000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

歯周病を治す! 群馬県・前橋市 大野歯科医院のブログ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


大野純一

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ヒサモン@ ちょ、コレ知ってる? やり始めて3ヶ月しか経ってないのに、すで…
ボラボーラ@ 天職見つけた!!! 女性用性感マッサージのバイトおもすれぇ…

Freepage List

Headline News

2010.11.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
群馬県前橋市 大野歯科医院(歯周病)の大野純一です。

 
 皆さんの職場に否定語をやたら使う人っていませんか。
会話の先頭にやたら「でも」とか「しかしですね」とか、
「そうは言っても」「でもそちらも以前に・・」とか、
「じゃあ言いますけど・・」が多い人。

治療に関しての歯科医師同士の会話では
これはとても大切なヒントになりますが、
(私も後輩に敢えて使うことがあります)
通常の会話、あまり親しくない人との会話では、
空気を汚すばかりでなく、
何も新しいものを生みません。

職場の話ばかりでなく、
ある離婚した人もその理由の一つに挙げていました。
相手に嫌われるコツです、間違いなく。

たしかにコミュニケーションをしていて嫌になりますし、
そういった人と日常一緒に仕事をする羽目になった人は、
本当に大変です、上司でも部下でも。

でもなぜその人たちは使ってしまうのでしょうか?
心理学に詳しい友達に意見を求めたら、
「自分を有能に見せるための言葉の使い方」
「劣等感の裏返し」とのこと。

言葉は「言霊」といって、他人に大きな影響を与えるもの。
そしてコミュニケーションの達人に共通して言えることは、
こういった否定語をほとんど使わないません。

そっか・・・そう書いていて気付いたのですが、
どうして私の友人は皆いい人ばかりなのか?
そういう言葉は普段使いません、彼らは。
友人としての忠告の仕方が上手い!
えらいなあ・・・見習おうっと。

否定語の多い人との会話は、
まるでディベートしているよう。
「プライベート」で「ディベート」ってつかれませんか・・・

否定語を使わない、
というだけでも毎日の生活がグッと変わるような気がしてなりません。






Last updated  2010.11.16 11:00:17



© Rakuten Group, Inc.