000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~鬼瓦旅團~

PR

X

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

景観

2016年03月24日
XML
カテゴリ:景観

桜が咲き始めましたね。今週末には花見ができる頃かもしれませんね。

桜といえば、、、

 

zugaike_sakura_2.JPG

この淡いピンク色のソメイヨシノを思い浮かべますし、桜開花宣言の標準木もこの木ですよね。

しかし、桜にはたくさんの種類があり、ポピュラーなので河津桜や八重桜などもありますよね。

家の会社にも桜の木がありまして、門真市からこの寝屋川市へ会社が移転してきた時に

先代が植えて20年、、、かなり大きくなりました。

2016-03-22 10.31.45.jpg

この桜、ピンク色の花が咲くので、当初は河津桜かなと言っていたのですが、

ちょっと時期が違うし、、、ネットで検索してピンク色の花が咲く桜で検索したら

おかめ桜がヒットしたので、おかめ桜と決めつけ15年、、、

近所の方に「この桜はなんて桜?」って聞かれても「おかめ桜です!」

okame.jpg
ちなみにおかめ桜はこれね。

と答えていたんですが、昨日のニュースでピンクの花が咲く「陽光」が満開です。

と映像がうつり、鼻が下を向いて咲くき、花びらの形をみて、、、

あっ、、これや!

2016-03-22 10.31.08-1.jpg

そう、植えられて20年経ってやっと、我が社の桜の種類がわかったのです、、、
先入観っていうのは怖いもので、おかめ桜とインプットされたら

全く疑わずに、信じ込んでいましたもん。。

なんでもそうですが、ちゃんと調べなあきまへんなぁ、、、(^^;

ちなみに我が社の桜は、この界隈では有名でして、

今年も見に来てくれるご近所さんの為に、ベンチを用意して花を見ながら

お茶でも飲んで頂きたいと思います。








最終更新日  2016年03月24日 09時30分19秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年04月06日
カテゴリ:景観

 

最近、大阪市内の上町台地あたりで屋根にあがることがありました。

 

2012_03_30_10_54_13.jpg

 

そこから見ると、まだまだ昭和に建てられた瓦葺の長屋がたくさんありました。

非常に密集したところで、道路と言っても路地みたいなもので

消防車などは絶対に入れませんので、火事になれば大事になるとは思うのですが、、

 

2012_03_30_11_02_17.jpg

 

しかし、最近はこういう長屋に空きがでると、若い人が入居してくることが

多いそうです。

大阪に中心部にあって、レトロな昭和な香りのする建物、また町並み、

駅や商店街に近く、便利なんだけど静かだというのが受けてるそうです。

 

最近の若者は、われわれ世代のスクラップ&ビルドの考えとは違って

子供のころから、エコやリサイクルということを学んでいるので

そういうところからでも、こういう古い建物をリノベーションして使うって

考えがオシャレだと思えるのでしょうね。

 

 







最終更新日  2012年04月06日 11時15分28秒
コメント(1) | コメントを書く
2011年09月26日
カテゴリ:景観

3連休明けの月曜日!!

って、世間はね。私はただの週末でしたが。。

 

朝から天気がパッとしませんでしたね。

朝一番から、奈良の五条に屋根調査だったのですが、

奈良県は雨、、、、

御所市の山間の国道を走って、五条に向かってるとこんな景色が。

 

IMAG0403.jpg

 

雲と山並みが、曇天とあいまって水墨画のような世界、、、

奈良ということもあるのか、神々しく感じてしまいます。

日本らしい山並みの景色ですね。

 

それと、日本らしい景色をもう一点!

 

R0021261.jpg

 

大阪市営バスに貼られた鳥取県倉吉市のPRポスターです。

赤い屋根瓦の街並みが美しい、山陰地方によく見られる

日本の風景です。

なぜこの地方の瓦は赤いかと申しますと、この瓦が製造される

島根県石見地方は、来待石がよく取れるところで、

この来待石が釉薬に適しているということで、瓦の釉に使われるようになったのです。

陶器の石見焼などもこの来待石を使った釉を使うため赤いのが特徴です。

 

 

と奈良、大阪と走りながら感じた、日本の風景です。

普段何気なく通ってるとこでも、そんな日本の風景を感じれるところが

たくさんありますので、少し気にしてみてはいかがですか?

 

 

 







最終更新日  2011年09月26日 18時23分13秒
コメント(1) | コメントを書く
2010年09月11日
カテゴリ:景観

 

お昼から、娘が三木市まで送って欲しいというので、

送って行くと、娘の家の近所に渋い住宅が・・

 

20100911144920.jpg


鬼面の鬼瓦がつき、重厚感のあるイブシ瓦が葺かれ、漆喰壁の

古民家風な建物。。

いったい何の建物やろ、、蕎麦屋さんかなんかかな?

と思いきや・・・・

 

20100911144816.jpg

なんと入居者募集のノボリがあるということは

賃貸住宅なんです。。

いやぁ~軒の出方なんかまるで、どこかのお寺みたいに堅牢な造りで、

渋すぎです!!

でもここは三木市、、、住宅街にありますのでかえって目立ちます。。

でも、この賃貸住宅を建てたオーナーのセンスの良さ、

心意気に惚れそうになりました。

外観も素晴らしいので、中も素晴らしい造りなんやろねぇ~

見学させてくれへんやろか・・

 

京都や奈良とかでも、こういうオーナーがたくさん増えて

粋な和風な集合住宅なんかを建てれば、

世界に誇れる街並みになるではないでしょうか。。

 

 







最終更新日  2010年09月11日 17時18分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月02日
カテゴリ:景観

さて、下の写真はどこの写真でしょう?

和風な街並みですが・・・・

 

haneda.jpg

 

 

これ、実は今年の10月にオープンする羽田空港の新国際線ターミナルの中の

写真なんです。

「江戸小路」というショッピングゾーンなのです。

瓦葺きの建物が建ち並び、 日本的な和風な街並みを再現しています。

遠目な写真なので、この瓦が本物かどうかわかりませんが・・・

こういう空港の中に和風な街並みを再現するという手法は

中部国際空港の「ちょうちん横町」を真似たんでしょうね。

 

tyoutin.jpg

        中部国際空港 ちょうちん横町

 

日本の公共の建物は無機質な建物が多く、文化などの特色を出さないものが

多い中で、こういう和風な街並みを再現する手法はいいですね。

外国人の方も日本に来たという実感になるのでは。。

 

でも、羽田空港の瓦はどこの瓦でどこの瓦屋さんが葺きはったんやろ?

うちにもこんな仕事きたら、私は毎日現場入り浸りになるけどねぇ~(笑)

 

 







最終更新日  2010年08月02日 13時12分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年04月10日
カテゴリ:景観

 

先日、瓦組合からある冊子が送られきした。

 

iraka1.jpg

 

瓦のある風景「甍」~IRAKA~という冊子なんですが、

(社)全日本瓦工事業連盟、日本屋根外装協会、全国陶器瓦工業組合連合会などが

全国の瓦のある風景を写真で見てもらい、その歴史背景などの説明を載せ

瓦の良さ、伝統をを知ってもらおうと作った冊子です。

なかなかいい出来栄えなんですが、この冊子の1ページをめくって

この国の景観をダメにしているものがわかりました。

 

iraka2.jpg

 

美しい、いぶし瓦で葺かれた甍の屋根並なんですが、

なんか美しくなく、 中国の麗江の屋根並と比べると雑然としています。

そうさせているもの、それは「電柱」!そして「電線」!

普段見慣れているので、そんなに気にしてないのですが、

考えてみれば日本の至る所に電柱が立てられ電線が縦横無尽に張り巡らされてます。

最近は地下に埋められ電線のない街づくりも見られるようになりましたが

まだまだ、日本は電線だらけです。

いくら屋根や外装を揃えて美しい建物を造っても、この電線がある限り

本当の美しい景観は程遠いですね。

いままで景観を重視してこなかった、行政、電力会社には

かなりの責任があると思います。

太陽光発電もいいですが、これから、美しい街並みを残して行くために

官民一体となって取り組まなければならない問題でもあると思います。

 

それとこの電柱から、我々も含め日本人の景観に対する意識の変遷を

垣間見ることができました。

なぜそう思うかというと、この冊子の写真の電柱を見たとき、

ある映画を思い出しました。

 

080430evajo_001.jpg

 

それは「新世紀エヴァンゲリオン」。。

この映画の監督の庵野秀明は、描画に電柱や電線を多く描きます。

 

 

080517eva050.jpg

 

080517eva035.jpg

 

なんとなく、普段生活している私たちの街の風景ですよね。

雑然とした景観ではあるが、どこか日本をイメージさせます。

そう考えると、もう我々の頭の中に、電柱、電線はインプットされ日本的な風景として

とらえてしまう節が根付いているようです。

 

日本の昔ながらの景観は、心のどこかに安らぎを感じるかもしれないが

今の日本人には、実はすでに現実的な景観としてとらえられなくなっているのかも

しれませんね。

 

 







最終更新日  2010年04月10日 16時50分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月28日
カテゴリ:景観
今日は景観フォーラムです。。
約100名の方の前で講義です。
いやぁ~緊張します。

でも、来て頂いた方に少しでも瓦を知って頂ければと思います。






最終更新日  2010年04月10日 17時30分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月09日
カテゴリ:景観

 

フォーラムチラシver.7.gif

 

昨日で、大阪府瓦商工業協同組合が主催する

「景観フォーラム」の申し込みが締め切られました。

ほんとの沢山の方に申し込み頂きありがとうございました。

開催まで残り20日ほどとなりました、、

私もなんかバタバタしてきました。。

景観フォーラムの中で、「すぐわかる瓦屋根講座」を私が担当するのですが、

まだ、パワーポイントが出来上がってません。

っていうか、どう内容を持ってい行くか決めかねているのです。

参加者の内訳を考慮し、より分かりやすい内容にしたいですからね。。

さぁ、これからが正念場です。

瓦の事を少しでも、知ってもらうために、熱く語りたいですね。。

 

 

 







最終更新日  2009年11月09日 18時04分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年10月09日
カテゴリ:景観
今日は、朝から和歌山の紀の川市で、道路建設に伴う、工損屋根調査に行き、昼から阪南市の古民家の屋根調査、そして和泉市の雨漏り調査と、大阪の南の方をまわってきました。
そして、大阪南部に来たのでついでに、「景観フォーラム」のPRで大阪芸術大学芸術学部建築学科に申込チラシを持って行ってきました。

これから、「景観フォーラム」の会場のホテル下見で梅田です。

台風一過のあとは、忙しい日々が…

明日も、現調三昧。。
このご時世に、忙しいと言わせてもらえるだけ、ありがたいことです。。






最終更新日  2010年04月10日 17時41分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年10月06日
カテゴリ:景観
今日は延期になった「景観フォーラム」のPRに、大学を6校まわってきました。。
仕事上は生憎の天気ですが、こういうのは現場が動きませんから最適です。

今度は参加者募集も前回の10日間から、今回は30日以上!
たくさんの学生に来てもらえる事を願ってチラシ&申込書を配ってまいりました。
そしてこれから更にPRして、会場が満杯になるようします。

多くの方に聞いてもらい、瓦のことを少しでも知ってもらわなければ!

11月28日が楽しみです。。






最終更新日  2010年04月10日 17時42分25秒
コメント(0) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.