521979 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

温泉ランニング

私のいい温泉の基準

10kmから25kmほど走って、やっとたどり着いた温泉がどんな所かは
大きな関心事である。

そこで感動する温泉とはどんな温泉であろうか。

一言で言えば 趣(おもむき)があるか。粋(いき)であるか。である。

サービスとはテニスのサービスと同じで
「どんなもんだい!」と相手を脱帽させる行為である。
無料と言う意味ではない。

私が見るのは次のような点である。

1.建物とまわりの風景との調和(建物のたたずまい)
2.玄関までの導入部(外部のエントランス)
3.玄関を入ったときの雰囲気(内部のエントランス)
4.フロントロビー、風呂へのエントランスの雰囲気
5.脱衣場の雰囲気
6.内風呂と露天風呂の配置
7.露天風呂の構造、庭園および眺望。
8.お湯の清潔さ。
9.天然温泉で源泉かけ流しがベスト。
10.食堂の雰囲気とメニュー
11.入浴料は標準で約700円、
   タオル、浴衣などが付いているくつろぎ型で2000円前半。
   ホテル旅館の日帰り利用は約1000円


私個人の好みは

・和風の外観と内装。壁がクロスでなく本塗りならなお良い。
・ゲームセンターや土産物屋に占領されていないロビー。
・採光のある脱衣室。木調のロッカーなら無難。
・内風呂から露天風呂は大きな開口部で見渡せる。
・欄干などを1mほど下げて、露天風呂に入って見える景色をさえぎらない。
・湯船からお湯が溢れ出る形式(湯船の淵がない。)はなお良い。
   典型的な例→景色をさえぎらない露天風呂の例1
          
         景色をさえぎらない露天風呂の例2

   
由緒ある古くからの秘湯は上記の限りではない。
例:法師温泉 長寿館、四万温泉 積善館、酸ヶ湯温泉、鉛温泉 藤三旅館等 


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.