
キャリパー左右で3万円超える~。
そもそも在庫あるのかな~。
わざわざ合わないキャリパーがついてるってのは、在庫がなかったから、って言う可能性も高いしな~。

とりあえず部品のお見積もりは取ってみるものの、今のパッドが使えるうちはこのまま乗ろうと思います。
今のところはちょっと右手が疲れるくらいで、それほど不都合ないし。






最終更新日  2009.10.21 00:27:28
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.11
カテゴリ:バイクをいじる!
ブレーキキャリパーの掃除をしたのです。

VFRのブレーキは片押し2ポッドです。
古いとは言え、VFRと名のつくバイクが対向ピストンじゃないのは驚きです。

キャリパーをはずし、パッドを抜きます。
そして、レバーをキコキコ押してピストンを押し出します。
どうも片方のピストンの動きが悪いらしく、もう一方だけにょきにょき出てきます。
きっとこのせいで引きずった感じになってたのですね。

両方が均等に出てくるように手で押しながら、徐々に押し出していきます。
最後にコロンとピストンが外れ、フルードがばちゃっとでてきます。
バンジョーも抜いて、完全にキャリパーを取り外してお掃除です。

精密ドライバを使ってダストシールとピストンシールをはずします。
シール自体は意外にきれいで、変形もありません。
シールのはまっていた溝は、さすがに汚れがたまってます。
古い歯ブラシを使ってごしごしこすり、パーツクリーナで汚れを流します。

さて、新しいシールをはめますよ。
あれ?
異様に簡単にはまります。
っていうか、スカスカじゃないですか。

はずしたシールと比べてみます。
明らかに新しいシールの径が小さい(-_-;)
なぜ?
部品番号はあってるのに・・・

もしかして違うバイクのキャリパーがついているのか?
そういえば、ステップのリターンスプリングを買ったときも、いまいちしっくりこない感じの部品だったんだよな~。
本当にこのバイクはVFRなんでしょうか~???
フレームもエンジンも、そんなに怪しいところはないんですけどねぇ。

周りで子どもたちがキャイキャイ遊んでる中、一人でボケッとしてしまいました。

使えないシールを見つめて呆然としていても仕方がないので、もともとついていたシールを戻すことにします。
幸いシールそのものは劣化しているように見えないので、問題ないでしょう。
くりくりっとシールを取り付け、ピストンはプラハンで叩き込み、パッドもつけて、キャリパーをバイクに装着、フルードを入れてエア抜き。

これですっかり引きずりもなくなったようで、さらに快適になったことでしょう。

めでたしめでたし。
あ、そうでもなかった。シールはどうすりゃいいんでしょうか。
ほしい人いるかな?

あ、思い出した。
キャリパーをはずすときにラチェットが壊れたんだった。
堅いボルトをはずすときに力を入れたら、なぜか回転方向を変えるレバーが折れてしまったのです。
かなり不可解な壊れ方で、どうして壊れたんだか見当がつきません。

おかげでワタクシのラチェットは外し専門になってしまいました。
これって結構ショックかも(-_-;)






最終更新日  2009.10.11 21:15:00
コメント(2) | コメントを書く
2009.10.04

VFR

カテゴリ:バイクをいじる!
昨日VFRを引き上げてきました。

ヤフオクで落札し、前オーナーから受け取ったその足でバイク屋に預けたのでした。
お願いしていたのは、タイヤ交換とキャリパー清掃。

タイヤはピレリのSPORT DAMON
バイアスタイヤです。
サイズは100/90-16と130/70-18なのです。
フロント16インチにリア18インチ。
いまどきのラジアルタイヤにはこういうサイズはありません。
改めて見てみると、リアタイヤなんて18インチということもあって、異様に細く見えます。
もしかしてこれは、リーンウィズでいけちゃうかも?という予感がしますね。

そしてキャリパーの清掃。
バイクを前オーナーから受け取ったときに、異様に押し引きが重かったのです。
たぶんシールを変えないとだめなんだろうと思って、タイヤ交換のついでにバイク屋さんにお願いしておいたのでした。

受け取りに行くと、どうやら「清掃」といって依頼するとピストンをはずさずに揉み出しをするだけだったみたいです。
シールに異物が挟まって戻らないピストンがある、って言うので電話をしてくれたみたいなんですけど、留守でつかまらなかったとのことでした。

本当なら分解清掃をお願いしちゃいたかったのですが、ほかにやりたいこともあったので、とりあえず引き上げることにしました。
面倒くさいけど、自分でシールを交換しなくちゃです。

自分でバイクをいじくるのはもう10年ぶりくらいになります。
なかなか時間が取れないので、実際に作業するのはいつになるのやら、という感じですが、パーツを注文したりしているとなんだかワクワクしてきますね~。






最終更新日  2009.10.05 00:32:07
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.