1092407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

スピリチュアルと政治の話

スピリチュアリズムからバシャールまで、様々な情報を提供しています。最近は政治の話メインです。
2020.06.28
XML
カテゴリ:日常


花の詩女ゴテックメードをドリパス上映で見てきた。このアニメは何年も前からドリパスで見たいと思っていたが、中々時間が持てず見る事が出来なかった。レンタルDVDも存在してないし。今回はファイブスター物語と同時上映だった。前の席に岡田斗司夫ポイ人が座っていてあれは本人だったのだろうか(マスクしていて分からず)。キョロキョロして観客の入をチェックしていたような。観客は40代がメインか。

花の詩女ゴテックメードの感想(ネタばれ注意)。
・平和主義者のベリンと平和を守るための武力を考えるトリハロン、せっかく日本の防衛問題にも繋がる深いテーマなのだから、何故非暴力を貫くことによる被害や武力で平和を守ろうとして被害を出してしまうなどの悔恨の描写がないのか不思議である。結局味方には誰一人被害者が出ず、敵に被害者が出るだけ。ストーリーに深みがなさ過ぎであり、子どもが見るアニメの枠を少しも出ていない。
・トリハロンが乗るゴテックメード、カイゼリンの戦闘シーンが少なく、圧倒的過ぎる。いくら強さを演出するにしても、弱点を付かれるなどの苦戦するシーンを入れるべきだった。敵の強そうなゴテックメードも登場するが戦闘もせず撤退するだけ。
・カイゼリンの色がカラフルに変化するがその説明がない。せっかく平和主義者のベリンが「美しい」と表現しているのだからその時に色の事も説明させるべきだった。
・背景の風景の描き方が雑であった。予算もあるだろうからこれは許せるレベル。
得点で言えば60点という所か。
それに比べてファイブスター物語の方は久しぶりに見たがとても面白かった。ストーリーが普遍なんですよね。無理やりお嫁に行かされるのを振り切って好きな人と結ばれる的な。感動してしまった。






Last updated  2020.06.28 22:41:30
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Comments

えびすこ@ Re:根は先祖、幹は両親、枝葉は子孫(06/07) 江戸時代以前と現代とで自殺(および自殺…
日本人@ Re:日本で反戦活動をした人は多数いた(08/06) 「強制的に連行された従軍慰安婦」? どこ…
えびすこ@ Re:根は先祖、幹は両親、枝葉は子孫(06/07) 例えば戦国時代に戦いに敗れて自刃した人…
通りすがり@ Re:流産児の問題が子に現れる(04/22) 一番良いのは、堕胎をしないのが良いんで…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…

Calendar

Favorite Blog

意思を伝える力 New! キャシ 天野さん

靜のスピリチュアル… rashizukaさん
恋涙 ~ renrui ~ 煉 刹那さん
ヒーリング・カウン… クラリティ777さん
心と体を元気に、魂… miki月讀さん

Archives

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07

© Rakuten Group, Inc.