496108 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

子育て終了した父親の独り言2013

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

ほっとけない!いじめ問題

2007年05月07日
XML

BS世界のドキュメンタリー<欧米の教育現場から>
今から5夜連続!!

学校の先生を目差すのなら録画しておいて損はないよ


英国・初めての集団生活[再] 「就学前学級での教育」
5月7日(月) 24:10~25:00 NHK衛星第一

英国・感情をどうコントロールするか[再] 「EQ向上」
5月8日(火) 24:10~25:00 NHK衛星第一

スペイン・違いをどう受け入れるか[再] 「移民の子供」
5月9日(水) 24:10~25:00 NHK衛星第一

イギリス・なぜいじめはなくならないのか[再]
5月10日(木) 24:10~25:00 NHK衛星第一

カナダ・いじめ撲滅プロジェクトの1年[再]
5月11日(金) 24:10~25:00 NHK衛星第一








最終更新日  2007年05月07日 23時28分07秒
コメント(0) | コメントを書く


2007年04月13日





Do not stand at my grave and weep,

I am not there, I do not sleep.

I am in a thousand winds that blow,

I am the softly falling snow.

I am the gentle showers of rain,

I am the fields of ripening grain.

I am in the morning hush,

I am in the graceful rush

Of beautiful birds in circling flight,

I am the starshine of the night.

I am in the flowers that bloom,

I am in a quiet room.

I am in the birds that sing,

I am in each lovely thing.

Do not stand at my grave and cry,

I am not there. I do not die.



亡くなってしまった家族の喪失感に打ちひしがれる中で

作者不詳のこの詩を何度も何度も聞いているうちに

やがて喪失感から温かい空間に自らを発見するという



事故や病気で突然死んでしまった家族ならそう思うだろう



これがいじめによる自殺だったとしたら、家族はどう受け止めればいいんだ




特報首都圏  『いじめをなくしたい▽遺族たちの思い』をやっていた
自殺した子供の親たちの心境は、いかばかりか
子どもの写真を見ることもできなかった親たちが勇気を振り絞って
子供の写真パネル展を開催した

いじめを無くしていく努力を放棄してきた大人社会

子供たちが悩んで生きることを辞めざるを得なかった

その学校の調査結果では『いじめは無かった』と報告されてしまう

いじめがないから、対策する必要がないと言うのか

バカヤロー

いじめを無くしたいと思うからパネル展を開催したんだよ

もっと優しいこころを持とうと思う







最終更新日  2007年04月13日 20時25分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年03月09日

今日はお休みでした。
年次有休休暇が10日間もたまっており、5月20日までに消化しなくてはいけない。
仕事が気になるけど、気持を抑えて休みをしっかりと取りました。

実は高一の娘も今日は休みでした。ラッキー♪
高校の卒業式なので一年生はお休み。
昼ごはんは娘がスパゲティを作ってくれました。ラッキー♪

昨晩は、午前3時に寝たので、ゆっくりできてよかったのです。
そして、今、数日サボっていた楽天日記を書いています。

楽天の掲示板に真琴2115さんの書き込みがありました。
いじめと戦っている大病を抱えたお母さんです。
学校に殺されるのブログ管理人です。
いじめをすることは良くないことだよとどうして現在の教師は教えないのでしょう?
いじめに加担することをどうしてご先祖様に恥じないのでしょう?

ほっとけないいじめ問題。
トップページにリンクを貼らせていただきました。
ご訪問ください。







最終更新日  2007年03月09日 21時05分35秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年01月15日


中学生日記に出演する名古屋の子供たち130人を集めての大討論会やっていた

中学生が司会になっていじめの問題を討論していた

こんなアンケート結果が最初に放映された

◆いじめが身近にあると思う人?   95人/130人 (73%)

◆いじめをなくしたいと思う人?  101人/130人 (78%)

こんなに多くのいじめがあるのだと驚きました

発言する子供たち、みんな辛そうな表情をしていた

はぁ・・・義務教育を受け始めて5~6年間をいじめを身近に生きてきたのだろうか

これって特殊なことですか? 先生たちに聞きたい

SMAPのみんなもいじめなくそうと、番組の特集を組み、ヤンキー先生を迎えて、大人が怒っていることを伝えた

いじめを本当になくそうとする気運が今ほど高まっている瞬間はないだろう

自殺を苦悩から逃れる手段に選ぼうとしているボクラの子供たちを救うために、「いじめなくしたい!プロジェクト」の放送に注目したい

こういう番組が続いている中で、校長先生たちは、どういう方針を示しているんだろうか・・・・
先生方のコミュニケーションのなかでどんな話がされているんだろうか・・・・





中学生日記
http://www.nhk.or.jp/nikki/weekly/index.html

*** 番組サイトから抜粋 ***

「いじめなくしたい!プロジェクト」は全4回シリーズです。

1回目はスタジオに「日記生」130人が集まり、いじめの原因や対策について3時間に渡って語り合った大討論会。
2回目は、強烈ないじめ体験をもつ日記生9人に、その時の心情を深く掘り下げて聞くへのインタビュー構成。
そして3・4回目は、ドラマです。討論やインタビューを通じて浮かび上がった、いじめの実態やその時の心情、解決のためのアイデアをもとに作った物語を前後編でお送りします。

1月15日(月) 第1回 討論・いじめなくしたい! (日記生130名が参加した大討論会)
1月22日(月) 第2回 メッセージ・わたしのいじめ体験(いじめ体験を語るインタビュー構成)
2月19日(月) 第3回 ドラマ(タイトル未定)前編
2月26日(月) 第4回 ドラマ(タイトル未定)後編

*** 抜粋終わり ***






最終更新日  2007年01月16日 08時11分03秒
コメント(8) | コメントを書く
2006年12月26日


福島県浪江町の中2自殺の真相は?

と朝のテレビ・スパモニで特集している

学校側の説明は、
・去年いじめはあったが解決した
・アンケート調査で自殺した本人からいじめがあったと報告がなかった
・その他の者のアンケート調査でもいじめがあったとは記載されていなかった

だから、結論としては、いじめはなかった。
生徒たちも動揺しているので、今回の二度目の報告で終わりにさせて欲しい

・・・
これが校長が発した言葉なのか

物事の本質を見極めないで、表面だけで判断するのなら、このような校長は即刻退職金を辞退して辞めていただきたい

「星の王子さま」の本を読んでいないのか、校長先生

「心で見なくちゃ物事は分からないんだ・・・大切なことは目に見えないんだよ」


民間から、3000人程度は校長を送り込まないと、教育現場は変わらないという、よのなか授業の藤原校長先生の提言に納得する


今、学校で何が起きているのか (杉並区立和田中学校・藤原和博校長寄稿)

第1回 なぜ教員は忙しいのか? 削られる「生徒と向き合う時間」

第2回 「教育委員会」とは 教育委員会事務局と混同してはいけない

第3回 校長という種族 実は"営業所長代理のサラリーマン"

第4回 3000人の校長を学校以外からハントせよ!






参考
いじめ自殺?福島県浪江町中2自殺、調査要請










最終更新日  2006年12月26日 22時16分33秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年12月11日

お勧めの本

図書館で借りて読了しました。
この本で紹介されている
公立中学校が実践した「君を守り隊」の生徒会活動

学校ホームページを訪問してみました。

生徒会活動を閲覧してみました。

いじめを撲滅させることは生徒の力でできることを実感しました。

ようこそ,下館中学校のホームページへ



君を守りたい

「まるで生き地獄」??
衝撃的な言葉を残して自殺した中学生、鹿川君の事件から20年。
いじめは集団によるレイプや暴行、果ては殺人までにエスカレートしている。
犯罪被害者支援活動に取り組む弁護士作家が
「いじめをしない、させない、許さない」をスローガンに、
生徒たちの手による「君を守り隊」を創設し、
いじめをなくした中学校の活動などを通して
被害に悩む子供たちを救う究極の方法を明かす。
緊急書き下ろし!


公立中学校が実践した「君を守り隊」の驚くべき成功をはじめ、
いじめ撲滅の即効的かつ具体的な解決法が満載。
巻末に「君を守り隊」の公立中学校教諭と著者との座談会を収録。

【目次】
第1章 いじめを即刻、停止させるには?
学校で襲われた女子中学生の悲劇
少年院の教育で鬼畜たちは人間に戻るか?
 ほか

第2章 「鬼畜の心」に人間教育は通じない
人間教育では「いじめ問題」を解決できない!
小中学生に広まる“いじめ”が原因の深刻なうつ病
 ほか

第3章 いじめは犯罪だ
いじめとはまさに“学校犯罪”なのだという認識をもつこと
学校から去る被害者、居座る加害者という矛盾
 ほか

第4章 こうして「いじめ」は消滅する
アメリカ教育界はなぜドッジボールを禁止するのか?
「ゼロ・トレランス」(不寛容)方式の衝撃
 ほか

座談会 「お父さん、この学校にはいじめがないんだよ」









最終更新日  2006年12月11日 07時41分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月10日



さあ、始まった!!

ヤンキー先生!義家弘介の夢は逃げていかない

http://www.allnightnippon.com/yume/


いじめから逃げるため転校した先の学校でもいじめを受けて
自殺未遂したマミが母親の勇気ある立ち上がりにより
校長先生と話し合い、ようやく、クラス会でいじめを無くそう
という動きが出てきたと今日報告しているマミちゃん!!

その報告に涙するヤンキー先生

やっと5年ぶりくらいに学校で一日中笑顔になれているとマミ

この平穏がいつまで続くのかが不安だよ

生きていてもしょうがないと言っていたマミ

数万人の人が応援のメールを送ったことだろう

一人じゃないって思えさせてくれた義家組のみんなありがとうと語るマミ

義家先生のような先生になりますと語るマミ


良かったなぁ・・・










最終更新日  2006年12月11日 00時23分12秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年12月08日


ただいまの時刻

太田総理のマニフェスト
参議院を廃止

を見ておりました


自分の意見を堂々と出して議論する姿を
見せる太田の激しい引き攣った顔に乾杯!!


目立つものがやがていじめの標的にされている事実

先日の教育レネッサンスでNPO団体が
小学校に出かけて6年生にいじめ劇の体験授業
をやっていました


いじめの定義をしっかりと説明した後で
いじめを受けたことが一度でもある人?
との質問に、ひとり手を挙げ二人手を挙げ
やがて全員が手を挙げていました

今度は、いじめをやっちゃったことのある人?
という質問には・・・・・

どうだったでしょう?
















何と全員が手をあげたのでした


これが現実の教室の実態なのですね


大人がまず恥を知ることから正していきたい


こんな場合に教育・いじめの特集で情報を知ろうと思います


教育・いじめ











最終更新日  2006年12月08日 20時56分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月06日

今日は水曜日

「14歳の母」を放送していたが、集中できそうもない。

録画を後で見ることにして、お気楽になれそうな番組をながら視聴。

その番組は、「知るを楽しむ」水曜日の人生の歩き方

12月は作家 田辺聖子さん

やはり興味深い人生を過ごされてきている。全4回の再放送を録画しようと思う。

番組が終わりそのままにしていたら、NHK 視点・論点が始まった。

コムズカシイ番組だからチャンネル変えようとしたら、

いじめについて(3)作家 雨宮処凛 のテロップ

だれだろう?

やがて現われたのが、ゴスプリ調の若い女性の雨宮さんだった。

いじめを受けていたんだという。

中学校の部活での話し

ヘタだということで、いじめ・無視が始まったという

先生には絶対に相談しないという

いじめを相談した他の生徒がいたという。

相談を受けた部活の顧問の先生が、めんどくさそうにいじめた生徒といじめられた生徒を呼び出し、ここでよく話し合えといってそのまま出て行った。

そうこの先生に設定された環境で、いじめられている生徒はボコボコにされたという。

想像してみれば当然の帰結。この当然の結末を想像しない教師。

雨宮さんはいじめ・無視から逃れようとして、気がついてみれば、自転車で車道の車に突っ込んでみたり、高い窓から飛びようとしていたり、自殺することばかりを衝動的に考えていた。

教師に相談できるわけがないという。親には絶対にいえないものだという。

では親はどうしたらいいのだというのだ。

それば、いじめを受けている子どもに、逃げ場をつくってやること。

今の学校だけが全てじゃない。そんな学校で頑張ろうなどと言っては逆効果、絶望するだけ。

旅行に行くだけでも絶望感から救われるという。

・・・・

視点・論点 次回は「いじめ4」 違う人が10分間語る。

・・・・

作家 雨宮処凛の本を読んでみたくなってきた

検索サイトを探していたら、すごい生き方プログに遭遇した。

いま「生きづらい」「死にたい」と思っている方へ、相談メールを受け付けてくださっているよ








最終更新日  2006年12月06日 23時48分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月02日
子どものいじめ ほっとけない! 

ということで、毎日のニュースやテレビ番組を
撮りためていたら、ちょうどよくDVD-R1枚に
収まった。約2時間キッチンで作業しながら見終わった。

わたしはだぁ~れ・・・ハウスハズバンド??

DVDの内容は

[1]子どものSOS そのとき親は
 ~大人に今何が必要か~
2006.11.17

[2]海外でのいじめ
オーストラリア
”いじめは起こる”
という前提から
2006.11.19

[3]女子高生が飛び降り死
  携帯に”いじめ遺書”
    2006.11.23

[4]教育クライシス2
演劇で”いじめ体験”
2006.11.23

[5]教育クライシス3
”選択制度”で学校の未来は?
学校予算が生徒の成績で決まる
      2006.11.24

[6]オーラの泉
・いじめは恥知らず
・生まれ変わりの誤解
・自殺では楽にならない
・生き抜くことに価値が
  ゲスト 堀ちえみ
あなたはこの社会に生きる子どもたちを
愛していますか?
そしてあなた自身を愛していますか?
子どもは大人社会の鏡
思いやりのある子どもを育てる

[7]教育再生会議・緊急提言
朝ズバッ!
2006.11.30
●見て見ぬふりした子ども加害者
●教員のいじめられている子のケア
●いじめへの加担教員の懲戒処分
●学校によるいじめ対策チーム
●いじめ隠ぺいの防止
●家庭・地域との連携
●政府も一過性の対応では終わらせない


なぜ、毎日、いじめによる自殺が続くんだろう・・・


オーラの泉で、
『子どもは何も変わっていないし悪くない。大人社会が最悪の状態に変わってしまったんだ。』
『恥を知れ!』
『天知る。地知る。我知る。』
 悪いことをしていると、天の神様が見てるよ、地の神様が見てるよ、おのれ自身が悪いことをしていることを知っている。
と教わった。

見えないところで、わからなければいいとどんどん作られてしまった偽造マンション。
成績優秀な生徒が陰で無視、恐喝、窃盗といういじめをしているのと同じだ。

と思っていたら、大人社会のいじめも経験したことのない異常事態だと指摘されているんだ!!

驚き~~!!

↓↓↓↓↓

****毎日新聞より引用****

<いじめ>「大人」の職場でも深刻 労働相談の2割近くに

 「大人のいじめ」もまん延してます――。日本労働弁護団(宮里邦雄会長)の実施する労働相談で、職場でのいじめに関する相談件数が全体の2割近くを占め続けている。内容も言葉のいじめから直接的な暴力まであり、弁護団は「子どものいじめ自殺が相次ぐ中、『子は親を映す鏡』というが、長時間労働などが職場にギスギスした雰囲気を生み、いじめにつながっているのでは」と分析。「14年間の相談活動の中で経験したことのない異常事態」と指摘している。
 弁護団によると、年間約2000件寄せられる相談のうち、いじめに関する相談の割合は04年に8%で、不払い残業(30%)や解雇(14.9%)などと比べて相談は少なかった。それが05年には17.7%と2倍以上に増加。06年も17.2%と高水準のままだ。これに伴って労災の相談では、従来のけがなどから「うつ病」の相談がほとんどを占めるようになった。
 20代のシステムエンジニアの男性の事例では、システムの完成が進まないことから「再教育」の名目で仕事と関係のない研修を受けさせられ、ひざげりなどの暴力を受けるようになり、うつ病となった。また、経理職だった女性は営業に回された上、けんしょう炎になるまで古い伝票を破る作業を延々とやらされたという。技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われるらしい。
 弁護団の棗一郎弁護士は「さまざまな形のいじめがある。法的措置で対抗もできるのでぜひ相談してほしい」と話している。
 弁護団は2日を中心に20都道府県で電話相談「労働トラブル110番」を実施。常設的な相談も行っており、問い合わせは弁護団(03・3251・4472)へ。【東海林智】
(毎日新聞) - 12月2日15時10分更新

****引用終わり****






最終更新日  2006年12月02日 19時39分51秒
コメント(4) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.