496257 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子育て終了した父親の独り言2013

お母さんの請求書

小学校の道徳教育の教材としてよく用いれられてきた話から

グルエンベルク作の「お母さんの請求書」

10歳向けのお話

------------------------

ある日曜日の朝のことです。
ブラッドレーは、朝食のテーブルに着くと、お母さんのおさらの上に、
ていねいにまいた一まいの紙をおきました。
お母さんは、まいた紙を手にすると、するすると開きました。その紙
には、次のように書いてありました。

せいきゅう書

お使いちん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50セント
パーティのときのるす番ちん・・・・・・・・50セント
庭のはきちん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50セント
弟のおもりちん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50セント

合計  2ドル



 お母さんは、にっこりとわらいましたが、何も言いませんでした。
そして、お昼の時間がきたとき、ブラッドレーのすわっているテー
ブルの上に、2ドルをおいたのです。
 ブラッドレーは、そのお金を見て、大よろこびです。けれども、
そのお金といっしょに、もう一つ、小さい紙がたたんでありました。
それには次のように書かれていました。

お母さんのせいきゅう書

病気になったときのかん病代・・・・・・・0セント
シャツやくつ下のせんたく代・・・・・・・・0セント
毎日の食事代・へやのそうじ代・・・・・0セント
生まれてから今日までのおせわ代・・0セント



 ブラッドレーの眼には、なみだがいっぱいあふれました。そして、
お母さんにかけよると、もらった2ドルをわたして、
「お母さん、ごめんね・・・・・・」
と言いました。

 



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.